コメント欄の復活!!

毎日毎日タダ飯食べて、電気水道は使いたい放題。時間をかけて少しずつ勝ちとってきた今の環境。親父亡き後は私が実家の何でも屋だ。時々仕事をしないと追い出されるおそれがある。

追い出されるか文句を言われないかの微妙なところは、おっさんの長年の勘と経験に基いている。今日、物置に篭ってヤフオクの出品作業をやっていると、突然おかんから仕事を頼まれた。

そろそろ1つくらい片付けておこうか。

敷地の境界線の土留がボロボロになってきたので、手直しして欲しいということだった。
現場の状況を確認して早速作業に取り掛かる。庭に転がっているコンクリートブロックを持ってきた。

これまで薄いコンクリの板で押さえていたのだが、車に踏まれて割れてしまっていた。
そこで丈夫なコンクリートブロックを設置することにした。
始めおかんは分厚すぎると文句を言っていたが、私の言葉巧みな誘導にようやく納得してくれた。ブロックを仮置きしてみた。こんなもんかな?

土木作業ならおっさんに任せろ!抜根で鍛えた下半身で簡単に穴を掘れる。

よし、できたぞ。しかし、まだ終わりでない。ブロックの土をキレイに掃いておく。

ラッカースプレーで吹きかけて目立つようにしておく。
物置に転がっていたやつなのでタダ!

こだわりの仕上がり。こんなもんでいだろう。

ちょっとした手間で見栄えが良くなる。いかにも仕事しましたっていう感じがしていい。

土留に使っていた軽石ようなボードを叩き割る。
ストレス解消にピッタリ。しかし、解消するストレスがない!!

おっさんはストレス解消など無縁。

スポンサーリンク

コメント欄の復活!!

こんばんは。からあげです。

コメント欄を閉じたのは、PCT出発前だったか。
準備を滞りなくするため、ハイキングに集中するため、バッテリーの消耗を防ぐためにコメント欄を閉じたのだった。

帰国後もコメント欄の閉鎖は継続中であった。

その間にも読者からコメント欄を復活して欲しいとの要望を度々頂いていた。

私は悩んでいた。どうせコメント欄を復活させても、罵詈雑言、嫌がらせ、アドバイスなどがたくさん寄せられるだけだ。その処理で時間を使うくらいなら記事を充実させた方がいい。

ブログは双方向のメディアでもある。コメント欄を閉鎖して一方通行になれば、おっさんが暴走してしまう。

もう、細かいことは言うまい。

こんにちは。からあげです。 読者にお願いがあります。今後、私に対するアドバイスは一切不要です。 有益な情報は、これまでのとおり有難く頂戴します。 面白い!ツマラナイ。など単純な感想がいいですね。 これからは雑音に煩わされることなく、活動に専念します。 よろしくお願いします。

人のやりたがらないことを敢えてする。それがプロブロガー。PV数が増えるとコメント欄を閉じる人が多い。

自分に与えられた仕事を淡々とこなしてゆこう。何度も言うようにおっさんはアドバイスが大嫌いだ。

それを忘れないで頂きたい。

ただし、コメント欄の運営は活動OFF時期のみ。出先だと管理できないため、これまで通りコメント欄は閉鎖する。

今日はBS1でプロゲーマーのドキュメントを見たが、凄くハードな世界で見ていて気分がモヤモヤしてしまった。私もプロブロガーとして真剣さが足りないのでは?などと考えてしまった。合宿所に泊まり込んでゲーム漬けの毎日なんて私には無理だと思った。

今日はヤフオクの出品で結構疲れた。しかし、ここが踏ん張りどころだ。あと10日もすれば、勘を取り戻して流れ作業でできるようになるだろう。

よし、今日はもうフリータイムとしよう。やる気がおきない。

追記(2017年12月10日)

前記事・次記事、コメント欄を関連記事下から上に移動して、よりコメントしやすくカスタマイズを実施した。より快適になったかも?(自画自賛)

イタズラは止めてね!

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク

コメント

  1. かりあげ君 より:

    PCT編、面白かったです。
    これからも応援しています。

    • karaage より:

      つまらなかったらどうしよう。そんなこと考えていました。どうにもできませんが。

  2. nao より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。
    いやー、ホント好きです。
    その行動力と達観した人生観に羨望を覚えます。

    遅ればせながらPCT踏破、おめでとうございます。
    本当に凄いと思うと同時に、とても羨ましく思います。
    私もいつかはPCTに挑戦したい。人生の目標の一つにしています。
    次の中国死闘編も楽しみにしております。

    ずーっとコメントしたいと思っていた所でコメント復活したので書き込んでみました。
    スルーハイカーとして鍛え上げられた隊長にこんな事を言うのは野暮でしょうが、お風邪などめされぬよう、お元気でブログを続けてください。
    これからも楽しみに読ませてもらいます。では、失礼致します。

    • karaage より:

      こんにちは。どうもありがとうございます。

      中国死闘編とは恐ろしいですね!そうならないように気をつけます。

  3. 鶏天 より:

    来期は中国へとの事ですが、具体的なブランとか如何な物でしょうか? 自転車での野宿旅とかになるのでしょうか?

    活動費が足り無ければヤフオクとかで協力させて頂きたいのですが。

    今後の活動内容を記事にして下さい。

    隊長、応援していますよ。

    • karaage より:

      まだプランはありません。自転車野宿だけは決まっています。

      お気遣いなく。ヤフオクは不要品処分しているだけです。
      大きな声で言えませんが、Amazonで買い物する際は、右サイドバーのリンクからして頂けると私に手数料が入ります。

  4. からあげ番長 より:

    秋田の白神山地の近くに住んでいます。
    からあげさんのおかげで行ってみたいと思うようになりました。
    こんな素晴らしいところが身近にあったのですね。
    感動しました。
    感謝しています。

    • karaage より:

      白神山地は奥に入ると雰囲気が一変するのが良いです。ゾクゾクします。また今度必ず行こうと思っています。

  5. cooldepassion より:

    いつも楽しく拝見しております。
    隊長とは同年代ではありますが、
    隊長の行動力に強いあこがれを持ちながら、
    いつもブログを拝見してます。
    今は家族の為、自由を犠牲にしてますが
    いつかは隊長のように自分の人生をまっとうしようと思ってます。
    ちなみに私は特に食レポが好きです。
    お体を大事に

    • karaage より:

      どうもありがとうございます。家族円満で自分を犠牲にしない方法がきっとあるはずです!

  6. kimu より:

    うらやましい生き方されていて拝見しております。

    支援は不要なのでしょうか。
    他の小屋暮らしの方は欲しいものリストを挙げている方がおられるので。
    大したものは送れませんが・・・。

    これからも楽しみに拝見いたします。

    • karaage より:

      お気遣いなく。欲しいもの、必要なものは自分で手に入れます。
      はい。お楽しみに。