最後のお楽しみの手配

こんにちは。からあげです。

今日もSan Franciscoの図書館からお届けする。

町の夕暮れ

むふふ。

殺伐とした帰宅ラッシュ

クラクションや怒号が聞こえる。まあ怖い怖い。

ケーブルカーの方向転換は人力。意外と軽い?らしい。

昨晩も同じねぐらで寝た。

この公園かなり寝心地がいい。

朝はジョギングや散歩の人でいっぱい。

よほどのことがない限り寝過ごすことはない。

高圧洗浄機で掃除する。

ホームレスが追い出されてやいのやいの言ってた。

もとは痰、ツバ、飲みかけのコーヒーなどで真っ黒だった。

朝の通勤ラッシュも殺伐としている。

多くの人は手にコーヒーカップを持っている。アメリカ人のコーヒー好きは異常。

ボロボロの車

タイヤには輪っかがはめられていた!

コインランドリーの前を通ると、、、

あれれ?

アメリカ人は容赦しない。

そのうちホームレスが拾って行くんだろうな。

道路脇には割れた便器が!

今朝はJapan Townまで散歩。

すっごい中途半端な松

五重の塔

鉄格子の中に住む人々

Safe Wayで貰った紙袋

適当なものを一時的にいれておくのに便利。しばらく仲間入りすることになった。

今日はJapan Townに行ってみたが、拍子抜けするほどつまらなかったので、すぐに図書館に行って情報収集を行った。足を治すのは、多分アメリカ滞在中は厳しい。まともなものを食べずに。十分な睡眠だってとっていない。このままダラダラ過ごすのはあまりにもったいない。

そこでどこか良い場所はないかと物色していた。渡米前から目をつけていた無人島があって、そこで3泊4日のキャンプをすることにした。オートキャンプではなくテントオンリーのキャンプ場なので、寛ぎやすいのではないかと思われる。昼前からずっとスマホを弄ってバス、船、キャンプ場の予約を行っていた。あと数点解決しないといけない問題があるので気を抜けない。たかがキャンプ場で泊まるだけなのに、どんだけお金が必要なのか?PCTにでも戻ろうかと何度も考えたが、歩いた場所に戻るのはつまらない。

知らない別の場所に行きたかった。

Los Angeles出発まであと2週間。出発前日は空港に泊まることにして、その前の2日間はホステルに泊まることにした。早めに予約した方が安いし、泊まる場所を確保して心のゆとりを持ちたかったこともある。今は常にバックパックを背負った状態なので、移動するのが余計に煩わしい。早めにチェックインして身軽にLos Angelesの町を歩きたい。

無人島キャンプがほぼ決まってなんだか楽しくなってきた。きれいな海で泳いだり、洞窟探検なんかもしてみようか。たぶん圏外なので、ブログ更新は無理だが。

さあて、明日はAlcatraz Islandに上陸して刑務所を隅々まで見学しよう。寝坊しないように目覚ましをセットして寝ようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク