レギュレーターストーブ ST-310 耐寒性能テスト その2

こんにちは。からあげです。

昨日ブログ更新後、ロフトに上がって読書をしようとすると、急に睡魔に襲われてしまった。
読みたい本があったが、眠気には勝てないので、しぶしぶ眠ることにした。

スポンサーリンク

レギュレーターストーブ ST-310 耐寒性能テストその2

今日は再び目覚ましをセットして5時に起きた。
天気予報では、寒さは今日までということだったので、早起きしてレギュレーターストーブST-310の耐寒性能テストを再び行うことにした。

前回のテスト時の気温は、マイナス2度とそれほど低くなかったし、明るくて炎の様子の画像が綺麗に撮れなくて、モヤモヤとした気持ちになっていた。
このまま中途半端なまま放っておきたくはなかった。

レギュレーターストーブ ST-310 耐寒性能テスト
こんにちは。探検家のからあげです。 本日は愛用のガスストーブのレギュレーターストーブ ST-310 の耐寒性能テストを行いました。 寒さに強いという触れ込みなので、実際に試してみました。 結果はどうなったのか、本文を御覧ください。

2016-01-26-054101

使用する機材

SOTO レギュレーターストーブ ST-310
カセットボンベ(ホームセンターに売っているような1本100円程度の普通のボンベ)
アルミ風防(MSRガソリンストーブ用)
アルミ角型コッヘル(容量1.5L)
アルコール棒状温度計(-20℃~105℃)

使用する機材は、前回と同じものに温度計を追加した。
水温を測ってテストの正確性を高めた。

燃焼テストの方法

今回の燃焼テストは、レギュレーターストーブST-310のみ、ガスストーブ本体とボンベを外気で十分冷やしてから、合板の上で行った。
水温2℃の水1Lが最大火力で沸騰するまでに要する時間を計測する。
それほど風はなかったが、前回同様にガソリンストーブのアルミ風防を使用した。

テスト時の気象

天気 晴れ、風向風速 北西の風 0.5m、気温 マイナス9度、気圧 921hpa(Gショック RISEMAN搭載の気圧計で計測)

今回の気温は-9℃と前回の-2℃に較べて7℃低かった。
なるべく気温が低い状態でテストを行いたかったので、早起きして夜明け前の一番寒い時間帯に行った。

2016-01-26-054534

テスト前にコッヘルの水温を測っているところ。
水を入れたコッヘルに雪を入れてしばらく外に置いていた。
テスト2回とも水温2℃だった。

テスト1回目

2016-01-26-054717

5時45分よりスタート

始めは勢い良くガスが出ていたものの、徐々に火力が衰えてしまう。
テスト開始時のガスの残量は178g、前回テストに使用したボンベを今回も使用した。

2016-01-26-055821

スタートから12分経過したところ。
火力が落ちて、水が沸騰する気配はなし。
コッヘルの底に気泡が出てきたところからほとんど変化がなくなった。
これ以上テストを続けてもガスのムダと判断し1回目を終了することにした。

2016-01-26-055843

1回目テスト終了時の炎の様子
(テスト開始時は撮影せず)
火力調整ツマミをいっぱいに回して全開にしているが、通常の弱火程度の火力しかない。

テスト2回目

2016-01-26-060533

テストスタート時の炎の様子

2回目のテストは、午前6時5分よりスタートした。
1回目は使いかけのカセットボンベを使用して、火力が落ちたと思ったので、2回目は新品のボンベを使用した。

テスト前 ボンベの重量 350g(フタ無し、ボンベとガスの重量)
テスト後   〃    330g(同上 20g使用)

今回は、テスト開始時から大きな燃焼音を立てながら勢い良く燃えていた。
1回目と炎の勢いが全然違う。

2016-01-26-061452

水が沸騰するまでの時間 8分58秒

スタート時に較べて多少火力が落ちたが、大幅なパワーダウンをすることなく勢い良く沸騰してくれた。

2016-01-26-061530

沸騰時の炎の様子

2016-01-26-061547

コッヘルを退けたところ。
スタート時の画像を見比べると火力が落ちていることがよく分かる。

2016-01-26-062108

ボンベを雪に埋めて燃焼テストを行ってみた。
この火力ならなんとか調理できそう。

2016-01-26-070430

今回のテストの感想

予定ではテストは3回行おうと思っていたが、寒さで体が冷えてきたので、テストは2回で止めることにした。
テストの回数はたったの2回と十分ではないが、ボンベのガスの残量さえあれば、低温下でも十分使用可能なストーブだと分かっただけで良しとした。

寒冷地での使用では、ガスが気化しにくいので、火力が低くなるが、ボンベを触って手で温めたり、服で包んで温めてたりしてやれば、火力ダウンを抑えることが出来る。
このST-310の寒冷地性能であれば、気温0℃程度なら問題なく使用出来るだろう。
今後も車中泊時のメインストーブとして活躍してもらうことにしよう。

ストーブのメンテナンス

2016-01-26-085211

テストを行ったついでにST-310とマイクロレギュレーターストーブSOD-300Sのメンテナンスを行うことにした。
実は、ST-310のテストと同時にSOD-300Sのテストも行う予定だったが、点火スイッチが壊れていたので、やる気が失せてしまった。

用意した道具は、CRC、真鍮ブラシ、ウエス、シリコングリスだ。

2016-01-26-085234

ST-310のバーナーヘッド部
調理中に吹きこぼれて錆びてしまっている。
真鍮ブラシで磨き、CRCを吹きかけウエスで拭いておく。

2016-01-26-090027

こちらはSOD-300S
前回使用したのは、2年前の笠ヶ岳~槍ヶ岳の縦走登山だったような気がする。
最近は、コストの安い、ガソリンストーブ(EGK-EX)やST-310ばかり使っていた。
去年の夏、北海道に出かけて半年留守にした時、小屋の中が湿気でカビてしまった。
その時の湿気のため、点火装置が錆びて壊れてしまったようだ。

これまでノーメンテで使ってきたお詫びにしっかりとメンテを行う。
ボディーのあちこちに白っぽいサビが浮いてきているので、真鍮ブラシで綺麗に磨いてサビを落す。
そしてCRCをたっぷりと吹きかけウエスで拭き取る。

2016-01-26-092314

ストーブのOリングにシリコングリスを塗る。
綿棒に付けて薄く塗った。

2016-01-26-092209

ST-310のOリングの様子。
奥の穴の内側にもOリングが取り付けられている。
ボンベを抜き差しすると擦れるので、シリコングリスで滑りを良くしておく。

2016-01-26-091932

SOD-300SのOリングの様子
こちらもOリングは2つある。
内側と外側のOリングにグリスを塗って滑りを良くしておく。

2016-01-26-092819

メンテナンス後のテスト

始めはCRCの成分が燃えて黄色い炎だったが、すぐに青色の炎に変わった。
小屋の中は温かいので、バルブは全開にしない。
これで半開にもしていない。

2016-01-26-092430

SOD-300SをOD缶に取り付けたところ。
純正オプションの風防も取り付けた。

2016-01-26-092559

点火装置が壊れてしまったのが痛い。
しかし、その他は異常はなし。
寒冷地仕様のボンベを付けたので、炎の勢いが凄い。
ちょっと開けただけで火柱が上がる。
このSOD-300Sは、今後あまり使うことはないような気がする。
可哀想だが、箱の中でしばらく眠って貰うことにしよう。

2016-01-26-093538

ST-310とSOD-300Sを折りたたんで、大きさの違いを較べてみた。

ST-310  350g
SOD-300S 73g

説明書によれば、重量は以上のようになっている。
大きさも違うが、重量の方の差が大きい。

あとは、耐久性の違いが気になるところだ。
やはり道具なので、定期的に使ってやった方が長持ちするだろう。
ST-310は車中泊で使いまくるので問題ないとして、SOD-300Sは今後使う予定はないので、半年に1回くらいは箱から出してお茶でも沸かすことにしようか。
いつでも使えるように定期的に使ったついでにメンテをして性能を維持しておこう。

今日は早起きしたし、昨日の疲れがまだ抜けていないので、これから少し昼寝でもするとしようか。
そして起きたらラーメンを食べよう。
なんだか頭がボーッとしてきたぞ。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!