現在の賃貸の家賃について

スポンサーリンク

こんにちは。ご無沙汰しております。からあげです。
最近急に寒くなってまいりました。

まずここで、参考までに私の現在の賃貸物件について説明します。

今現在、田舎の一戸建て(4DK)を借りていて、家賃は月50,000円です。昔ながらの瓦葺屋根の農家の造りです。
おっさん一人暮らしなのに、畳敷きの六畳間が2つ、日当たりの良い三畳の縁側、六畳間二部屋の壁をぶち抜いて一部屋にしたキッチン兼リビング、それに三畳の玄関ホールがある広大な家です。

山から吹き下ろす冷たい季節風をまともに受けるため、冬は非常に寒いものの、夏は風通しが良くて涼しくて比較的過ごしやすかったです。そのため、冬の間だけ暖房をしていました。

前の住人が置いていったエアコン一台がありましたが、キッチン兼リビングは広すぎてほとんど役に立ちませんでした。そのため、実家から貰い受けた石油ファンヒーターを使用していました。ただそれでも、隙間風が多くて部屋全体が温まることはありませんでした。家の中でも厚着をしていました。

家は一戸建でしたが、隣に少し小さめの一戸建てがあって、お隣さんが住んでいました。
そのため、話し声や生活音が聞こえてきて、必ずしも静かとはいえませんでした。
私は、見渡す限り民家が見えない、山奥に一軒だけポツンと建っているような家を希望していたのですが、普通の不動産屋ではそのような物件は見つかりませんでした。
まあ、ほんのしばらくだけ住むつもりだったので、軽い気持ちで契約しました。住んでみなければ分からないことも多くありますから。

そんな家に2年以上住んでいたのですが、今回思い切って12月末で引き払うことにしました。
節約出来る金額は、毎月家賃50,000円と水道光熱費5,000円です。
しかし、車上生活を送ることになると、風呂代やコインランドリー代も掛かりますし、たまには安いビジネスホテルに泊まってゆっくりしたいので、まるまる55,000円が浮くわけではありません。
しかし、家という場所に縛られなくなるので、気の赴くままに転々と居場所を変えられることが最大の利点です。
高機動型のホームレスというのでしょうか。

どのくらいの期間、車上生活をすることになるかは分かりませんが、新天地の山林が見つかるまでになると思います。

ではまた。

 

おわり

コメント

スポンサーリンク