Burney Falls

こんにちは。からあげです。

先日、Mt.Shastaを出てから大変なことに気がついた。
なんとモバイルバッテリーが壊れていたのだ。

町にいる時に気づいていれば、BounceBOXから予備のバッテリーを取り出すことができたが、気づいたのは10マイルも歩いた山の稜線上だった。
ソーラーパネルで過充電して壊れてしまったようだ。
町で買い物をしている間、警察署の前の公園でずっと充電していた。
充電ランプがなかなか消えないので、かなりの長時間充電してしまった。
重要なバッテリーが壊れてしまうとは。

壊してしまったものは仕方がない。
BounceBOXの転送先は約300mile先のSierra City。
かなりの距離があるので、スマホのバッテリーが持たない。
すぐにAmazonで購入してトレランシューズと同じ場所に届くように手配しておいた。
オプションの2DayShippingで10$の追加料金。

しばらくはソーラーパネル直結で充電することにする。
デジカメはこれで十分なのだが、スマホは電源が不安定だとなかなか充電してくれない。

首に巻いているタオルがボロボロになってきた。
どこかに落ちていそうで落ちていない。
頼みのハイカーBOXは最近見かけなくなった。
さて、どうする?

Mount Shastaはいつ見ても美しい。
姿が富士山に似ているからか?

車に載せてくれたおじさんの話によると、去年の今頃は雪は全くなかったとのこと。今年は5合目くらいまで残雪がたっぷりと残っている。

Rock Creekのそばで休憩。
こうしてゆっくりできるところは少ない。
たいてい泥濘んでいたり、ヤブに包まれていたりする。

Rock Creekを過ぎると急に暑くなってきた。
暑くて頭がクラクラしてくる。

Burney Falls State Parkのお店

YOGIによるとハイカーFriendlyでないお店となっていたが、全然普通だった。
品揃えも予想以上だった。
ただ、観光地価格で値段は高め。マルチャン1袋が1$もした。

Picnic tableでおやつタイム!!
うしし。

おやつを食べていると青っぽい鳥がウロチョロしていた。
があがあと鳴いて結構うるさい。

おやつを食べると滝を見にゆく。
Bueney Fallsと複数形となっているのは大小の滝が集まっているため。

滝壺付近まで下りると水しぶきが漂っていてかなり涼しい。
天然クーラーのもとで涼んだ。

観光客に人気の標識

メキシコから1418mile地点。
私はSierraをSKIPしたため、現在約1200mile。
おお!気がついたら1000mileを超えていた。
ただまだ半分も終わっていない。

スカスカになったBearキャニスター。
クッカーとStoveが入るくらいの食料がちょうどいい。
明日はBurneyの町で補給する。

ラッセンが近いためか、火山活動の痕跡が見られるようになった。
まだ多くの雪を抱いている山々が見えた。
ここも見どころの一つとなっている。
もう間もなく入ってゆくことになる。

明日は2mile歩いてヒッチポイントに向かう。
Burneyの町で補給して午後にはTrailに戻り歩き始めたい。
この前のMt.Shastaの帰りはかなり手こずって1時間以上かかってしまったが、今回はサクッと決めて早めに復帰しよう。

さあて、バッテリーの残量が気になるので、今日はこれでおしまい。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク