まずはRinoへ

こんにちは。からあげです。

一晩考え、ヒッチでの移動はやめてバスで移動することに決めた。人任せだとプランが立ちにくいし車の中での間が持たない。それにクレジットカード付帯の海外旅行保険が切れているところなので、どのみちバスに乗る必要があった。

幸いなことにMammoth Lakesからバスが出ていて、Mammoth Lakes~Reno~Scramento~MedfordまでGreyhoundバスを乗り継ぎ、Medford~Ashland~Trailheadまではヒッチで移動する。予定どおりで行けば、明日中にはTrailに復帰できる。

赤いポッチがMammoth Lakes

まずはHwy395を北に向かう。

食後のGreen Tea

はぁーうめぇ。

Vonsの駐車場を横切る。

迷子のカートがたくさんなのはいつもの風景。

10分遅れで到着。来るだけまし。

500mile以上歩いても劣化は少ない。

アシックスやるな!

バスの中では床に座る。

いちいち声を掛けるのが面倒だった。路面がガタガタでサスが悪いので乗り心地は最悪。運転手だけRECAROシート。

なめんなよ!

トイレ休憩のためBridgePortで停車した。

Renoの市街地に入ったところ。

相変わらず路面はガタガタ。

Rinoの町は大きいため、野宿する気になれなかった。あとバスの運賃をカードで支払ってクレジットカード付帯の海外旅行保険会を使えるようにする必要もあった。

さり気なくドネーションBOX。1$入れておいた。アメリカではケチるとロクなことがない。

Greyhoundのバスステーションに到着!

まずはticketをピックアップする。

Greyhoundではeチケットは認められていない。端末がなくて窓口に並ぶ。

愛想のない普段着の兄ちゃんが応対。systemを知らないと大変なことになる。最後に2番乗り場だよと教えてくれる。

近くの公園で昼飯。

Greyhoundで10%引きのクーポンが使えず、アプリも不調。今回はHpから予約した。

なぜなのかは不明。誰もわからない。アメリカでは全てが上手くゆくことは稀。

人が飯を食っていると作業を再開。こっちの都合などお構いなし。

通りすがりのおばちゃんから貰った。

普通の人にもあげていたので、ホームレス支援ではなさそう。笑顔が素敵だった。

平日の昼間から公園で寛ぐひとたち。

川では水遊び。いい年した大人も遊んでいる。

バスに乗るところ。

今日はSacramentoまで行って乗り換え。

さて、今回はキチンと交代の運転手が来るかな?クーラーの効きが悪くて凄く暑い。
はあ。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク