アルカトラズ島に上陸!

こんにちは。からあげです。

昨晩10時過ぎに人の気配を感じたので目を開けると、4~5人に囲まれていた。絶対絶命のピンチ到来。寝ぼけた頭をフル回転させて、この場をどう切り抜けようかと考えた。メガネを外して眠っていたので、相手のようすは分からなかった。数秒ののち、そのうちの一人がパンを差し出した。なんとホームレスの支援をしている人たちだった。おまけに水を置いてどこかに立ち去った。

自分の目立てでは、この公園ならそんなに危険はないと判断していた。となりの道路は夜間でも交通が途絶えることはなく、遅くまでカップルや暇人が夜景を見ながら話している。朝は夜明け前からジョギング、散歩の人がやって来る。地元の人も安全と思うから暗いときでも公園にやって来るのだ!

貰ったパンはハムがサンドされた豪華なもので、私はもらう権利はない。そこで近くで寝ていたホームレスに水と一緒にあげて公園を出た。

私はお金はあるが、もったいないので野宿している。彼らは野宿する以外の選択はなし。

今日は予定通りAlcatraz Islandに行って刑務所を見学した。船代込みで40$弱と安くはない料金だった。潮風で施設の傷みは激しく、あと100年もすれば全て崩れてしまいそうだった。刑務所というと脱獄にロマンを感じる。Alcatrazも脱走を試みて成功した囚人もいるようだったが、その後の消息は全く不明。筏でCalifornia Bayを渡る時に沈んで海の藻屑となったとか、逃げ延びてMexicoに渡ったのだとか諸説あるようだ。

ciscoに3泊してもう行くところはなくなった。(単にciscoという言葉を使いたかった。)橋とAlcatrazの2つを見たからもう未練はなし。賑やかすぎて全然落ち着かない。Greyhoundバスに乗って移動することにした。

さて、今日も夜行便だが、ちゃんと時間通りに着くだろうか?・・・

Ticketを手に入れた!

記念写真のサービス

あとで一枚20$くらいで売っていた。たった10秒でボロ儲け。もちろん私はスルー。

これは多分インディアンが占拠したときに書かれたもの。

日本語対応。なかなか良かった。

おっさんより快適じゃねーかよ?

中庭

懲罰房

真っ暗で何もなし。

快適な公園だった。

寝てたところに跡がついてる。

レジ待ちがやたら長い。

夜の街

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク