Vancouverから国境を越えSeattleへ

こんにちは。からあげです。

昨日は結局公園で泊まった。駅のベンチのシートは仕切りが邪魔で寝にくいようになっていた。危険でも少しでも多く寝たかった。

泊まった公園は夜景スポットで家族連れからカップル、若者グループが深夜までいて落ち着かなかった。しかし、平らな場所だったことが幸いして、3時間は寝ることができた。

今日は昼前、Greyhoundバスに乗って国境を越えて再びアメリカに戻ってきた。入国審査にはあっさりと合格して拍子抜けするほどだった。国境を越えてからしばらくすると雨が降り始めた。

駅のベンチ

24時間開放しているので野宿可能だが。。

この仕切りが邪魔。

試しに横になってみたが、仕切りが脇腹に食い込んで痛い。

こんなんじゃ寝られない。

近くの公園でカウボーイキャンプをした。

海辺のベンチで朝食をとる。

駅に戻ってきてトイレで洗濯。温水が出るのでチャンス!!

バックにかけて干す。悪い気を起こさせないためでもある。

国旗が半旗になっていた。何があったのか?

今日も元気に餌をねだる。控えめなところがいいね。

駅前のポスト

カナダのポストは凄くカラフル

自転車置き場。後輪とサドルがない自転車が放置されていた。

Seattleに到着したころには小雨となってスマホを使うことができた。助かった。

バス車内で予約したホステルへ向かう途中、前を歩いていた男が道端に落ちていたコンクリートブロックの破片を拾って、手に持って歩き始めた。それを見てヤバイと思ったが、足が痛くて思うように歩けず、平静を装って付いて行った。

Seattleに到着、相変わらずのGreyhoundのターミナル。Vancouverの場所は良過ぎ。

幸い何事もなく男はまっすぐ歩いていった。

夕食は食材を買ってホステルで食べることにした。ちょうどUWAJIMAYAというアジア食材のスーパーがあったので行ってみた。すると懐かしい日本のものも数多く並んでいて、目に飛び込んできた納豆をカゴに放り込んでしまった。

食事を済ませると、ちょっと散歩に出かけることにした。暗くなりかけのSeattleの町を歩いていると、これまでの町と違い危険がたくさん潜んでいるいることを感じた。早速、私に目をつけて話しかけてきたホームレス、デカイ声で話している怪しげな集団、口喧嘩をしているような騒ぎのバー。

アジア食材を扱うUWAJIMAYA

石灯篭

盆栽風な鉢植え

何?ククレカレーが3.29$だと?けしからん。全く。

シーフードコーナーには鯉のぼり。なんとなく分かるよ。こういうの。刺身が置いてあった。

鰻の試食があったので貰って食べて食い逃げ。Chineseの姉ちゃんすまなかった。

Kinokuniyaもあった。しかし、本は重たいのでいらねー。

ジブリグッズが店頭に置いてあった。アメリカでも人気らしい。

日本食材を手に入れた!!

おっさんの機嫌が50Pアップした。

ホステルに到着。女ってやつはどうして出入り口で集まるのか。

共同キッチンで夕食

サッポロ一番味噌ラーメンに納豆

ああ、美味かった。やっぱり日本食はいい。

今日は雨だったので野宿を中止したが、治安の悪さを肌で感じて宿を予約して本当に良かったと思った。右足が痛くて満足に歩けないうえに、サンダルで出かけるという馬鹿なことをしてしまった。今後気をつけよう。

今後の予定としては、Seattleで休養しつつ、どこかアクセスの良いTrailでも行ってキャンプメインで過ごしたい。大都市は便利だが野宿は危険。かと言って安宿でも連泊すると高くつく。早めに決めてどこかに行こう。

雨上がりのSeattle

ああ、ヤバイ匂いがプンプンするぞ。

割られても交換しない窓ガラス。

明後日まで雨の予報。

観光もいいが、調べものもしたい。やっぱり図書館かな。さっきから客なのに台所周りを片付けているアマ。やっていることはいいが、がんがん煩い。Restaurantで皿を音を立てて洗うやつと同じ匂いがする。
(あとで分かったことだが、ホステルの掃除のおばちゃんだった。物音に無頓着で非常に耳障りだった。)

さあて、そろそろ自室に戻って寝るとしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク