Ashlandまでスキップ

スポンサーリンク

こんにちは。からあげです。

 

今日は眠たくて仕方ない。

昨日乗ったGreyhound。途中で停車したバス停に交代の運転手が来なかったため、バスはストップ、5時間以上待たされる大変な目に遭ってしまった。

休憩で停まったはいいが、運転手の様子が何か変。
駐車場にいた係の人となにか揉めていた。

いつまで待たせるんだ!

動く気配のないバス車内で待ち続けた。
他の乗客は完全に諦めていたようで、スマホなんかを弄って時間を潰していた。
こんなことはよくあることなのか?

歩いて10分ほどのドーナツ屋に行ってあれこれ買ってきた。
昨日の晩、マルチャンを食べたきり何も食べていない。

とうとう夜が明けてしまった。

結局、交代の運転手は現れず、あとから来た同じ方面のバスに乗り換えることになった。

途中のバス停に停まって休憩する。

バスはMedfordという、TrailタウンのAshlandから北10mileほど離れた町に到着した。
ここからTrailHeadまではInterstateと呼ばれる州間高速自動車道の入口でヒッチして移動することにした。

Medfordは大きな町で移動するのが大変だった。
始めヒッチをした場所はカーブの途中で危険だった。
そのため、途中で隣のランプまで移動することになった。
距離にして4mile近く。
寝不足の体にはかなり堪えた。

Interstateのランプは複雑でヒッチポイントに辿り着くまでが大変だった。
着いてからも大変。
ヒッチを開始すると反応の悪さに愕然とした。
私がサムアップするとみな不機嫌な顔をして通り過ぎてゆく。

ヒッチの何が嫌だと言えば、やるとマイナスの感情を浴び続けなければならないことだ。
ただ突っ立っているだけで疲れないと思っていたら大間違い。

罵声を浴びせられることもある。今日はホームレスからヤイヤイ何か言われた。
お前らは関係ないだろう?
なぜ、そんなにタダ乗りが嫌いなのか?
他人が得するのが大嫌いな人間が増えている。

ヒッチ2回目のポイント

ここもカーブだが、ここより安全に出来る場所がなかった。

ヒッチ3回目。
ここもカーブを曲がって直ぐの入口のところ。
停める場所があるが、視認性がイマイチ悪い。

結局、ヒッチ2回でTHに辿りつくことができた。
今日は手強くてそれぞれ1時間ほどかかってしまった。

バスの遅れが非常に痛かった。

実はTH前をGreyhoundバスは通り過ぎてMedfordの町まで行っていた。
ここまで戻ってくるのに4時間もかかってしまった。

PCTに復帰!
1716.2mile。Ashlandはオレゴン州、スキップを開始した場所はMammoth Lakesで906.6mile地点。809.8mileをスキップした。

ここからSouthバウンドで歩いてゆく。
ML着予定はおよそ1ヶ月後。

その頃になれば、雪はおおかた消えてCreekの増水は治まっていることだろう。
雪解けの増水は、大雨と違ってすぐには水位が下がらない。
キレイなスルーハイクに拘ってMLに留まると、無駄に時間を消費してしまうことになる。
スルーハイクは時間との戦いだ。

今年は残雪の量が多く一気に雪解けが進んだため、Creekの渡渉は危険な状態が続いている。

雪はところどころに残る程度。Trailが露出していて凄く歩きやすい。
今日は眠気のため、全然ペースが上がらず。

今日は10mileほど歩くのが精一杯だった。
しっかり寝て明日に備えよう。

今日、私と同じくAshlandまでスキップしてサウスバウンドで歩いているパーティーに会った。
詳しく聞かなくても、どういう考えなのかは分かる。

ああ、眠くて死にそうだ。
今日はこれくらいにしておこう。

 

おわり

スポンサーリンク