WordPressのサイトを削除する方法(Xサーバーの場合)

こんにちは。からあげです。

一昨日、HP(karaagetankentai.com)のデータをブログに移行し終わったところ。ただ、空っぽの状態のファイルやデータベースが残っている状態だった。しばらく放置して、やることがなくなったらやるつもりでいた。

しかし、データを完全に削除しないと、検索からあやって来た訪問者がガッカリするかもしれないし、何より自分自身が気持ち悪い。そこでさっさと片付けてしまうことにした。

こんばんは。からあげです。 今、ようやくHPの移転作業が終わった。非常にスッキリ。気分がいい。今日こそは終わらせようと頑張って作業...

スポンサーリンク

削除の方法

WordPressのデータには、ファイルデータとデータベースの2種類あって、サイトを完全に削除するためには、ファイルデータとデータベースの両方を削除する必要がある。

私は始めFTPソフトを使って作業していたのだが、途中でもっと簡単に削除できる方法が分かかった。Xサーバーの場合はサーバーパネルから簡単にできる。今後のために備忘録として書き残しておくことにした。この記事は読者が読んでも全く面白くない。勘弁しておくれ。

作業の前に運用中のサイトのデータをバックアップしておくこと。

ファイルデータの削除

ファイルデータを削除する前に、データベース名を確認しておく。
FTPソフトでファイルデータのwp-config.phpにアクセスし確認する。

データベース名の確認が終わったら、サーバーパネルにログインして、ドメインのドメイン設定をクリック。

するとドメイン設定の一覧が現れる。
今回削除するのは、karaagetankentai.comというドメインだ。

一番右下の削除ボタンをクリック。

すると、このようなエラー画面が現れる。

選択中の「設定対象ドメイン」を削除することはできません。
「設定対象ドメイン」をクリアした後に、改めて削除してください。
 
 
エラー表示とともに現れたクリアボタン。
クリアボタンをクリックすると、なぜかサーバーパネルのホーム画面に戻る。
 
 
再びドメイン設定の一覧から対象ドメインの削除ボタンをクリックする。
 
 
すると今度はこのような画面が現れる。ドメイン設定の削除(確定)をクリック。
 
これでドメイン設定が削除されて、ドメインに関連したファイルデータも削除された。
試しにもう一度ドメイン設定一覧を見ると、キチンと一覧から削除されている。
 

データベースの削除

続いてデータベースの削除を行う。

サーバーパネルのホーム画面にあるデータベースのMySQL設定をクリック。

するとデータベースの一覧が現れる。

karaagetankentai.comが使用していたデータベースは一番上の「●●●_wp1」という名前。

データベース名が分からない場合は、あらかじめFTPソフトでファイルデータのwp-config.phpを見て確認しておく必要がある。間違えて削除してしまうと、再度データベースを設定し直す必要がある。バックアップデータがなければ、永遠に情報が失われるという悲劇となる。
(Xサーバーの場合、一週間のデータが自動バックアップされるので大丈夫。ただし、バックアップデータの取得は有料。)

 一番右の削除ボタンをクリックするとデータベースも削除される。
 

その他の削除

Google Search Console
ホーム画面プロパティの管理プロパティの削除
Google Analytics
ホーム画面管理プロパティ管理ゴミ箱に移動
 
ああ、スッキリしたな!

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク