PCTの寝袋選び~使用報告とメンテナンスについて

こんにちは。からあげです。

寝袋は泊りがけのハイキングになくてはならないギア。寒い中でも体温を保ち、明日への気力と体力を回復させてくれる。今回のPCTでは、シェルター、バックパックに並んで最も重要なギアの一つだった。

 https://www.pinterest.jpより

PCTはアメリカ西海岸のMexico国境からカナダ国境までの約2600mileにおよぶロングトレイルで、南Californiaの乾燥地帯や中央CaliforniaのSierra、Washingtonの高山地帯など気候の振れ幅が大きい。
最高地点はSierraのForester Pass(13200ft 約4000m)となっている。長大なロングトレイルをスルーハイクするためには、残雪が多く残る時期にSierraを越えなければならない。さらにゴール間近のWashington北部ともなれば、9月下旬にもなると降雪のおそれがある。

スルーハイカーのバイブルとなっているYogi’s PCT Handbookによれば、寝袋一つでゆくならば、-6度まで対応するタイプがベストと書かれていた。これまで私は外国での登山経験は全くなく、頼れる人もいなかったため、信頼できる情報を元にギアの選定をしなければならなかった。

こんにちは。からあげです。 小屋に戻ってから早2周間以上過ぎてしまった。 最近、何をやっているのかと言えば、パソコン作業と薪割りば...

寝袋はSierraとWashingtonの高山帯での使用を重視して、Yogiが推奨する-6度まで対応の十分な保温力をもつものにした。始め貧乏根性を出してしまって、無謀にも長年使用しているモンベルのダウンシュラフ#3を持って行こうと考えた。その寝袋は長年の使用で劣化が進み保温力が相当落ちていたため、洗濯してきれいにしてみた。しかし、どうみても最低気温がマイナスとなるであろう高山帯に耐えうる保温力を持っているとは思えなかった。

ダウンシュラフは中性洗剤を用いて自分で洗うことが可能です。 じっくりと陰干しで自然乾燥させれば、もとのフカフカの寝袋になります。 高いクリーニング代を払う必要はありません。 ただし、自己責任で行ってください。

高山帯と低地で寝袋を使い分けることも考えてみたが、現地に協力者がいない限り外国人には現実的ではなかった。保温力の低い寝袋は嵩張らずに軽い。
ただアメリカと日本の間で荷物のやり取りをすると、多大な時間とお金がかかる。(日本から安価なSAL航空便でベアキャニスターなどを送ったところ、約2週間と4,000円弱かかった。)それに山奥をハイキングしてゆくので、自分の好きなタイミングで替えることは難しい。以上のことから、一つの寝袋で乗り切ることにした。

寝袋選びで候補に上がったのは、モンベルのアルパインダウンハガー800 #2とナンガのAURORA light 450DXの2つだった。どちらも日本の信頼できるメーカだ。

モンベル アルパインダウンハガー800 #2

リミット温度 -6度、コンフォート温度 0度 800FP
収納サイズ φ16×32cm、重量 735g(スタッフバッグ込み)

ナンガ AURORA light 450DX

リミット温度 -5度、コンフォート温度 0度 750FP
収納サイズ φ14×30cm、重量 865g(スタッフバッグ込み)

2つの寝袋はほぼ同じ使用温度帯であるが、モンベルの方が重量で100g以上も軽く、値段も安くなっている。スペック上の差では歴然である。私はこれまで長年モンベルの寝袋を愛用していたこともあり、モンベルのアルパインダウンハガー800#2に決定した!

PCTでの使用

今回、新規購入したモンベルの寝袋は、PCTで約5ヶ月間、のちの野宿旅で約1ヶ月間、計半年間使用した。
スタートからSierraの玄関口のKenney Meadows(702mile地点)までは、シェルターなしのカウボーイキャンプを積極的に行い、Kenney MeadowsからゴールのCanadaまではたいていツエルトを設営して泊まった。(Sierra後半とOregonは蚊が多くて、とてもじゃないがカウボーイキャンプできなかった。)

南Californiaでのカウボーイキャンプのようす

乾燥地帯は夜間になると多少冷えるが、それでも#2では暑いくらいだった。サイドのファスナーを全開にして掛け布団のようにして上に掛けて眠った。

寒暖の差が激しく、気温に体を対応させるのが大変だった。

参考カウボーイキャンプ(Cowboy Camp)とは、シェルターなしでそのまま寝ること。昔カウボーイが露天でそのまま寝ていたことから、アメリカではこう呼ばれる。寝ながら星空が見えて、凄く開放的で病みつきになる。その他にテントの設営撤収の時間を省くこともできる。夜露が下りない場所では有効な野宿方法。
 

San jacinto Peak手前、Idyllwild(179.4mile地点)では降雪に見舞われたこともあった。この時、ツエルトはバウンスボックスに入れていて、タープポンチョしかなかったため、仕方なくタープを張って眠った。少しでも濡れないように折りたたみ傘で開口部を塞いでみたが、タープが小さいためはみ出た寝袋が濡れて保温力が落ちてしまった。幸い気温はそれほど下がらなかったため、寝袋の中に入っていれば、寒さを感じることはなかった。

参考バウンスボックス(Bounce Box)とは、トレイル上で使わない充電器や予備のバッテリーなどを入れておく箱。郵便局留めでルート先の郵便局に送っておく。そうすることで余計な荷物を減らして楽に歩くことができる。
 

Glen Pass過ぎの湖の畔でキャンプのようす

Sierra前半(Mammoth Lakes~Ashlandまでスキップする以前)の6月上旬から中旬までは残雪がかなり多い状況で、夜間になると気温はマイナス以下まで下がった。(おっさんの体内温度計では-4度)トレランシューズを外に放置すると翌朝カチンコチンに凍って履くのが大変になったり、早朝行動中プラティパスのハイドレーションホースが凍って水が飲めなくなったりした。

寝袋の保温力は十分でも、銀マットに毛が生えたようなリッジレストの上で寝るとなると場所を選ばなければならない。雪上キャンプともなれば、時間とともに体温が奪われ寒くて眠れなくなったり、眠りが浅くなったりして体力を消耗してしまう。そこで雪上を避けて、日当たりの良い岩や地面の上にツエルトを張って泊まった。そのため、寒くて眠れなくなることは一度もなかった。

雪上キャンプでは絶大な断熱性能を誇るエアマットは空気漏れのおそれがあるし、高価なので選択外だった。

Sierra恒例の天日干し

天気が良くてもツエルトが結露でずぶ濡れになると寝袋も濡れるため、日当たりの良い場所で朝食にしてその間干しておいた。好天が続くPCTだからこそできることであった。日差しが強いため、短時間で乾いてくれた。

9月中旬、ゴール間近のWashington北部ともなると、朝晩の気温はマイナスまで下がるようになっていた。Washingtonは湿潤な気候で、朝晩冷え込むとたいてい結露でツエルト内部がずぶ濡れになるため、常に寝袋は湿っている状態であった。さらに汚れのため保温力が下がり、ツエルト内で寝ていてもかなりの寒さを感じるようになっていた。

寝袋の保温力は十分だったが、汗と体の脂汚れでダウンのロフトが潰れて大幅な保温力低下を招いていた。しかし、ハイキング中の身ではどうにもすることができなかった。

半年使用した寝袋の状態

10月中旬、日本に帰国して秘密基地の山小屋に戻った。その時、すぐにバックパックから出して写真を撮影した。新品時ふかふかだった寝袋の面影は全くない。無残にもペチャンコに潰れて、かなりの異臭を放っていた。ハイキング後、放浪の旅をしていた時には、臭いがかなり不快だった。(ハイキング中はほとんどシャワーを浴びなかった(浴びれなかった)ため、臭いをあまり感じなかった。)

モンベル独自のストレッチシステムは、PCT半ば頃には破綻してだらしなく広がるようになっていた。

首のマジックテープ付近

それほど傷みは見られないが、汚れがかなり目立つ。

サイドのファスナーは良好だった。半年使い倒してもスムーズに開閉することができた。

汚れが一番酷かったのは首周り。おっさんの脂と汗でテカテカに光っていた。

おぞましい汚れのようす。うわ、ばっちい!

寝袋の収納袋は、中に防寒着のフリースや着替えを入れて枕として使っていた。そのため、頭皮の脂を吸い込みかなり汚れていた。

汚れが一番ひどい首周りを透かす。

中のダウンは汚れのため、団子状になっていた。

陽の光で透かしてみると、このようにダウンの偏りが一目瞭然。足元も足の汚れでドロドロになってダウンが偏り保温力は大幅に低下していた。

寝袋のメンテナンス

寝袋は汚れて保温力が低下し臭くなっていたが、まだまだ生地は大丈夫なため、捨ててしまうのは勿体ない。以前と同じように自分で洗うことにした。ダウンシュラフ専用の洗剤も売っているが、高いのでやめた。

ダウンシュラフは中性洗剤を用いて自分で洗うことが可能です。 じっくりと陰干しで自然乾燥させれば、もとのフカフカの寝袋になります。 高いクリーニング代を払う必要はありません。 ただし、自己責任で行ってください。

洗濯から乾燥までの行程

40度のぬるま湯を張った湯船に中性洗剤のアクロンを100ml投入して良く撹拌。そして寝袋を沈めてゆっくり足踏みをしながら丁寧に洗った。やさしく丁寧に水を切ったあと、脱水機で1分間脱水し、日陰に1週間以上干しておいた。

洗剤を使った洗濯 1回、すすぎ 3回

脱水 脱水機1分間

乾燥 日陰の場所で自然乾燥(1週間以上)

*ポイントは乾燥機を使わずに自然乾燥でゆっくり乾燥させること。

前回同様に家庭用中性洗剤を使って浴槽にお湯を貯めて手洗いする。

使用する洗剤は、家庭用の中性洗剤のアクロン。ドライマークの付いたウールも洗うことができる。

洗剤の量は100mlで、軽量カップともなるフタ2杯半。

およそ40度のぬるま湯を張りながら洗剤を入れて良く撹拌した。

まず寝袋を沈める。空気が入っているため、なかなか沈まない。優しく根気よく沈めてゆく。

ある程度沈んだら、足で踏みつけて洗う。優しく丁寧に洗う。
およそ15分。

生地の首周りが一番汚れていたため、たわしで軽くこすっておいた。

水切りのために浴槽の縁に乗せる。赤子を扱うように優しく。乱暴に扱うと生地に負担がかかる。

縁に掛けておくより、下においた方がいいことに気がついた。

ある程度水切りができたら、優しく踏んでさらに脱水する。汚れた洗剤はよく切っておいたほうがいい。

洗剤を使って洗濯したあとのようす

水が茶色く変色していた。泡立ちもかなり悪かった。

すすぎは丁寧に3回行った。

3回目ですすぎの水が綺麗になった。しつこくやると寝袋が傷む、程々にしておく。

踏んでしっかり水切りを行ったあと、優しく抱きかかえるように持って脱水機に投入した。偏らないように広げた。

脱水のみ、1分にセットした。

脱水後のようす。回ったと思ったらすぐに止まった。機械での脱水は必要最低限としておく。

あとは日陰に広げて干しておく。生地やダウンに負担がかからず通気性のよい、アミアミの上で干すのがベストだと思われる。実家では物置内の物干し場が一番良かった。

洗濯直後のようす

ダウンは完全に団子状となってしまっている。しかし慌てず焦らない。そのまま干しておく。

およそ一週間後。干してそのまま放置していただけでふかふかになった。

そしてさらに3日干したところで、ようやく今日取り込んだ。
多少ダウンが偏っていたので、軽くパンパンと叩いて均一にした。

見違えるほどきれいになった寝袋。

ダウンのロフトは回復してふかふかになった。

あとは専用の保管袋に入れておく。これでヨシ!次も頼むぞ。


スポンサーリンク



使用した感想

リミット温度-6度の寝袋は、寒さが厳しいSierra山中でも、一晩寝れば私に歩く体力を与えてくれた。どんなに疲れ切っても、寝袋に入って一晩寝ればなんとかなる。そう私に思わせてくれた。その他には、衣類を最小限までに切り詰めることができて軽量化を図ることができた。

下着の替えワンセット、薄着でも歩き続けていれば、それほど寒くはない。Sierraでは日が傾くと急激に冷えて来るので、歩くのはほどほどにして眠った。

長期間の使用で問題となるのは、汚れによる保温力の低下だった。PCT後半は汚れのため、保温力が大幅に低下して、寒さを感じることが多くなった。しかし、高い保温力を持つアルパインダウンハガー#2だからこそ、なんとか過ごすことができたと言っていいだろう。リミット温度-2度のアルパインダウンハガー#3であったなら、寒さで体力を消耗して歩き切ることができなかったかもしれない。

汚れを防ぐためには、インナーシーツを使用した方がいいだろう。PCTは軽量化する必要があったため、シュラフカバーやインナーシーツの使用は全く考えなかった。今後、国外での移動は自転車がメインとなる予定なので、多少重たくなってもインナーシーツは持ってゆくことができるぞ!

トレイルでは気にならなかったが、町中の野宿で気になったのが寝袋の色。
暖色系だと見た目で暖かく思えるというのは間違いない。しかし、安全のために人目を避けなければならない野宿では目立って危険だった。

それなら、野宿なんてしなければいい。そんな正論は百も承知だ。危険で落ち着かない野宿なんてしたくない。真剣にそう思う。だが、私は大富豪ではないので、宿泊代にお金を掛けてしまうと、装備品をケチらねばならなくなる。装備品をケチるとダイレクトに安全に関わってくる。特に寝袋のような重要ギアでは。

黄色いシュラフで野宿するたびに、人に見つかるんじゃないかとハラハラドキドキしていた。日没後、暗くなってからでも黄色は目立つ。野宿で目立たない紺色が欲しいと思った。

色以外は軽くて温かくて文句なしの寝袋だった。今後も大事に使ってゆきたい。

追記(2017.11.18)

その後、洗濯した寝袋で寝てみたが、保温力がかなり回復してくれた。最低気温が5度だった日でも、薄着で寝ていても暑いくらいだった。スパイラルストレッチシステムも復活してくれた。感覚的に保温力は9割以上は回復してくれたかな。これなら今後も十分使用することができる。臭いもすっかり消えて気持ちいい。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク