都会の暮らしにもう飽きる

こんにちは。からあげです。

今日はSeattle滞在2日目。

昨日、コーヒーを飲んでしまったため、なかなか眠れず。3時間ほどしか眠れなかった。コーヒーの他にも他人との距離が近かったということもあったと思う。

早くTrailに戻りたい。PCTを歩き終えたところなのに、早くも町の暮らしに飽きてしまった。同じ宿に連泊するが、部屋が違うため全ての荷物を持って外に出た。小ぶりなバックパックが一つ。他の客は大きなバックパックやスーツケースを持っている。驚いたことにノートパソコンを持っている人が多い。人気なのはMac Book Air。

私は荷物を軽量化をするためにスマホと折りたたみキーボードを選択した。キーボードは途中で壊れてしまったが。

始めはアウトドア用品店のREIに向かった。凄く大きいらしいということだったので期待して行ったが、無駄なものがたくさんあるばかりで、私には必要なものがなくてガッカリした。

中途半端なクッションのベッド。

ようし、活動開始だ!

なぜか日本語表示もある標識。

これくらいは分かるだろ? これはイチロー効果なのか?よう分からん。

電気を無駄遣いする噴水。

SeattleのREIはフラグシップ店らしい。

入り口が分かりにくくて無駄に歩いた。

入口からクネクネ曲がったトレイルを歩く。

私は歩きに来たんじゃないんだ。と叫びたくなった。英語で何ていうのかな?

ようやく入口にたどり着いた。わたしゃ足が痛いんだよ!とジジ臭いことを思う。

ドアの取っ手がアイスアックス。

ログハウスだと流木が定番。なんだかね。

すっごい広い店内。どこに何を置いてあるのやらサッパリ。

こんなハーフメッシュのテントがハイカーに人気だった。機能的とは思うが、重さがね。

それにポールが複雑。山の中で頭を使いたくない。

シンプルが一番。今欲しいシェルターがあって日本に帰ったら直ぐに買う予定。自立式のテントはもういらねー。快適すぎて(サイト設営時のみ)ツマラナイ。

店の外で打ちひしがれるおっさん。

もう自分は真人間に戻れないのでは?

小屋暮らしを始めた時もそうだが、自分に必要なものとそうでないものの区別がすぐにできるようになった。今度はアウトドア用品。店内を一周してもおっさんは興奮することはなかった。見かけ倒し。

タオルを買おうとHardwareのお店に行ったが置いていない。なぜかチェーンソーが目立つ店頭においてあった。町の人がチェーンソーを使うのか?

中央図書館は私を裏切らなかった。馬鹿でかい建物にぎっしりと本や雑誌などが詰まっていた。英文を読むと果てしなく時間がかかるので、写真がメインの本を読んだ。(?)

Seattleの町にさっぱり興味が湧かないので、さっさと宿に戻ることにした。都会はインドア、田舎はアウトドアに限る。

フードコートにTAKOYAKIを見つけたので食べてみる。全くの日本のタコヤキそのものだった。8個入りチップ込みで8.5$には参ったが、日本の食べ物の欲しさには敵わなかった。

中央図書館

お前だけだよ、オイラを楽しませてくれるのは。

太っ腹〜

あちこちで電気をとれるため、ホームレスがいっぱい。今時ホームレスもスマホを持っている。

ふむふむ。

リビングルーム。みんな凄く寛いでいた。

急過ぎる坂。Jimnyだと横転するかもね。

そういえば、町中で1台Jimny見かけたな。あれは完全なオタクだった。

UWAJIMAYAのフードコート

おっ、たこ焼き屋を見つけたぞ!!

味は全く同じ。マクドナルドと同じだ。

よくぞコピーしたね。

それにしても8個入りチップ込みで8.5$って舐めてるだろ?

食材を日本から取り寄せているので仕方ないのか。

KINOKUNIYAも覗いてみる。

天空の城ラピュタのセリフなし音楽のみが流れていた。音だけで映像を脳内再生できる自分は変態だな。

店内はアニオタを意識したラインナップ。体のゴッツいアメリカ人もいて笑った。

PCTを歩いているうちに一般人とは感覚が異なるようになってしまったようだ。これまでもそうだが、より一層感じられるようになった。町の不自然さに違和感を感じる。小奇麗な町並み、シワひとつない真っ白なシャツ、ピカピカの車、馬鹿でかいサイレンを鳴らして走る緊急車両、スタジアムからおそろいのユニホームで出て来る客、本当に好き好んでそんなことをしているのか?

私といえば、馬鹿みたいに毎日Trailを歩き、食料を大量消費してWildernessに大量の糞尿を撒き散らしてきた。Trailに縛られて寄り道、ゆっくりできなくて、途中何のためにPCTを歩いているのか分からなくなった。

単に歩かされていただけ。PCTスルーハイカーという肩書欲しさに。自分で自分の行為を呆れていた。

宇和島屋で日本人のおばちゃん店員たちが日本語で話していたので、ノートとタオルを売っているところがないかと聞くと、ダイソーを教えて貰った。私の求めていたのはコレ。高級店ではなし。

本日のMVPは間違いなくダイソー。

おっ?あったぞ。

支払い済みのシール

返品不可のスタンプもレシートに押される。変な客向けだね。

店先で東京スカイツリータオルの引退式を手短に行う。

よう頑張ったな。このタオルの耐久性は凄い。

クッ苦しい〜

バカヤロウ苦しいじゃねーかよ。

長い職人タオルを購入。汚れが目立つんだよな。

よし、ハイカーTrash度が下がっておしゃれさんになったな。

おいおいたけーよ。海を渡ると倍になる。

アメリカにジャガリコ工場作ったらいいじゃないか!

宇和島屋で買った食材で夕飯。ああ、美味いね。

首に職人タオルを巻くおっさん。

明日もホステル泊で明後日Seattleを出ることにした。

どこへゆくのかはお楽しみとしてとっておくことにしよう。今日は何だか疲れたね。愚痴だらけになってしまったし。

早めに寝てスッキリしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク