MNPでより安くより快適に♪ mineoに乗り換えてAmazonギフト券1000円分をゲットしよう!

スポンサーリンク
個人的事情により紹介キャンペーンのコード公開を一時停止します。
ご了承ください。

 

こんにちは。からあげです。

 

今日は格安SIMのネタ。
先日、IIJmioからmineoにMNPしたのだった。その時のことを備忘録を兼ねて書いておくことにする。

MNP 音声通話SIMをIIJmioからmineoへ

外で作業していると待ちに待ったmineoのSIMカードが届いた。

音声通話SIMは犯罪防止のため、現住所でしか受け取れない。(転送不可)私のような住所不定の人間は非常に困る。データ通信SIMはどこでも受け取ることができる。

本キャンペーンは2017年11月9日まで

なぜIIJmioからmineoに乗り換えようと思ったのか。それは現在キャンペーンをやっていてデュアルタイプ(音声通話)を新規申し込みすると1年間月額900円割り引かれるためだ!

以前、mineoのデータ通信SIMを使っていて、回線安定性、使いやすさ、安さに非常に満足していたのだが、半年日本を留守にするため、経費節減のため解約したのだった。

 

現在「もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン」実施中!
2018年1月19日から2018年5月8日まで

データ通信+音声通話のデュアルタイプを新規申込みを行うと、6ヶ月間月額基本料金から900円(税抜き)が割引される。

 

さらに紹介キャンペーンを利用してmineoに申し込むとAmazonギフト券1000円分をゲットできる。
申込みは一番最後のリンクから行って欲しい!

 

乗り換えの理由は他にもある。IIJmioは回線が安定していて良いのだが、低速通信の通信量が3日で366MBを越えると通信規制がかけられて使い物にならなくなる。そのためクーポンオフの低速通信時でも常に通信量を気にしておかねばならない。これが鬱陶しい。最近うっかりしてまたやらかしてしまった。上の画像が通信規制中のもの。みおぽんアプリで確認することができる。

mineoは低速通信時の制限はなし。クーポンを消費せずに好きなだけネットすることができる。

赤で囲ったところが、IIJmio低速時通信規制中のスピードテスト結果。単位はkB/s、遅すぎてメール受信くらいしかできない。うっかりして通信規制をくらってしまうと、数日間使用を控えなくてはならない。

通信規制中であってもブログ更新はなんとかできる。Xサーバーの速さとシンプルサイトのためだ。

SIMカードは、東京から転送不可のゆうパックで送られてきた。ケイ・オプティコムの本社は大阪だが、なぜか東京からだった。

中身は利用ガイドとSIMカードの2点。契約内容通知書は別の郵便で送られてくる。

サイトで進捗状況を確認できるのだが、審査完了するまで長かった。MNP転入を申し込んでから出荷までちょうど一週間かかった。現在、大盤振る舞いキャンペーンで申し込みが殺到して処理に時間がかかっているらしい。一度サポートセンターに電話して聞いてみた。

 

IIJmioのMNP予約番号は、ネットで申込みしてからちょうど24時間後くらいにメールで送られてきた。それから直ぐにmineoにMNP転入の申込みを行った。小屋に戻ると不測の事態が発生したため、バタバタしていてMNP予約番号の申込みが遅くなってしまった。

MNP転入切り替え作業

SIMカードをゲットしたので、回線切替の手続きを行う。mineoはネットのみで手続きを完了できる。

今回、使用するスマホはNexus 5x(右)、Xperia Z Ultra(左)

これがmineoの音声通話SIM(nano)

ようし、早速やってみようか。

Xperia Z Ultraにこれまで使っていたIIJmioのSIMを入れる。Z UltraはmicroSIMのため、アダプターを使用した。

Nexus 5xに新規のmineoのSIMを挿入する。

詳しい設定方法

MNP転入切替/回線切替/プラン変更(番号引き継ぎ)切替

mineoユーザーサポート

回線切替の手続きを行うと、直ぐにIIJmioのSIMカードが使用できなくなった。ネット回線は1回線しかないので、回線切替受付メールの受信を確認できなかった。そのため、手続き後30分くらい経ってからスマホの電源を入れてみた。

すると音声通話の回線はつながりアンテナマークが表示された。念のためテストコールを行うとOKだった。

 

続いてデータ通信。回線は自動では繋がらかなった。APNの設定が必要だった。Nexus 5xはデフォルトでmineoがないため、新規にAPNを設定する。

設定の方法は利用ガイドの11ページから14ページに記載されている。始めAPN、ユーザー名、パスワードなどが分からず慌てたが、落ち着いて利用ガイドをめくってみたら設定の方法を見つけることができた。

回線切替に要した時間はおよそ30分。あまりにあっけなく繋がって拍子抜けした。mineoはマニュアルも見やすく各種設定も分かりやすい。さらにユーザーサポートの電話へは携帯からでもフリーダイヤルに繋がる。(20秒毎に10円のナビダイヤルは金がかかる)

mineoスイッチとmineoでんわは必須アプリ。2個とも直ぐにインストールして使用できるようにした。mineoスイッチは高速、低速通信の切り替え、mineoでんわは国内通話が半額の30秒10円になる。(どちらも無料)

画像はmineoスイッチ。スイッチをONに切り替えて低速通信にしておいた。mineoは低速でも十分速い。

昼前にスピードテストを実施。上2回が高速通信、下2回が低速通信。単位はkB/s。

 

私が契約したプラン

D(docomo)プラン デュアルタイプ(音声通話) 3G  月額 1,600円(税別)

 

MNP遍歴

docomo → b-mobile → IIJmio → mineo

 

おそらく今回が最後のMNPか。海外に数年間の長期でゆく時は、解約してゆくことになるだろう。帰国後はIP電話になるかな。

MNPした感想

申し込みが殺到して申し込んでからSIMが届くまで8日間かかった以外は非常に満足している。ユーザーが増えて回線が重たいかなと思ったが、以前と変わらぬ速さだった。IIJ mioのBIGSIMは特典として無料で公衆無線LANのWi2 300が使えたのが良かった。Wi2 300は速くて回線が安定していて仕事に使えるので、今後別途契約することにする。あんまりmineoユーザーが増えると回線が込み合って遅くなるので、読者のみんなは遠慮してくれたまえ!

これで長年不満に思っていた通信量3日で366MBが消えてくれた。今後は自分の好きなように使うことができる。切り替え作業自体は非常に簡単で、おっさんでも楽々だった。待つのが疲れたくらい。

前回MNPした時のことはすっかり忘れて記憶に全くない。本当に電子機器の設定は覚えられない。今回はこうしてブログに書いたので大丈夫だ。

 

こんな感じで無事にMNPを終えることができた。受取りが現住所のみ転送不可の郵便は、本当に困る。お陰で小屋に張りつけになってしまったわい。これからは自分の思い通りに動くことができる。さあてさっさと飯を食って寝袋に入ろうか。

 

Amazonギフト券1000円分が貰える紹介キャンペーン 

下のリンクから申し込みをするとあなたとおっさんの両方にAmazonギフト券1000円分がプレゼントされます。(下の画像をクリックして頂くと申し込みページに飛びます。)



紹介キャンペーン期間 2018年8月1日(水)~2018年11月6日(火)

 
おわり
スポンサーリンク