ヒッチハイクに失敗して時間を無駄にする

こんばんは。からあげです。

昨日、図書館を出るとねぐら探しに向かった。公園を物色する。

一見良さそうだが、危険なトラップが仕掛けられている。芝生散水用のスプリンクラーが作動するとズブ濡れとなる。

隣の海岸でキャンプした。ここは公園じゃない。もちろん潮汐はチェックした。

近くの灯台からは10秒に一回霧笛の音がした。

まずいパンをあげてカモメさんと仲良しになる。

夜遅く私の近くでテントを張る二人組がいた。コノヤロウ怖いじゃないか!

今日は早朝のバスでCrecent CityからKlamathまで移動し、Klamathからヒッチで移動しようとした。ところが、2時間以上ヒッチを試みたが、全くの無反応だった。なんでわざわざヒッチしようとしたのかといえば、Crecent CityからKlamathまでバスの運賃が1.5$なのだ!しかし、Klamathを越えると30$に跳ね上がる。無茶苦茶な料金設定だが、他に移動手段を持たない者は払うしかない。ダメ元でやってみたが、実際駄目となると結構落ち込む。

自分なりに今回の失敗を分析してみた。ヒッチポイントは問題なし。時間曜日も問題なし。何が悪かったのか?ヒッチしながらも考えていたのだが、思いつかなかった。結局、2時間以上時間を費やしてとうとう諦めた。少し不貞腐れて近くの空き地で休んでいた。昼寝しながらゴロゴロしていると、ようやく分かった。9月の終わりでほとんどハイカーを見かけなくなった。今、バックパックを背負っている者といえば、ホームレスかホームレスと見分けの付かないようなバックパッカーしかいない。

誰が好き好んで、ホームレスを乗せるというのか?臭いし、汚いし、大声で喚く、ゴミを捨てる。私の外見はレイジャーディンパックの小汚いおっさん。乗せるわけないだろう。レイパックの使い心地は良いのだが、見た目が非常に貧乏くさい。一般人からしたらタダのゴミにした見えない。

ヒッチの時、レイパックは道路脇においていた。シャワーは2日前に浴びたばかり。どこの町にもホームレスがいて、ヒッチする人間もホームレスに見えるのだろう。

バスの待ち時間が長くて辛かった。電波が圏外で情報が入らない。寝るのも飽きてバス停のベンチに座って考え事をした。頭に浮かんできたのは、なぜまっすぐArcataまで行かなかったのか。そればっかり。30$といえば、ホステル1泊分。今日進んだ距離は約100mile。100mileで30$と1.5$が消えてしまった。悔しい。

夜明け前にスーパーで買い物。24時間営業できるほど治安がいい。

店の近くで休憩。すぐ近くにはホームレスがいる。

Klamathに到着。天気は小雨。

Crescent City〜Klamath〜Arcataへと移動

あまりの無反応ぷりに愕然とした。

やるだけ無駄だった。いや、無駄だと分かっただけでもいい。

諦めて休憩。

ATMで初のキャッシングした。

手数料が2$。くぅ〜

冷水機を発見!!

15分遅れで到着!もう来ないかと思った。土日はバス運休だった。(この日は金曜日だった。)

Arcataのバス停にはホームレスがいっぱい。どこの町のバス停もそう。これじゃあバスに乗る人間のイメージが悪くなるな。

グーグルマップの緑に誘われて公園にきた。

奥へ奥へと進む。ヒッピーのような奴が結構いる。

日没間近にツエルト設営。

今日はどんな夜になるのかな?

待ちくたびれたから、はよ寝よ。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク