チクショー! バックパックを齧られた

こんにちは。からあげです。

お昼ご飯は外で食べる。

ただの食パンをモグモグ食べる。ごちそうさま!

さあて出かけるか!

バスに乗って川の対岸に渡る。徒歩だと大回りせねばならず、3時間くらいかかる。

そんなに歩けるか!

バスの切符をゲット!!

これで楽に対岸に行けるぞ!

料金は1.5$、2時間乗り放題。

入り口が遥か彼方のスーパーに到着。

歩きにはGroceryがちょうどいい大きさ。

危険なトラップを発見!

迂闊に取ると崩壊する危険がある。

放置されたカートが異様に多いスーパーだった。

川を渡るハイウェイには歩道がない。

よって歩行者は迂回することになる。

ところが、ハイウェイを歩いて川を渡っている強者を発見した!

歩行者侵入禁止の標識はなし。歩いてもいいということか。

信号のない横断歩道を歩いていたら、はよいかんかい!!とクラクションを鳴らされて気分がささくれ立つ。

ちっ、やってらんねーよ!

ここらへんは乱暴な運転の車が結構いて気を抜けない。歩かないと人間駄目になる。そう思わせてくれた。

柵を乗り越えて河川敷に入る。

どこにも立ち入り禁止の看板はなし。

要するにご自由にどうぞ!ということだ。

金曜日の夕方、工事現場に入る人間がいても誰も気に留めないだろう。

ハイウェイの橋の下

絵に描いたような快適な場所

こんな誰でも思いつくような場所は危険。

荒天時の緊急避難場所。

線路の橋の下を抜けてさらに奥へ。

草の茂みの影の窪地がねぐら。

暗くなれば、発見されるおそれはなし。

青物が無性に食べたくなったので、スペインのパセリというものを買った。

見た目は三つ葉、味はドクダミ。

朝食の風景

遅い起床でも問題なし。

ここが齧られた場所。

メッシュポケットに穴が空いてしまったぞ。

切り口はライターで炙って処理。

修理には1.5mmのロープを使用。

単に縫い合わせただけ。

うむ、いい感じだな。

会心の出来栄え。(自画自賛)

おっさんにんまり。ニヤニヤ

さあて出かけるか!

この河川敷には住人が数人いる。足跡と自転車の轍が残っている。

特に危険はなしと判断。

秘密のねぐらの入り口

線路が目印になっている。

ここらへんの道路はコンクリートをタイルのように敷き詰めているだけ。

北海道の道路でもよく見た。

ガタゴト音がする。

モーテルで事件発生の模様。

この世に絶対安全なんていう場所はない。

ああ、疲れた!

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク