Sacramento再び

こんにちは。からあげです。

Greyhound車内で充電中。Wifiも使える。

クーラーの効きが悪いのは我慢しよう。

途中のバス停でトイレ休憩

ここで信じられないことが起こる。

凄い適当

こうしたコンビニ前がバス停となっている。

Sacramentoに到着

BackPackは自分で下ろす。

Greyhoundは空調の効きが悪くて最悪だった。熱気がこもり車内は蒸し暑い。シートに触れる背中とお尻が汗をかいた。

出発間際に乗ってきて息をハアハアしていたおばさんは私の隣に座った。半袖で私の腕に触れて不快だった。スマホを何処かにしまったが、忘れたようでゴソゴソしていた。極めつけは途中、バス停に停まった時、ゲロを吐きやがった。幸い外に出ようとしていた時で助かった。ゲロを吐く少し前、私に何か言ってきたが、意味不明なので無視していた。少し気の毒な気もしたが、余計なことに関わるのは止めた。人の体調はどうにもならない。自分で良くするしかない。

今日はSierraの残りを歩き終えてAshlandに戻るところだ。渡渉に失敗して沈んでいた当時とは大違い。私を苦しめた雪はすっかり消え、Creekは穏やか。Sierraは順調そのものだった。蚊の大群に囲まれてかなり不快な思いをしたので、Sierraが終わってホッとしている。残すは1000mile弱。スキップ作戦が成功し、再び時間の余裕ができた。Washingtonでの雪に気をつけるのみ。

体調はかなりいい。慢性疲労は消え去った。おそらくCanadaに行くことができるだろう。あとはどうやって行くか、その過程だ。楽で楽しくもいいが、多少の厳しさは欲しい。Cascade LocksでのPCT DAYSのイベントでゆっくりしてからはラストスパートをかける。

バスステーションの近くで晩飯。

他人の目などイチイチ気にしていられない。

警察署のような施設。

パトカーが並んでいる。

日陰でたむろするホームレス

Greyhoundのバスステーションの近くにはたいていホームレスの姿がある。ハイカーTrashな私は風景に溶け込んでいる。

日当たりが良すぎるバスステーション

中は人でいっぱい。

天井が無駄に高くて空調の効きが悪い。

アメリカでは自販機は珍しい。

大きな駅くらいしか見当たらない。

お金は1$と5$のみ。微妙に使い勝手が悪い。

硬貨返却口

微妙に小さくて取りづらい。こういうところが凄く不親切。やっぱりアメリカだなあと感じる瞬間。

コーラ600mlで2.5$。

Combosを付ける。

チープなサンダルに履き替えてリラックスモードに移行。

こいつは序盤のJulianで買ったもの。ペラッペラで携帯しやすく気に入っている。東京に着いたらまたサンダルに履き替えよう。

今、バスの乗車が始まってほとんどの人が乗り込んで静かになった。隣で長電話しているおばちゃんが黙れば快適そのものだ。どうして女は電話が好きなのか。

早くTrailに戻りたい。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク