ネット料金の見直し

スポンサーリンク

こんにちは。からあげです。

夢の山小屋生活に向けて生活費を切り詰めるため、ネット料金の見直しをしてみた。
現在、私はドコモのデーター通信でネット接続している。それではこれから説明してゆくことにしよう。

 

現在の通信費

データ通信

Xiデータープランフラットにねん5,700円
プラスXi割 -1,909円
ユニバーサル料3円
消費税189円
小計3,983円
プロバイダ(OCN)525円
合計4,508円

 

音声通話(ドコモFOMA)

タイプSS868円
iモード315円
パケホーダイダブル390円
合計1,573円

 

データ通信4,508+音声通話1,573円=6,081円

 

データー通信の他に、音声通話のドコモFOMAを契約している。
プラスXi割は、ドコモが指定するパケット定額サービスに加入していることが条件となる。
そこで一番安いパケホーダイダブル390円(税込)を選択。
ドコモの携帯はほぼ待ち受け専用端末となっていて、なくても別に構わない。
iモードは契約しているが、メール相手がいないので一切使用せず。ただ迷惑メールが来るのみである。
プラン変更してプラスXi割が適用されるようにしたからまだマシだが、以前はデータ通信におよそ7,000円、iモード利用料込みの携帯電話の料金に約4,000円、合わせて1万円以上通信費を支払っていた。
本当に良いお客さんだった。

 

他社乗り換えを検討する

思案に思案を重ね、情報収集をした結果、Bモバイルのイオン専用月額サービスが一番自分に向いているということが分かった。
しかも、ドコモのFOMA網を使用するので、山奥でも使用出来る可能性がある。
さらに現在Xi接続を行なっているデーターカードにイオンのSIMに入れ替えるだけでOKというお手軽さがある。

もうひとつおまけにドコモみたいに高い解約金を取られないので、嫌になったらペナルティーなしで即解約出来るという大きなメリットが有る。
そこで早速イオンのショッピングセンターに行って契約した。

b-mobileSIM プランXA 150kbps 980円 で、加えて初期にSIMパッケージ料として3,150円を支払うのみである。手続きには、身分証明書と月々の支払いのためにクレジットカードが必要である。
簡素な手続きで、激安という大きなメリットを得られる事ができる。
しかも、別途プロバイダー契約する必要はない。
ただし、メールアドレスは付与されないので、フリーのアドレスをGETする必要がある。
早速、イオンSIMに差し替えてネットをしてみたところ、やはり実用には耐えられない遅さで、メールチェックのみの使用程度という散々な結果だった。

しかし、最近、月額定額プランなるものができた。
高速通信で通信量1GBまで月1,980円2GBまで2,980円のプランがあるが、初めから月額定額プランを契約することは出来ない。
よってひと月経ってから、プラン変更をする予定だ。
容量が制限されることにより、ネット中毒状態を解消出来るかもしれない。
容量を超えると一気に150kbps下げられてしまう。
ただし、追加料金を支払えば再び高速通信出来るようになる。
100MBで525円、500MBで1,800円となっていてかなり割高な料金設定となっている。
まあ、いろいろ試してみる価値はあると思っている。試行錯誤を重ねた上で、より少ない維持費で生活できるようになるだろう。

これは通信費節減のほんの手始めだ!

 

おわり

コメント

スポンサーリンク