新たな世界に向かって

こんにちは。からあげです。

10月16日月曜日。今日はLos Angelesを出発して日本に帰る日。長かった旅はようやく終わる。

今回のPCTは言語や自分の特性のため、いろいろ大変だった。しかし、なんとかCanadaまで歩くことができて満足している。毎日毎日、苦しい時も楽しい時も歩き続けたことは一生忘れないだろう。PCTを終えて自分のやるべきこと、やりたいことがより鮮明に見えてきた。人生の残り時間はおよそ30年。悔いのないように思う存分遊び倒してからあの世に行こう。

これまでイメージしていたものとは全然違って見えたアメリカ。ホームレス視点で観察したことは、今後の自分に役立つことだろう。これからは本当のアメリカを感じることができるはず。Wildernessの中での生活は、私をより正しい方向へと導いてくれる。

昨晩は出国する人で遅くまでごった返していた。

ねぐらを探していたが、なかなか見つからない。

外に出てさらにウロウロしていると、喫煙コーナーが良さそうだった。

適度に暗くて眠りやすい。

夜の10時過ぎ、まだまだ人がたくさんいるが、眠くて仕方ない。

端っこでカウボーイキャンプをする。

朝4時ころ目覚めると周囲には誰もおらず。持ち物、おっさんに異常なし。安物のマットレスで寝るより、コンクリの上にリッジレスト敷いた方が快適に寝られる。

出発ロビーにゆくと、中は閑散としていた。トイレに来たついでに引っ越ししよう。

トイレの近くで再び眠る。

やっぱり端っこは落ち着くね。

6時に起きて準備を始める。

出発時の荷物はこれだけ。

たくさんの荷物を抱えた人をみると、ご愁傷様って思うね。基本は持って歩けるだけの荷物を持つ。ハイキングで学んだことだ。

段ボールで梱包して準備オッケー。

これなら、投げられても落とされても大丈夫だ。

そんな気がする。

日本に帰ったらまず始めに何をしようか?これまで長い間思いどおりにならない生活を送っていてストレスが溜まった。まずはご飯を腹いっぱい食べようか。

アメリカPCT編はこれで終了するが、おっさんの旅はまだまだ続く。

読者のみなさん。これからもよろしく!!

PCT編 完

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク