ボーゲンからパラレルターンへ

こんばんは。からあげです。

スキー場にアルバイトにやって来て1周間が経った。
短かかったと言えばそうも言えるし、長かったと言えないこともない。
従業員食堂(略して従食「じゅうしょく」)の仕事は、規則正しいので生活リズムを作りやすい。
毎日の労働とスキーの練習が違和感なく私の生活に渾然一体となって溶け込んでいる。

本当に良いスキー場、良い職場に当たったものだ。

20150130-110415-0

今日の昼ご飯

カキフライとちくわの揚げ物、鶏肉のチリソース炒め
あとはご飯と味噌汁。
3食腹一杯食べられる幸せを毎日噛み締めている。
トレーニングすれば栄養十分なので、確実に筋肉が付いてくれる。
やって来て一週間なのに、もう太ももが一回りくらい太くなったような気がする。

20150130-114446-0

今日の天気は雪
徐々に大降りとなって今までの積雪の上にフカフカの雪が降り積もって非常に滑りやすかった。

20150130-114927-0

まずはいつものいいもりゲレンデのメリーランドコースまでやって来た。
今日もひたすら滑る。プルークボーゲンでターンの練習だ。
ターンの時、山側の板がスムーズに動いてくれない。なぜだ!
自然と後傾となっているようなので、意識して板の中心に乗るようにする。

何度もターンの練習をしていると自然に板が並行に近づいてきたので、意識的に両足を並行にしてターンしてみる。すると未だかつてないくらいスムーズにターンしてしまう。

ついにパラレルターンが出来るようになった!

まだ綺麗とは言いがたいが板を並行にしたままターン出来る。
もう嬉しくて嬉しくて涙が出そうになった。

20150130-124804-0

パラレルターンの味をしめてリフトを乗り継いで上部のパウダースノーコースまで上ってきた。
雪は大降りとなってどんどんと積もっている。当り一面はふかふかのパウダースノーだ。
ターンする度に雪煙を上げて下ってゆく。途轍もない爽快感が体を突き抜ける。
もう楽しくて楽しくて仕方ない。

20150130-130836-0

足元を見てニンマリとする。
パラレルターンが出来るようになったのはおっさんになってから。

20150130-135452-0

もうイケイケで今度は隣のとおみゲレンデの最上部に向かう。
初めてのとおみゲレンデを滑る。
途中でコケて板が外れる。

20150130-135928-0

とおみ第2ペアリフト(745m)は途中でテレキャビンの軌道下を横切る。
徐々に滑ることの出来る範囲が広くなってくる。

今日ほどスキーをやっていて楽しかったことはない。
これまで何回かスキー場に行ったことがあるが、いつもボーゲンの練習で終わっていた。
毎回、何かコツを掴みかける前で終わってしまい、集中して練習することが出来なかった。
しかし今度は違う。アルバイトの合間にタップリと練習できる。
寮からゲレンデまでは歩いて5分の距離で、仕事が終われば直ぐに滑りに行くことが出来る。
ナイター営業もやっているので、もう少し上達すれば少し急なナイター設備のあるゲレンデにも夜に滑りに行くことが出来る。

パラレルターンの壁に阻まれて何度悔しい思いをしたことか。
それをようやく突破することが出来た。
しかし、まだまだこれからだ。ようやくスキーヤーのスタート地点に立ったに過ぎない。
バイト終了まで練習をしまくって来シーズンに繋げたい。

20150130-200350-0

昨日までは休憩室でパソコン作業をしていたが、今日はベッドの上でNHKーFMを聞きながらパソコンを弄っている。集中できていい感じだ。確定申告の準備はベッドの上でやることにしようか。

山小屋から持って来た合板を敷布団の上に置くと、パソコンがグッと安定して操作しやすくなった。
とってもいい。よしそろそろ寝るか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『ボーゲンからパラレルターンへ』へのコメント

  1. 名前:yuta 投稿日:2015/02/01(日) 19:23:58 ID:ba3bb8083 返信

    こんばんは。
    十年前までは自分もスキーやってたから懐かしいです。
    スキー場の混み具合はどうですか?昔はリフト待ち30分とかありました。

    スキーの姿勢が後傾だと確かに曲がりずらいですね。
    ストックを持つ両手を意識して前に構え、常にそれが視界に入っていると後傾が
    解消した記憶があります。
    曲がるときは、例えば右の場合。ここで曲がるという少し前で右手のストックを
    右前に突きます。すると自然と上半身が右に開き、下半身と上半身のひねりが生じ
    続いて下半身が遅れて付いてきますので曲がりやすくなったと思いました。
    視線を右に向けるのも重要ですね。

    ストックの使い方を、早く突いたり、遠くに突いたりと色々試してみるのもいいかも
    しれません。

    お試しあれ。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/02/01(日) 21:23:40 ID:39db12239 返信

      昔みたいなリフト待ちはありません。
      土日だと5分位待つことがあるかもしれませんが、大体はスムーズに乗れます。

      スピードが出て怖いので後傾になっているのでしょうね。
      コケても大して痛くないので前傾になるくらいの勢いで滑ってみようと思います。
      どうもコツの伝授ありがとうございます。