ドメイン取得の際は、更新料の確認もお忘れなく!

こんにちは。からあげです。

先日、新規にドメインを取得した。

karaage.biz

というドメインだ。

シンプルかつデキる男の雰囲気がプンプンと漂ってくるniceなドメインだ。
やったね!ニヤニヤ。

今現在、karaage.infokaraagetankentai.comという2つのドメインを使ってブログとHPを運営している。ブログはいいのだが、問題はHPのドメイン。karaagetankentai.comというのは長すぎると、いつの頃からか思うようになった。自分がタイプする時でもミスタイプしていないか、あとでじっくり確認する必要があった。

ドメインは住所と同じで、1文字間違えただけで全く違う住所となってサイトが表示されなくなってしまう。郵便だと多少の間違いくらいなら、配達員が気付いて正確な住所へと配達してくれるだろう。ところがコンピューターの場合は融通が全くきかないのだ!このカタブツめ!!

ドメインとは、わかりやすく言い換えるとインターネット上の「住所」

中略

インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前」です。

中略

ご自身のホーページ(ブログ)や会社のホームページの住所ともいえるURLの一部になるものです。ドメインがなければホームページを公開することはできません。

ホームページでは、ドメインの前に「www」のような文字列(ホスト名)と、区切りの意味がある「.(ドット)」が追加されて「www.ドメイン名」という形で、私たちがよくみかけるURL(住所)となります。

カゴヤのサーバー研究所より

ドメイン名が長いとミスタイプしやすいことのほかに、ぱっと見て直ぐに覚えられない、ということ。サイトの訪問者はリンクを頼りに来ることがほとんどなので、いちいちドメイン名を気にすることはないだろう。しかし、サイトを運営している人間だと、他のサイトのドメインが気になるのだ!

訪問者的にはどうでもいいことだが、運営者にとっては特にこだわりたいところ。分かっていただけたかな?おっさんのこのこだわりようを!こだわりを捨てたおっさんはタダのおっさんになってしまう。

当ブログのURLは、diary.karaagetankentai.com(サブドメインで運営していた)だったのだが、去年新ドメインkaraage.infoを取得して変更した。

どうだろう。2つのドメイン(=URL)を比較して。karaage.infoの方が圧倒的にインパクトがあるのではないだろうか?

今シーズンPCTを歩いている最中、歩くこと以外やることがなくて、今後のサイト運営について考え続けていた。そして、ブログと内容が被っているHPは閉鎖してブログひとつに統一し、新規のサイトに大容量なファイルを扱うギャラリーやマップデータなどを収めることに決めたのだった。新規にサイトを立ち上げるなら、新たにドメインを取得してURLを短くしたい!サブドメインやサブディレクトリも考えたが、サブドメインだけのサーバーの移転なんかは凄く面倒になる。管理も煩雑。何事もシンプルな方がいい。

.bizというドメインはbusinessの略でビジネスや商用に特化したもので、.co.jpや.ne.jpみたいに厳格な取得要件がなく、誰でも取得できるゆるいドメインとなっている。.com.netは使用中で取得できなかった。お金儲け=商用目的でkaraage.bizのサイトを運営するので、とりあえずは問題はないだろう。(おっさんは霞を食べて生きてゆけない。許せ。)

今回、新規ドメインを取得するにあたって、非常に気になることがあったので記事にしておきたい。サイト運営の初心者が引っかかりやすい落とし穴だと思う。

ドメイン取得の際は、更新料の確認が非常に重要!!

新規にドメインを取得するにはお金がかかる。だれでも安く手に入れたいと思うはず。「ドメイン取得 安い」などとネットで検索して出てくるのは「新規ドメイン登録”1円”から」という非常にインパクトのある文字。

お名前.comはサイトを運営していない方でも一度は目にしたことがあるだろう。大手のドメイン会社だ!トップページからキャンペーンのページにアクセスすると1円からという大きな文字が飛び込んでくる。

無料ブログサービスから脱却し、独自ドメインとレンタルサーバーを手に入れてサイト運営を始めようと思っているビギナーは、異様にテンションが高く注意力が散漫となっている。ここは一つ冷静になって欲しい。本当に1円でドメインが入手できるのだろうか?と真剣に考えて欲しい。

キャンペーンページの中ほどに大きく料金が表示されている。どれもなかなかリーズナブルではないか。しかし、この料金は取得(1年目)料金であって、2年目からの更新料金ではない。

一番下の方に必ずお読みくださいと書かれたところ。その中に「各ドメインの更新料金はこちらをご覧ください。」とある。

それがこちら。

.comは910円で取得できるのだが、2年目以降は1280円となる。表示価格は全て税別なので、消費税8%を考慮する必要がある。

独自ドメイン取得してサイトを運営しよう準備を進めていた当時の私は、この基本的な料金システムのことは全く知らなかった。契約上では知らなかったでは済まされない。ちゃんと書いてあるじゃないか、と言われておしまい。

こちらはムームードメイン。こちらも安さが売りのドメイン会社だ。

料金表は、取得費用の他にも更新、移管の費用が表示されている。分かりやすくて好感が持てる。

初めてのサイト運営では、ムームードメインでkaraagetankentai.comを取得し、関連会社のロリポップでレンタルサーバーを借りた。そうすることによってドメイン取得の費用が安くなった。何もかも知らなかった私だったが、リーズナブルなムームードメインとロリポップを使ってサイトを運営しているうちにあれこれ勉強させてもらった。

そしてよりよいサーバーを求めて旅立って行ったのだった!

ドメイン取得費用一覧表

お名前.com
.info 新規 199円 更新 1480円 移管 1200円
.biz 新規 399円 更新 1480円 移管 1200円
.asia 新規 499円 更新 1980円 移管 1980円
.website 新規 99円 更新 2980円 移管 2980円
ムームードメイン
.info 新規 299円 更新 1480円 移管 1120円
.biz 新規 799円 更新 1480円 移管 1120円
.asia 新規 69円 更新 1980円 移管 1980円
.website 新規 99円 更新 3980円 移管 3980円
Xサーバー
.com .info .biz 新規 1500 更新 1500円 移管 ???

*全て税別価格

私が勝手に選んだ3社のドメイン取得費用を表にしてみた。
注意が必要なのは、.asiaや.websiteといった新設されたドメイン。新規取得費用は安いが、2年目以降の更新料が割高となっている。安いからと飛びついて契約すると、高い維持費を払い続ける羽目になる。

高い更新料に納得して契約するのなら問題ないのだが、料金システムをしっかり理解しないまま勢いで契約してしまうと、あとあと嫌な気持ちを引きずることになる。注意して欲しい。

ドメインとはサイトの住所となる重要なもので、一旦サイトを作成してしまうと変更するのが大変だ。素人が作業をするのは思いのほか大変だし、検索上位に表示されていたのにさっぱり表示されなくなってしまうかもしれない。(Googleへの手続きで評価を引き継ぐことが可能だが、手続きが面倒)軌道に乗ったサイトはイジらないに限る。ドメイン変更を一度やってみて二度としたくないと思った。

以上の理由から、ドメイン取得の際は、初期の取得費用より維持費となる更新料を注意した方がいい。

私は間違いを犯しそうになったので、これからサイト運営に挑戦しようとしている人の参考になればと思い書いてみた。決してお名前.comは止めておけと言っているのではなく、更新料に納得した上で契約して欲しいと言っている。そこを間違えないで欲しい。お名前.comもリーズナブルなドメインがたくさんある。料金システムを知っておけば、大いに利用できる会社だ。

Xサーバーでの独自ドメイン取得方法

Xサーバーはブロガーに大人気なレンタルサーバー会社だ。サーバーのスペック、ユーザーサポートとも申し分ない。最安のプランでも月1000円と高いものの、もとは十分とれる。

当ブログはXサーバーで運営している。karaage.infoのドメインはサーバーを新規契約した時に無料で頂いた。

Xサーバーはサーバー契約をしていれば、独自ドメインを新規に取得できる。

ここで簡単に独自ドメインの取得方法を説明しておこう。

インフォパネルにログインする。

左サイドバーの契約関連 追加のお申込みをクリック。

そして利用規約・個人情報の取り扱いに同意して先に進む。

追加のお申し込みでドメイン 新規取得を選択する。

このあと、説明のとおり進んでゆけば、めでたくドメインを新規取得できる。

ドメインを取得できたら、ドメイン設定、自動インストール、SSL設定などをして新規サイトを立ち上げよう。健闘を祈る!!

まとめ

今回、新規に独自ドメインを取得しようと、ネット検索してあれこれ調べてみた。検索上位で出てきた会社はパッと見は安かったが、2年目以降の更新料は大して安くはなかった。

レンタルサーバーとドメインが別々の会社だと、料金の支払いやその他の手続きなど、管理するのも大変なので、同じXサーバーにすることにした。
料金を調べてみると、新規、更新ともに1500円と、明朗会計で非常に分かりやすかった。取得費用だけ割高となるが、2年目以降はほとんど変わらない。Xサーバーの本業はレンタルサーバーで、おまけでドメインも扱っているに過ぎない。急な値上げもないだろう。私はそう考えた。

いつもお世話になっているXサーバーを応援したいという気持ちもかなりあった。

独自ドメインを取るなら、レンタルサーバーと同じ会社で!ドメインが無料でもらえたりしてお得だ。Xサーバーの他にもいろいろ会社がある。個別にとるよりセットにした方が安いし管理しやすい。3年間サイトを運営してきて私はそう思った。レンタルサーバー会社も独自ドメインで顧客をつなぎ留めておくことができ、顧客とWin-Winの関係が成り立つ。

現に私はXサーバーでkaraage.infoというドメインを無料でもらっている。今後もサーバー契約をしている限り、無料で使い続けることができる。別サーバーに移転することになったら、ドメインも移管手続きをすることになるだろう。多分、そんなことがやって来る日は永久にやって来ないだろうけど。

ここ最近の完全SSD化、HTTP/2導入など、Xサーバーのやる気はかなり凄い。新規参入したmixhostという会社に脅威を感じたためと思われる。この対応の速さは、サポートの速さにも繋がっていると確信している。今後も目が離せないXサーバーだ。

あれ、何でXサーバーの宣伝みたいになってしまったのかな?

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク