草刈りという名のトレーニング

朝から待ちに待った青空が広がった。一日休んだから朝から全開で作業をしても大丈夫だと思っていたのだが、昼を待たずにへたばってしまった。刈払機が存在する理由が分かった気がした。

こんばんは。からあげです。

今日で敷地の下草刈は3日目くらいだろうか?雨の休みを挟んでいるので、よく分からなくなった。半年放置どころか、これまで小屋周りくらいしか草刈りをしていなかったため、かなり伸びてしまっている。やっぱり毎年一度は草刈りをした方が良さそうだ。下草がないと風の通りが良くなって、小屋が湿気にくくなるかもしなれない。たぶんそう。

このカーゴパンツ。生地が分厚いため、非常に乾きにくい。洗濯するタイミングを誤ると一週間くらい乾かないような気がする。

脱ぎ捨てたまま半年放置していたため、早めに洗っておくことにした。

飯を食って落ち着いたから、そろそろ仕事を始めるか!私の仕事とは、生きるために必要な作業全て。

手動の道具だと、燃料が不要だし壊れにくいので、気楽に使うことができる。大きな音が出ないのもポイントが高い。

モリモリ満タンに草を積むと一輪車を見失いそうになる。

敷地が広いため、すっごい大変。30坪くらいで良かったのだが、広い土地しか売っていなかった。

ナタと鎌を持ち替える時、下に置いておくと、どこに置いたか分からなくなる。そこでベルトに鞘を付けてナタを携帯し、鎌はベルトの間に挟んでおくことにした。ノコギリは折り畳んでポケットに入れておく。

うむ、なんとなく山男らしくなってきたな。

小屋に日が当たるようになったので、窓を開けて換気する。換気するとかび臭い空気が消えて、過ごしやすい室内になる。やっぱり閉めっぱなしはアカンよな。

寝袋を天日干しする。よし、これで今夜の安眠は頂きだ!(死ぬほど疲れているので、カビが生えた寝袋でも寝られそうな気がする。)

午前中の成果。あと道路側の土手もさっぱりした。これ以上頑張ると倒れそうなので、ちょっと早めに昼飯を食べることにした。

今日の昼飯。食料庫にあったやつ。もう食料の備蓄がほとんどない。アルファ米はまだまだ消費期限が先なのだが、ほかに食べるものがないため、食べることにした。買い出しにゆくのが面倒なので、ギリギリまで耐える作戦だ!

アルファ米なんていう高級な食べ物は、普段全く食べないため、お湯加減がよく分からない。野生の勘で適当に入れた。

レトルトカレーにツナのトッピング。タンパク質をとらないと怪我の回復が遅れる。もうちょっとボリュームが欲しいところだが、今日のところはこれで我慢だ。

30分ほど昼寝して、鎌とナタを研いで作業再開だ。使っていると直ぐに切れ味が落ちてくる。なんかモンハンみたいだ。

刈っては一輪車に載せるの繰り返しで手がボロボロになってきた。切れ味がすぐに落ちてしまうため、力を入れて強引にぶった切るようになる。すると握力がなくなってまともに刈れなくなってくる。そうなったら潔く休む。無理をすると怪我のもとだ。あとトゲトゲの草が生えていて、軍手をハメていても貫通してトゲが刺さる。ゴム手袋をするとマシだが、それでもトゲが貫通する。蒸れない軍手を着用している。

今日の成果。あともう少しで広いところの草刈りが終わる。あとは薪置き場周辺と小屋周りをもう一度丁寧に刈る。見違えるほど綺麗になった。

今日のところはこれでギブアップ。

これが小屋に帰った直後のようす。うむ、ジャングルのような感じだったのが、高級リゾート風になってきたな。

味噌汁の具が少ないため、大根の伸びた葉っぱを投入する。意外に大根の葉っぱはイケる。ちぎっても、しばらくすると生えてくる。Bライフの定番テク。

今日は結局スーパーに買い出しに行かなかった。明日はゴミの日なので、ゴミを出しにゆくついでに買い物に行こう。玄米はまだまだたっぷりあるが、味噌汁の具が本当に乏しい。明日にも乾燥わかめしか入れるものがなくなってしまいそう。

あんまりおっさんを酷使すると暴れだしそうだ。このへんでご機嫌をとっておかないと大変なことになる。久しぶりに鶏肉なんかもいいかもね。

もう眠くて死にそうなので、今日のところはこれにて終わり。キーボードが指に馴染んできていい感じだ。この感触。癖になりそう。

おわり

スポンサーリンク







スポンサーリンク
       
スポンサーリンク