北米

3 After Report

PCT2017スルーハイクの記録~灼熱の南California編 その1~

こんにちは。からあげです。 これから複数回に分けてお届けするPCT2017スルーハイクの記録。ハイキング当時もリアルタイムでブログを更新していたのだが、圏外だったり、ブログ更新している場合じゃなかったりして途切れ途切れになってしま...
3 After Report

超軽量のレイジャーディンバックパックでPCTを歩いた感想と消耗・劣化具合

アメリカ西海岸MexicoからCanadaまで延びる全長2600mileのトレイル、PCTをスルーハイクするためには、装備の軽量化がカギとなる。従来型の重たい装備だと、難易度がぐっと上がる。 私はスルーハイクを成功させるために、お金のこと...
3 After Report

残雪期のSierraは渡渉が一番危険!! PCTスルーハイクは狂気じみている。

アメリカ西海岸、MexicoからCanadaまで延びる全長約2600mileのトレイル、それがPCTだ。このPCTを1シーズンで全行程を踏破することをスルーハイクという。以前は、一部の超人しかなし得なかったスルーハイクも、軽量コンパクトなギ...
3 After Report

PCTにかかった全費用の詳細を大公開!!

こんばんは。からあげです。 毎月の生活費がいくらなのか把握するために、私は10年前から家計簿を付けている。節約するうえで、毎月の支出を詳しく分析するのは必須事項だ。私は金持ちになりたいのではなく、活動に必要なお金は持ちたいと思っている...
3 After Report

PCTでのツエルト2ロングの使用感

こんにちは。からあげです。 PCTを歩き終えてからすでに3月も経ってしまった。楽しくもありハードであったあのハイキングは夢だったのだろうか?いや、現実だ!時が経てば経つほど、PCTでの体験が体に染み込んでくるように思える。他のハイカー...
3 After Report

PCTの水場事情と浄水器(Sawyer Mini・Squeeze)の使用について

こんにちは。からあげです。 今回はPCTでの水場の話。私が経験したこと、見聞きしたことをできるだけ詳しく丁寧に説明してゆきたい。 はじめに ハイカーなら誰でも軽いバックパックで歩きたい。荷物が軽いと体の負担が減って楽に歩くこと...
PACIFIC CREST TRAIL

ピンペグの紛失防止!~色を塗って目立つようにしてみた

こんばんは。からあげです。 今日は親父の月命日で坊さんが来る日だったので、図書館に避難した。物置に居るのにお経の時間に閉じこもっているのは、なんだかイケないような気がする。それに毎回坊さんと顔を合わせるのは気まずくて仕方ない。いったい...
3 After Report

PCTでのクマ対策~ベアキャニスターの運用報告など

こんばんは。からあげです。 ここ最近、あれこれ資料やメモを読んで頭の中を整理していた。そしてようやくひとつの記事としてまとめることができた。PCTを歩き終えてからすでに2月経過している。記憶が確かなうちにまとめておきたかった。PCTで...
3 After Report

PCTの寝袋選び~使用報告とメンテナンスについて

こんにちは。からあげです。 寝袋は泊りがけのハイキングになくてはならないギア。寒い中でも体温を保ち、明日への気力と体力を回復させてくれる。今回のPCTでは、シェルター、バックパックに並んで最も重要なギアの一つだった。  より ...
3 After Report

セブン-イレブンのマルチコピー機でオリジナルポストカードを作成する

多くの残雪に苦しめられ毎日厳しいハイキングを強いられていたおよそ5ヶ月前。私はSierra山中を彷徨いながらも、なんとかKearsarge Passを越えてIndependenceの町に下りてきた。いや、命からがら逃げてきたという表現の方が...
3 After Report

PCTは記録をまとめてブログにアップするまで

毎日毎日、ただハイキングのことだけを考え歩き続けていたPCT。ゴールのCanada Manning Parkに辿り着いてから、いつの間にか早2ヶ月が経とうとしている。ボロボロになりながらゴールに辿り着いたあの日。私はいつもにも増してクールだ...
3 After Report

自作サコッシュ1号の使い心地と感想

こんにちは。からあげです。 今日も朝から雨。8時前に起きたが、特にやることがないので、ロフトで本を読むことにした。本日は森村誠一の推理小説。沢木耕太郎の本は昨日のうちに読み終わってしまった。 本を読んでいてふと気になった。難しい...
2 Live Diary

新たな世界に向かって

長かったアメリカの旅はついに終わりました。空港で待っているとアメリカでの思い出が次々と浮かんできました。ですが、おっさんには感傷に浸っている時間はありません。次なる冒険に向けて始動を開始します!
2 Live Diary

旅の終わり

どうしようもないホステルを出ると、Los Angelesを少しだけ観光することにしました。向かった先はビバリーヒルズ。猛烈に場違いな感じがしました。なんでこんなところに来てしまったのだろう?おそらく怖いもの見たさのような感覚でしょうね。
2 Live Diary

ホステルでゴロゴロする

ツッコミどころ満載のホステルでしたが、野宿するよりは遥かに快適でした。贅沢はいけませんね。自分なりに工夫したり、考え方を変えれば居心地が良くなります。帰国に備えて体を休めるために、ほとんど一日中ホステルでゴロゴロしていました。
2 Live Diary

久しぶりのホステル

帰国間近のため、Los Angelesまでやって来ました。久しぶりのホステル泊で期待していたのですが、期待を完全に裏切る最低なホステルでした。他人に多くを求めるのは間違っている。そう再確認した日でした。
2 Live Diary

寄り道の代償

無人島でのキャンプを終えてマリーナに戻って来ました。もちろんマリーナからは歩くことになりました。道端を歩いていると心に隙間風が吹いて仕方がありません。遊んだあとだったので、余計に精神的に辛かったですね。
2 Live Diary

島内探検2日目

島内探検2日目はゆっくり目の出発です。昨日は調子に乗って歩きすぎたため疲れました。景色を見ながらのんびりと歩き、ときどきアメリカでの生活を振り返っていました。
2 Live Diary

島内探検に出かける

早朝から島内探検に出かけました。久しぶりに歩くTrailが気持ちよく、足が痛いのに調子に乗って山の上まで上りました。山頂からはのどかな景色が広がっていました。寄り道して来た甲斐があったなと思いました。
2 Live Diary

Santa Cruz Islandへ出発!

Channel IslandsのSanta Cruz Islandにやって来ました。ハリケーンの影響で風が強いですが、キャンプ場は山の影になっていて問題ありません。今日から3泊4日、無人島でのキャンプが始まります。