日本の家はなぜ25年しかもたないのか?

スポンサーリンク

こんにちは。からあげです。

 

20130814-175027-0

今日は暑いので午前中で土地探しを止めにして役所回りをして情報収集をしているところ。
役所はお盆でも空いてるので、ちゃんと対応してもらえる。
ただし、道路は微妙な混み方をしていて少し走り難い。なんかそわそわしてる車が多くて注意が必要だ。出先で交通事故を起こしたら面倒だ。

 

読書の感想

ところで本のタイトルに惹かれて読んでみた本がある。
今、暗くなったら寝るという車中泊の暮らしをしているが、時々寝付けなかったりして時間を持て余すことがある。そんな時パソコンを取り出してネットするのではなく、本を読むことにしている。目に優しく知らない知識を吸収することができる。

 

日本の家はなぜ25年しかもたないのか?

船瀬 俊介 著 
彩流社 2012年9月30日 初版第1冊発行

 

前から疑問に思ってた。
なんで最近の家は直ぐダメになるんだろうって。
若いうちに頑張って35年ローンを組んだのに、家が25年しかもたないなんてシャレにならない。残りの10年はホームレスにでもなれと言うのだろうか。ローンに賃貸の家賃が加われば、支払いが非常に厳しくなることは火を見るよりも明らかだ。

もたない理由は、ビニールクロス(壁紙)とグラスウール(断熱材)のせいだ。
どうしてなのか?

それは是非とも本書を読んで欲しい。
そういうことだったのか!と目から鱗ものだ。

 

注意する点を挙げれば、最近家を新築した人は読まないほうがいいかもしれない。
数年前に新築した実家がまさにそうだった。
見た目だけ小奇麗な高気密高断熱の家。
そんな欠陥住宅を相続するハメになるとはちょっとがっかり。
読み進める内に環境問題の話題にも触れるようになっている。
国と企業がタッグを組んで国民を騙してるのかと思うと腹が立つ。
この怒りをエネルギーに変えて、住みやすい山小屋を建てようと思う。

 

以前からハウスメーカーに対して胡散臭さを感じていたが、これで正体が分かった。
もう騙されないぞ!
他の本もいろいろ読み進めて行こうと思う。
初めて読む著者と出版社の本なので、内容は本当に正しいかどうかは不明。
ただ、私が読む限り書いてあることは本当のことだろうと思った。
以前から違和感を感じていたことを船瀬さんが分かりやすく説明してくれた。

テントやツエルト泊まるとどうしても結露が問題となる。
頻繁にタオルで水分を拭き取ったり、出入り口を大きく開けて内外の温度差を少なくしたりしていた。
立派な家に住んでいるとそんなこと気にかけることもない。
しかし、見えないところで重大な事態が進行している。。。

 

今まで山小屋を一番安いホームセンターの材料で建てようかなと考えていた。
これを読んで考えが変わった。
ビニールハウスは止めようと。
少なくとも防水シートは透湿性のものを使用する。
断熱材はセルロースファイバーにしようと思った。
家全体が呼吸することを考えて建てようと思う。

 

あとがきにある記述

「わたしは本書で、その悪意の正体を地球を支配する石油メジャーと断定しています。
その悪魔性は、石油建材が燃えると「ホスゲン」「青酸ガス」など超猛毒殺人ガスを噴出することからもわかります。
戦後、日本を占領し属国化するために、かれらは日本の教育、報道を完全支配したのです。」

とある。

 

面白い。
気に入った!もう建築関係の本じゃなくなってる。

 

おわり

コメント

  1. dosB69 より:

    うちの小屋を建てるときは、断熱なんて良くわからないのでスタイロフォームの50mmを壁床天井に入れました。
    結果、驚くほど快適な小屋になりましたが、天井から結露の滴が…。
    今は天井のスタイロフォームは剥がしましたが、気付かずに放置していたらと思うと怖いです。
    下調べは重要ですね。
    からあげさんはどのような小屋を建てるのか、楽しみです。

  2. 成為 より:

    ちょうど断熱DIYについて調べていたところだったので、面白そうな本を紹介いただいてありがとうございます。窓の熱気がひどくて…。
    確かに、外国の家とかマンションは長持ちするけど日本はなんでもたないのかと不思議に思っていました。地震のせいかと思ってましたけど、他の要因も大きそうですね。

  3. 大泉原人 より:

    私は近くの図書館で見つけたこの本が参考になりました
    最高の断熱・エコ住宅をつくる方法
    実際に設計する際にはこの資料だけでは足りませんが、一読オススメ。

  4. なるほど より:

    船瀬俊介に殺される~「抗ガン剤で殺される!」批判~
    http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20091207
    祝! 船瀬俊介氏著書「新・知ってはいけない」 と学会 第18回大賞受賞!
    http://ameblo.jp/inugamiakira/entry-10288925770.html
    ちょっと検索してみましたが、なかなか胡散臭い方のようですね。

  5. 匿名 より:

    AUTHOU: からあげ
    >dosB69さん
    結露は本当に怖いですね。
    いい機会なので他にもいろいろ
    読んでみようと思います。
    >成為さん
    たまたま見掛けた黄色い背表紙の本が
    気になって読んでみると。
    面白いですね。
    >大原原人さん
    どうもありがとうございます。
    今度戻った時に借りて読みます。
    どうやら建築にも興味が出て来ました。
    >あさん
    あなたはそう思うのですね。
    了解しました。
    >なるほどさん
    その胡散臭さ魅力です。
    もう船瀬さんのファンになりかけです。
    もうたまらないですね。

スポンサーリンク