トイレがない!

こんにちは。からあげです。

San Franciscoは言わずと知れた西海岸の大都市。オシャレな観光スポットが多く日本人が好きなところ。

自転車を返却してガックリきたおっさんは町を彷徨う。

これは有名なケーブルカー。

公園で寛ぐ人達

昨日はやたらと人が多くて参った。

慣れない右側通行と人の多さで早く自転車を返した。

China Townにやって来た。日本が恋しくなったこともある。

言語の通じない異国の地は、何かと心に隙間風が通る。

賑やか、何だか懐かしい感じがする。

孤独なおっさんの癒やしの場。

日本のChinatownは何とも思わなかったが、アメリカでは有り難みを感じる。

3$のチキン弁当を買う。

そう、米が食べたかったんだよ。大して美味い米ではなかったが、凄く嬉しかった。

本当に坂が多い町

ねぐらに向かって歩く。まだまだ町は賑わっている。

猛烈に眠たかったので、明るいうちに就寝。

邪魔が入ろうが気にしない。

今朝は遅めの起床

散歩やジョギングの人からジロジロ見られた。適当に決めた場所だが悪くない。

何事かと思ったら、路面電車を待つ行列。

並ぶ気が失せた。

公衆トイレ

凄く貴重な施設。破壊する奴がいるので、夜間は閉鎖される。

オープン前にトイレ待ちの行列ができる。

町のコンビニもレアな存在。

鍵を開けて掃除が終わると使用可能となる。

みんなどこで用を足しているのか凄く不思議。外出中腹痛になったら、かなり危険。

トレイルと小屋の暮らしでしたいときにするのが当たり前なので、心の底からふべんだと感じる。

国民をコントロールするのはまず排泄からってか?

City Hall

ド田舎以外、庁舎に入るにはセキュリティチェックが必要。

今回もベルトのバックルが反応。

入り口カウンターでMAPを手に入れた!

大サービス

歩き疲れたおっさん

結婚式のついでに庁舎に寄って写真を撮るのがブームみたい。

私には全く無関係なイベントだ。

無料のガイドツアーがあったので参加する。

出身を聞かれたのに名前を答えて失笑を買う。話がメインで秘密の場所には案内されないようすだったので、こつそり離脱。

トイレの場所を聞きたいのにrestroomのrが出てこなくて毎回困る。

そんな時は手のひらに書いて見せる。

疲れたので定番の図書館へ。

せっかくSan Franciscoにきたので、アルカトラズ島に行くことにした。

人気があって明後日のツアーを申し込んだ。なのであと一日はいることになった。

San Francisco自体はどうでも良くなったのだが、街全体に無料Wi-Fiサービスがあってなかなかいい。ここSan Franciscoでホームレスをもう少ししてみるのも悪くはないなと思い始めた。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク