秋晴れのPortland

こんにちは。からあげです。

今日は早朝のバスに乗ってAstoriaからPortlandにやって来た。町は飽きたと言いながら来たのは、Greyhoundのバスステーションがあるからだ。はっきりしない天気のWashingtonから出たかったこともある。

AstoriaはすでにOregonで太平洋の近くにある港町のため、移動するには何かと不便だった。Portlandまで出てくれば、バスを乗り継いで好きなところに行ける。

今朝、雨が上がってからツエルトの撤収をしていると、近くでパーン、パーンという大きな音が聞こえた。朝から爆竹を鳴らすなんて迷惑な奴だ。しかし、よくよく考えてみると銃声に違いない。あの乾いたまるで爆竹のような音。日本では特殊な地域でしか聞こえないが、アメリカでは全然珍しくない。しかし、あれだけ何発も住宅街の近くで発砲したのに、パトカーが来る気配はなし。音のした方と反対側を下って町に下りた。

トレイルを下りると大学の構内に出た。昨晩大音量で音楽流しやがって。

それより早く町に向かおう。ここも危険だ。

町に下りて一安心。しかし、7時を過ぎているのに誰も歩いていない。日本だとジジババが大挙して散歩中だというのに。

桟橋には電車が走っている。昨日見かけたのだが、写真を撮り損ねた。

真っ直ぐな道だ。

桟橋の下からオットセイのようなフガフガという鳴き声が聞こえる。警戒心が強いらしくパンを投げても出てこない。

かなり離れているのだが、昨晩寝ているとよく聞こえた。

バス停で待つ。

時間通りに来ないのはいつものことだ。

Portlandまでバスに揺られること3時間。見慣れたGreyhoundのバスステーションに着いた。周辺にはたくさんのホームレスがいて歩くのに気を使う。いつものことだが、慣れたころが一番危ない。目を合わせず、話しかけられても知らんふりして歩いた。

Willamette River沿いのサタデーマーケットを覗きに行った。やはり自分にはどうでもいいものしかなく白けてしまった。それにしてもアメリカ人は8,10$もするような食べ物をどんどん買ってはぱくついていた。どんだけ稼いでいるのか?と言いたくなった。PCT後は節約モードに入っていて、贅沢をしたのはUWAJIMAYAの8.5$のタコヤキくらいか。アメリカでは気をつけていないと、どんどんとお金が消えてゆく。

正直なところ、早く日本に帰りたくて仕方ない。アメリカで余計なお金を使うくらいなら、日本で自分が必要としているものを買いたい。今は自転車やその装備品の資金を貯めておく必要がある。

別の会社のバスなのになぜかGreyhoundへ。よう分からん。

広い待合室。セキュリティが目を光らしていた。

最奥のトイレは閉鎖中。

使えないようにしておけば、トイレは汚れない。直ぐに汚したり破壊したりする質の悪い奴がいる。

すんげー迷惑。

すぐ近くのUnion Stationへ。Amtrakという電車の駅。高いから乗らない。Greyhoundで十分。

うう、漏れる〜。トイレに駆け込み用を足す。ん?

なんだこの薄っぺらい便器は。しかも隣と近い。見せ合いっこしろってか。

ホームレス対策用?

町のあちこちに常時出ている水飲み場がある。バルブを付けても破壊されるからかな。

ピザ屋さんのカウンター。

刑務所の独房のような感じ。どんだけ治安悪いんだよ。

あれ?

Willamette River沿いのSaturday Marketへやって来た。人がたくさんいて賑やか。

じゃんじゃんお金使ってね♪

移動式ATM

このバックパック。どこから見てもホームレスだよな。

生活感出過ぎ!!

アメリカの公園は芝生がきれい。

何だ?この人だかりは。

なんとApple Storeだった!!

またもや図書館へ。

ホームレスの拠点だ。

怪しい人、バックパッカー、ホームレス、暇人に混ざって雑誌を読む。ふむふむ。

なんだか眠たくなってきた。

ねぐらを求めてWashington Parkまでやってきた。

人が多くてツエルトを張れそうなところは見当たらない。

しかし!!神は見放さなかった。

どこからも死角になっていて安全。日が暮れたら見つかる恐れはなし。ホームレスの影はないので安心して過ごせる。

足が痛いのに歩いた甲斐があった。

しかしここは明日まで。月曜日は工事が再開するので危険。

さあてPortlandまで来たはいいが、やることがない。どうしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク