ホームレス生活に突入!

スポンサーリンク

こんにちは。新年明けましておめでとうございます。

去年年末、予定通り賃貸の一戸建てを引き払い、現在ホームレスの状態です。
正直に打ち明けると、私の職業は船員です。
今の会社は、10日から2週間働いたあと3,4日連続の休みとなります。
乗船中は、もちろん船で寝泊まりすることになります。
一度出港したら途中で一度も港に戻ることはない、遠洋マグロ漁船のようなわけではなく、基本日帰りです。
だから、毎日上陸して遊ぶことが出来ます。

多くの時間を船内で過ごしているためか、月50,000円の一戸建てでも家賃は割高であると思います。
休みの日は趣味の登山をするので、家にいる時間は非常に少なく、光熱費は基本料金内に収まることがほとんどです。(一度、冬期に水道管が破裂して莫大な水道代を請求されたことがありました。笑)
個人的には完全従量制にして欲しいところですが、業者にそのようなプランはありません。
特にプロパンガスが割高に感じます。

 

~以下、丁寧語による記載はなし。~

 

以前、毎日小さなお風呂に3分の1程度湯を入れて入っていただけなのに、月7,000円オーバーという高額な料金を請求されたことがあってからは、お風呂はシャワーだけで済ませるようになる。
しかし、寒い季節は特に、ざっとシャワーを浴びで体を洗っただけでは、体の垢は落ちない。
いつの間にか頭が痒くなって仕方がなくなる。身だしなみのために風呂に入りたいだけなのに。

 

今現在、単身用の住宅も少ないと感じる。
ワンルームマンションと呼ばれるものが多数存在するのは都市部だけで、地方都市にもあるにはあるが、数が少ないため割高な家賃となってしまう。
妥協してアパートに住むと、非常に安普請のため、近隣住民からの騒音に悩まされることになる。
自分は多少神経質だが、世の中には本当に無神経な輩が存在する。
割安なアパートほど生息数が多くなる傾向となる。(確かめた訳ではない。妄想だ。)
昼夜問わず、無神経な生活音で、私の静かな生活が脅かされる。
そんな毎日にストレスは堆積してゆく。
お金を払ってストレスを受ける。

 

こんな生活が堪らなく不愉快になって、前の住居である一戸建てに引っ越したものの、お隣さんのいる一戸建てであったため、休暇中なのに落ち着けない。
仕事柄、毎日家に帰らないが、本当にたまに家にいると、騒音被害を受ける。
そんな生活にほとほと嫌気が差して家を引き払う。

とにかく、静かな住環境が欲しい。そして家賃が無駄に高い家はいらない。
独り者のおっさんが静かに楽しく住むことができる小さな家を希望しているが、、、現実はない。
有り余る資金があれば、業者に土地を探させて、希望の家を注文して作らせることは可能だろう。
だが、そんなものはいらない。
金だけで作る家などに興味はないし、そんな金もない。
ネットで色々と調べるうちに、非常に興味深いサイトがあることが分かる。
いつかこの主のように、自分の家を自分で建てて暮らすんだ。という気持ちが日増しに強くなる。

 

2013-1-10

そして今、休暇中はプチホームレスを楽しんでいる。
昨夜、目星を付けておいた公園に行ったところ、入り口のゲートが閉鎖されていた。。。
迂闊だった!
都市部では当たり前の夜間閉鎖なのに。
自分の地域は大丈夫だろうと思っていた。

それで仕方なく河川敷に行ったが、不法投棄の問題でどこもかしこも、河川敷に降りる道は閉鎖されている。
ねぐら探しに疲れてお腹が減っていたため、堤防道路の行き止まりで車を停めて車中泊をした。
送電線の架線下で「びぃ~ん」という妙な音がするところで一夜を明かす。
初めて旅や登山のためではない、生活をするために野宿をしたが、気持ちが滅入る。
なにか社会から取り残されているような感じがする。
好き好んで、家を出て野宿しているのに。
ちょっとした意識改革が必要と思われる。

 

おわり

スポンサーリンク