裏山散歩

こんにちは。からあげです。

最近、小屋にずっといるような気がしたので、気分転換のために裏山に散歩しにゆくことにした。せっかく登山に最適なところに住んでいるのに勿体ない!

朝起きたらやけに足が冷たいと思って足の裏を見ると、なんと靴下に穴が空いていた!

えっ?もう穴が空いてしまったのか?お前は確か伸び伸び軍足で足にピタリとフィットして履き心地がいいやつだったよな。良いか悪いかよく分からないのだが、PCTを歩いているうちに靴下の底がすぐ破れるようになった。前はつま先がダメになったんだけどね。

ラーメンの具材をあらかじめカットして持ってゆく。こうすると現地での手間が省ける。

サッポロ一番みそラーメンと野菜の具。おやつはなし。

いやあ、自ら進んで歩く気になったのは、帰国してからは今日が初めてだな。いつも買い物や図書館に行くのに長時間歩いてうんざりしているからな。この前ちょっと走ってみたら問題なかった。しかし、無理は止めておこう。今年中はまだ大人しくしておこうか。無理は来シーズンに響くかもしれない。

奥の方にゆくと、木々の葉っぱがすっかり散って寒々とした風景が広がっていた。

がけ崩れ現場が現れる。

注意看板が見えない振りして歩いてきたが、さすがにこれだと強引に突破する気はしない。木の根っこを掴んで行けないことはないんだけどね。こういうの地味に危険なんだよ。リスクを冒す必要が全く見当たらない。よし、迂回しよう。

気がついたら決断が凄く早くなっていた。こうして一連の心の変化をウダウダ書いているが、ほんの3秒くらいの間の出来事。地味にこれはPCT効果だな。

体はすっかり鈍っていると思ったが、思いのほかのハイペースで自分でもビックリした。やけに体が軽くて仕方ない。適当に荷物を詰めだバックパックの重さをほとんど感じなかった。

これは散歩コースの滝。水しぶきがかかって寒いからさっさと戻ろう。

尾根に出たところでお腹が空いたので、ラーメンを食べることにした。ちょうどフラットな場所があるのを分かっていた。

タイベックシートをそこら辺に広げてお昼にする。

今日はアルコールストーブを持ってきた。PCTではスタート地点のCampoからWarner Springsまでの100mileほどしか使っていない。試行錯誤して完成させたストーブで凄く愛着がある。やっぱり場所をわきまえてストーブを使い分けないとね。

ストーブのシステムはGOODなのだが、寒すぎてなかなか湯が沸いてくれなかった。ストーブ本体が十分温まると火力が強くなる。まだかまだかと寒さに震えながら待っていた。

野菜が煮えたところで、アルコールがなくなってしまったので、アルコールを補給し再点火した。一旦消えると火力が上がるまで相当時間がかかる。アルコールストーブは使えないことはないけど冬は厳しいね。お湯が湧くまで待っていたら、体がすっかり冷えてしまう。

冷えた体にみそラーメンのスープが染み込む。寒い日は汁物に限る!

山を見上げると雪雲に包まれて凄く寒そうだった。日に日に雪が麓に向かって下りてきている。やっぱり今年は寒すぎる。おっさんの体感によると、例年より一月近く早い気がする。今日も小屋の付近で雪がチラついていた。冬の到来はもうすぐだ。

今年の夏は大雨だったようで、あちこちが崩れていた。この崩落箇所の通過は大雨直後だと危険な感じがした。まだまだ崩れそうだった。こんなところに長居は無用だ。さあ、家へ帰るべ。

寒くても小屋に帰れば薪ストーブがある。そう思うと寒さはそれほど堪えない。テント生活だったころは、寒い日に歩く気はまったく起きなかった。ほとんどテントに引きこもり。

たまには散歩もいい。気分爽快でリフレッシュした。昨晩風が吹いてまた落ち葉が積もったので、明日は落ち葉かきでもしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク