みちのく潮風トレイル スルーハイク8日目~玉川キャンプ場から黒崎まで

こんにちは。からあげです。

今日は車道歩きが多い一日だった。
歩道のない国道を歩くのはかなり辛かった。
四国遍路で慣れたとはいえ、ヒヤヒヤドキドキの連続。
それでもなんとか乗り切った。

途中、何度もコースを間違えてしまい、無理に戻ろうとしたため余計にタイムロス。
そして、一番痛かったのは、黒崎手前の遊歩道が工事中で通れなかったことだ。
お願いしても通してもらえなかったので、かなり戻って車道を長いこと歩かなければならなかった。

rps20161014_162638

昨日の玉川キャンプ場は貸し切り状態だった。
飯を食べると電子書籍を少し読んでから寝た。
キンドル端末は電気を食わないのがいい。
暇つぶしにスマホを弄っていると直ぐに電池がなくなってしまう。

rps20161014_162654

今日の朝ごはん。
大麦入り白ご飯にカレーと具だくさん味噌汁。
玄米を食べたいが、浸け置きしておかないと、芯が残って旨くないので、今回は白米を食べている。
食物繊維を補うために、少量の大麦を混ぜている。
そのため、毎日のお通じはある。

rps20161014_162713

今日は4時にちゃんと起きて活動を始めた。
出発は6時ちょうど。
ちょうど朝日が昇ってきた。

rps20161014_162727

玉川海岸に下りると流木がてんこ盛りとなっていた。
これはいつのものだろうか。

rps20161014_162742

玉川海岸を振り返る。
ここで泊まってキャンプファイヤーをやっても良かったな。
どれだけ燃やしても燃料がなくなることはない。

rps20161014_162805

国民宿舎えぼし荘の入り口の看板。
鮭の子供らしい。
サーフボードを持っておませちゃんなんだから。

2016-10-14-092013

道路脇に縦列駐車してある漁船。
小さな漁港へ下りてゆく道はたいていこんな感じ。

rps20161014_162835

交通量の少ないトンネルを歩く。
先ほど、ナイスな野宿適地を見つけてご機嫌なおっさん。

rps20161014_162855

夫婦岩をスルーしてしまう。
昨日も同じような岩があったからヨシとしよう。

rps20161014_162918

ヘルプミー!
これが正規のルート。
地図がないと入り口が全く分からない。

rps20161014_162821

三陸鉄道の陸橋。
凄い高さがある。

rps20161014_162956

譜代(ふだい)の町の中のお店でパンを購入する。
美味しそうな魚が売っていたのを見てヨダレが垂れそうになった。
買い物中はソーラーパネルで発電しておく。

rps20161014_163010

譜代水門

東日本大震災の時、この水門で津波の勢いが大幅に軽減されて死者が出なかったそうな。それで奇跡の水門と言われている。
当時、建設を強行した村長は随分とやいのやいの言われたことだろう。

rps20161014_163024

流木の山

薪になるように適度にカットしてある。
よく乾燥しているから、ちょっと寝かすだけで燃えてくれそう。

rps20161014_163040

太田名部(おおたなべ)漁港

たくさんの漁船が停泊していて凄く賑やか。

rps20161014_173909

海岸線の道路を歩き黒崎(くろさき)へ向かう。
潮風が気持ち良い。

rps20161014_163147

黒崎手前の海岸沿いの遊歩道は工事中で通れなかった。
お願いしてみたが、落石で危ないのでダメ、と言われてしまった。
このタイムロスと体力の消耗が痛かった。

2016-10-14-121709

移動式のトイレ

今はこんなものがあるんだな。
昔はそこら辺でしていた気がする。

rps20161014_163204

急傾斜の道路を歩く。
ダブルストックの有り難みを感じた。

rps20161014_163222

おや、チョッパーじゃないか。

rps20161014_163237

ルフィーもいる。

rps20161014_163253

ちゃんとした本物だった。
最近の工事現場はしっかりしてるな。

rps20161014_163307

黒崎展望台からの眺め。
急な坂道を延々と歩いてきたお陰で凄く嬉しくなった。
体に景色が染み渡る。

rps20161014_163321

黒崎灯台

断崖の上に立っているらしい。
ぜひとも海から見たいものだ。

rps20161014_163336

こっちはアンモ浦展望台からの眺め。
これは凄い。

rps20161014_163352

今日は黒崎のキャンプ場で泊まることにした。
最近、ちゃんとしたとこばかりなので、おっさんは不満だったが、この先のことを思うとここで泊まって態勢を整えようと思った。

昨日は料金を取りに来なかったけど、今日はおっちゃんが取りに来た。
フリーサイト300円。リーズナブルで満足。

近くの国民宿舎で日帰り入浴ができるので、まだ3日しか経っていないのに、温泉に入ってしまった。
ちょっと贅沢過ぎやしないか。
スキンヘッドにして髪の毛を伸ばすと後で剃るのが大変だし、石鹸の匂いをさせておけば熊よけにもなるから奮発してしまった。

この先、黒崎から北山崎の断崖にはクマが住み着いている、とおっちゃんから聞いた。
朝早いのでクマが徘徊している可能性もある。
クマとバトルも面白いかもしれないが、お腹が空くので普通に通りたい。

さあて、真っ暗になったことだし、そろそろご飯の準備を始めるとしよう。
お昼がパンだとお腹が空いてしかたない。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『みちのく潮風トレイル スルーハイク8日目~玉川キャンプ場から黒崎まで』へのコメント

  1. 名前:白山室堂御前荘 投稿日:2016/10/16(日) 07:54:48 ID:34e61a784 返信

    最近は、日本でも観光観光と叫ばれているが、欧州では、主要道路に徒歩旅行でも耐えられるような歩道があるのですが、やはり、モータリゼーションといったらいいのか、そういうものを作らないですね。

    からあげ隊長、国道危機一髪は、ちょっと熟考すれば、一冊の本になりますよ。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/10/16(日) 19:02:09 ID:a2455c0a2 返信

      道路の酷さを愚痴ってもどうにもならないので、どう安全に歩けるか考えてゆきたいですね。