PCT中間地点通過

こんにちは。からあげです。

今日はZERODAYではなく行動日。
Trail脇でブログ更新している。
Sierra CityでBounceBOXを受け取る都合上、時間調節しているのだ。
それほど余裕があるわけではないのだが、馬鹿みたいに急ぐ必要もない。

Chesterを出たのは一昨日のこと。
町中でヒッチをしてTrailheadに戻ろうとしていた。
意外や意外。車を運ぶ運搬車が止まってくれた。

路肩に落ちてフロントが壊れた車を修理工場に運んでゆくところらしい。
気の良さそうなおっちゃんドライバーだった。

Trailheadに置いておいた杖を忘れずに持ってゆく。
ヒッチをする時、邪魔になるのでそこら辺に置いておくようになった。
別になくなっても、また作ればいい。
必要なものは必要な時に天が与えてくれる。

PCT中間地点の標識

およそ1320mile付近に設置されている。
(詳しい数値は調べないと分からない。)

PCT Mid-Way Post 1320.7mile地点
時々コース変更がされているため、今では正確な中間地点ではなくなっている。あくまで記念碑的なもの。

私の場合はMammoth LakesからAshlandまでSKIPしたので、ちょっと足らない。
山腹の標識は誰もおらずひっそりとしていた。
金属製の物入れにregisterがあったので記入した。

中間地点なんてただの通過点に過ぎない。
いちいち気にしないことだ。

Lassen Peakは見納め。

水場の近くで朝食を食べる。

急に向こうから馬が出て来てビックリ。
もう一頭の予備の馬を連れての乗馬ハイキング。

このあと、Trail上でいちゃいちゃしているカップルがいてビックリ。
どう声をかけて通ろうか迷った。
私の出現に男は固まり、女は笑っていた。

だから言ったでしょ♪みないな感じか。
頼むから町のMOTELにでも泊まった時にしてくれ。

渡渉中。
このあと、直ぐ近くに倒木があるのが分かった。

ハーフパンツは水の抵抗を受けにくく渡渉しやすいことが分かった。
シューズの水切れも上々。これならSierraも問題ない。

Mountain Lionの目撃情報のある谷沿い

2013年に数件寄せられたらしい。
変に意識しないほうがいい。
出てきたら自作杖でぶっ叩いてやると気合を入れて歩いた。

Rattle Snake(ガラガラヘビ)

以前、Tehachapi過ぎの山中で見かけたことがあって、今回で2回目。全然やる気なくて杖でつついても威嚇してこなくて岩陰に逃げてしまった。

ちなみに音はセミのようなジーっという感じで全然ガラガラという音ではない。蛇の名前を訳した奴のセンスを疑う。
初めて音を聞いた時、全然気づかなかった。
猛毒を持っているので危険な奴だ。

1284mile地点 Beldenの町が見えてきた。
計算したらちょうどこの辺りが私の場合中間地点となっていた。

これはホンマモンの道路標識。
いたずらしすぎだろ。

ON TrailのBelden Town

Restaurantや売店がある。

夜はバーになるRestaurant

カウンターで食べることにした。
バーの一等席はカウンター。

ビリヤードの台とピンポン台がある。
夜な夜な酔っ払いが遊んでいるのか。

町に着いたらRestaurantで食事。
ささやかな贅沢。

男は酔っ払うと直ぐスケベになるからこんな看板が。

一袋1ドルの高級マルチャン。
こんな山の中だから仕方ないな。
通常は高くても50¢。安いと25¢で売られている。

昨日は川沿いの空き地でこっそりCamp。
下が砂地だったのでツエルトは苦手。
石を使って固定した。

5.5$で買ったTシャツを着るおっさん。
お腹が膨らむと一気に疲れが出てきた。

川で水浴びして着替えたところ。

今日は朝からswitchBackの道を登って稜線上までやって来た。
朝からHard。

見晴らしの良いCampsiteで朝食にする。

すばしっこいリスを最大望遠で撮影。
コイツは警戒心が少なかった。

今はSierraの北の玄関口、Sierra Cityに向かっているところだ。
予定では日曜日の午前中にTHに到着。
それから川の近くでゆっくりしてから、月曜日にBounceBOXの受取、転送、食料の補給をしてから先に進む。

さていよいよSierraが近づいてきた。どうなるかな。

今日は初の試みでTrail脇でブログ更新してみた。
意外に時間がかかって1時間以上過ぎてしまった。
さあ、先に進もうか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク