2017年05月一覧

マルチャンを買いまくる

Tehachapiの町で補給を済ませて、先の拠点に食料を送っておきました。マルチャンが主食だとまとめて買うと膨大な量になります。たまたま親切な人に拾われたため楽をすることができましたが、マルチャンの箱を抱えてスーパーから郵便局までの長い距離を歩かねばならなかったかもと思うとゾッとしました。

Mojave砂漠を抜けてTehachapiへ

Mojave砂漠で待ち受けていたのは、灼熱の大地ではなく、心無い人間が破壊した山々でした。オフロードバイクで蹂躙されて至るところにバイクの轍があり無残な姿になっていました。人間歩かないと駄目になってゆくのがよく分かりました。

500mile突破!

ようやく500mile地点を越えて、ハイカーたちの拠点、Hyker Townにやって来ました。初の試みとしてAmazon.Comで購入したストーブと浄水器をここで受け取ることにしました。無事に受け取ることができてMojave砂漠を歩く準備が整いました。

キンキンに冷えたコーラ

今回、絶妙なタイミングでトレイルマジックと遭遇し、冷たいSODAを飲むことができました。暑い中を歩き続けていたので、本当に助かりました。PCTは沿線住民の理解があって成り立っているものだと改めて実感しました。

マルチャン2個

絶滅が危惧されているカエルのために迂回をすることになりました。当初は別のトレイルを歩いて長い迂回路をゆくつもりでしたが、間違えて事実上の公式迂回路となっているHigh Wayを歩いてしまいました。その後、いつものようにマルチャンを食べ続けてハイキングを続けました。

Wrightwoodの町に下りる

サイドトレイルを歩いてWrightwoodの町に降りました。時間が遅かったため、食事を済ませると別荘街の奥のTrailheadに引き上げました。歩き疲れている身にはかなり堪えました。この日の晩、風が吹き荒れゆっくり休むことはできませんでした。

懲りずにCowboy Camp

夢にまで見たMcDonaldでの食事。無事にCajon Passに着いたのは良かったのですが、ハイカーコミュニティーに入れず気まずい思いをしました。食事と補給を済ませると次の町に向かって一人でとぼとぼと歩き始めました。

日の出から日没まで

日の出とともに起きて歩き始め、日没とともに歩くのを止め眠りにつく。そんなシンプルなハイキングの生活に慣れてきたところです。自分なりのスタイルが出来上がりつつありました。

Big Bear Cityを抜けて

人を頼らなければならないヒッチハイクは気が進みませんでしたが、スルーハイクには欠かせません。渋々やったのですが、すんなりと決まりBig Bear Cityを効率よく回ることができました。補給を済ませると次のCajon Passに向けて歩き出しました。

静かなハイキング

雪が積もるSan Jacinto Peakを越えると、一気にハイカーの数が減り静かになりました。再び乾燥地帯となって暑くなりましたが、Big Bear Cityに向かって歩いてゆくところです。

雪山を越えて

雪が止んだのでSan Jacinto Preakに向けて出発しました。雪はそれほど多くありませんでしたが、軽装のため寒くて仕方ありませんでした。山の下まで降りると、これまでと変わらず乾いた大地が広がっていました。

まさかの雪

Idyllwildのキャンプ場で雪に降られたため、急きょ出発を中止してZeroDayとしました。当時は季節はずれの雪だとばかり思っていましたが、5月に入ったばかりで季節はまだ春なのです。5月でも時々雪が降るということを知ったのはSan Jacinto Peakの山中でした。

Idyllwildへ

Warner Springsの町を抜けてIdyllwildの町までやって来ました。Warner Springsでアルコールストーブを手放してスナックやパワーバーのみに変更すると、お腹が減りすぎて全く歩けなくなってしまいました。山火事の迂回もあり、次々と試練が訪れたときでした。

100mile突破

Julianで1泊して十分な休養をとりトレイルに復帰しました。復帰早々トラブルに見舞われます。なんとウォーキングシューズのソールが剥がれてきたのです。実家で見つけた靴を履こうと決めた自分の安易さが悔やまれました。

Julianな一日

Julianの町にゆくため、人生初のヒッチハイクを行うことになりました。始めはなかなか止まってもらえませんでしたが、挫けずに続けていたところ、凄く親切な人達に拾われました。

スポンサーリンク