傷めないペグの打ち方と自在を使わずに直接ペグに縛るロープワーク

実家の物置小屋に引きこもりながら、日々コツコツと作業を続けている自称探検家のおっさん。冬本番になり寒さが厳しくなってきたが、耐寒能力を維持、さらなる向上をするために、高気密高断熱の家ではなく、敢えて隙間風が吹き抜ける極寒の物置小屋で生活する。

ふぅ~、本物の探検家になるのも大変だぁ!

こんばんは。からあげです。

寒い時は温かいうどんを食べるに限る!昨日は酒粕たっぷりの粕汁をモリモリ食べて体の芯から温まった。

それはそうと、先日読者からペグに直接結ぶロープワークを教えて欲しいとの要望を頂いたので、ちょっと面倒くさかったけど写真を撮って記事にすることにした。一部ピントの甘い写真があるが、カメラが言うことを聞かなかったので、勘弁してほしい。

当サイトはおっさんの気の赴くままに、日々の活動をダラダラと書き綴っているブログなのだが、たまには読者の要望に応えて記事を書きたくなる。読者の喜びは、おっさんの喜びでもある。まあ、嘘くさい前置きはこのくらいにして早速説明するとしよう。

傷まないペグの打ち方

まず始めに傷まないペグの打ち方を説明しよう。先日のアライのツエルトの記事で説明したが、検索でも出てくるようにもう一度書いておくことにした。

登山用テントのペグは軽量化のため、丈夫なチタンやジュラルミンで作られているが、石で頭を叩いて打っていると、たいてい直ぐに傷めてしまう。私も始め、見よう見まねで石で叩いてペグを打っていたが、2泊3日の山行くらいで必ずペグの1本や2本は曲げていた。

一番左のチタン製のピンペグは見た目からして弱いため、絶対に石で叩いてはならない。

ジュラルミンとは、アルミニウムに銅、マグネシウム、マンガン、珪素(けいそ)などを混ぜた強い軽合金。航空機などの材料にする。
 

上が長年使用しているアライテントのジュラルミンペグ。下がヘリテイジのエスパース付属のペグ。

エスパースのペグは工業製品としては美しいのだが、穴が小さいし細くて修理しづらそうなため、私はほとんど使ったことがない。

ペグは修理しやすい大雑把な作りのものがいい。

アライのペグを曲げてはバイスに挟んで修正するを繰り返すうちに傷だらけになった。これでも見た目が悪いだけで、使用上何ら問題はなし。

軽くて直しやすくてコストパフォーマンスも良いおすすめのペグ。

頭を叩いていたころの名残。少し潰れている。あのまま叩き続けていたら、すでに使用不能となっていただろう。V字型のペグが、バイスに挟むうちにL字型になってしまった。

傷める度にハンマーで叩いたり、バイスに挟んで元に戻していた。ペグの修理は地味に面倒くさい作業だった。それでもまだ短期山行だけで戻ってくる時は良かった。車中泊で登山を繰り返し行うようになると、支障が出るようになった。出先ではペグの修理は難しい。石で叩いて元に戻そうとしても、余計に状態が酷くなる。

なんとかならないものか?と考え続けた。

随分と経ってから閃いたように記憶している。ネットで検索して答えを見つけたのではなく、自分で考えに考えて答えを導き出した。ちょうど何かの作業をしていてアイデアが浮かんだのかもしれない。もう自分の中では当たり前になりすぎていて、いつからというのも思い出せない。

ペグは叩くものではなく、押し付けるものと分かってからは、ペグを傷めることが劇的に減った。山行を繰り返してもほとんどペグが傷まないので、予備のペグをたくさん持つ必要がない。

PCTではこの方法でペグを打ち続け、傷めることはなかった。(キャンプ場で他のハイカーに張り綱を引っ掛けられてピンペグが1本曲がったのみ。)

ペグを打つ時は頭に他のペグを横向きに当ててT字状にする。

そして腰を入れて一気に地面に押し込む。ペグを頭に当てているため、手が痛くならない。
たいていの地面ならこの方法でペグを打つことができる。

このように根本までしっかり入る。地中に石があったり、そもそも石や岩だらけでペグが入らないところは石にロープを縛って固定する。

そのため、石にロープで縛ることができるようにテントのループやショックコードなどにロープを取り付けておく必要がある。多少重量が増えるが、設営のバリエーション増えるので、ツエルト・テント泊には必須のカスタマイズだ。

こんにちは。からあげです。 小屋の片付けをして再び実家にやって来た。PC作業をいつでもやるためには実家の方が都合がいい。今日くらいゆっ...

自在不要のペグに直接縛るロープワーク

テントの張り綱には、ロープの長さを調整するための自在(自在にロープの長さを調整できるために付けられた名前か?)が取り付けられている。確かに自在があるとロープワーク不要、手軽で便利なのだが、風が強いとテントがバタバタと煽られて次第にズレてきてロープが緩んでくる。風が強いだけなら、定期的に外に出て張り具合を調整し直せばいいのだが、雨も降っている時にいちいち外に出たくない。

自在を使わない自在結びというのもあるが、細いロープだとやりにくいし、そもそも結び方を知らない。

自在がズレないようにするためには、ペグ側で結んでおく。それだけでいい。自在はロープワークの妨げにもなるし、直ぐに緩んでくるので、いつの間にかペグ側で結ぶようになった。石で固定する時では自在は邪魔なだけだった。

いちおう自在のロープの通し方を説明しておく。

上はエスパースソロのプラスチック自在。下は同じくエスパースソロの張り綱。直径2mm、中芯がダイニーマで反射材が付いている。

ロープの端は、解れてこないように瞬間接着剤で加工してある。ライターで炙ると大きな団子状になるし、外側が解れてきたり、中芯のダイニーマが飛び出てきたりして扱い辛く見苦しくなる。

中芯がダイニーマのロープはハサミやカッターナイフでカットするとボサボサになります。ライターで炙ると大きな玉になってロープワークの妨げになります。ところが、瞬間接着剤を使えば綺麗な切り口にすることができます。 今回、ダイニーマロープの末端処理の方法を丁寧に説明しました。

このロープ、finetrackのツエルト2ロングに付けてPCTで使用したが、全く解れてこないで快適に使用することができた。おっさんおすすめのロープ加工だ。

通し方は簡単。3つの穴に順に通してゆくのみ。下から上に通したら、次は上から下に通してゆく。

こんな感じで通す。

ロープの末端は一重に巻いてコブを作るだけでも良いのだが、ガッチリと結び目が締まると解きにくい。ロープワークは解く時のことも考えてしないといけない。

2重に巻いて大きなコブを作る。輪っかに2回通すだけで凄く扱いやすくなる。

締めるとこんな感じになる。

自在の準備の完了

これで自在にロープを通すことができた。ループの中にペグの頭を引っ掛けて締める。

ペグに自在付きのロープを取り付けたところ。

自在のようす

ロープのエンドがきっちり仕事をしている。

ペグのようす

切り欠きにロープがハマるようにすると、ロープが外れにくくなる。
ただし、これでも風の強い日にはロープが外れてしまうことがある。

張り綱のないテントは耐風性が落ちる。張り綱を適度に均等に張ってこそ、最大限の耐風性能が発揮できる。これだと非常に心もとない。

それではお待ちかね。ペグに直接ロープを縛る方法を説明しよう。
まずはペグとロープがだいたい直角になるようにペグを打つ。もちろん押し付ける方法で行う。

アライのジュラルミンペグの頭のようす

大きな切り欠きと大きな穴が空いている。この穴は3mmのロープも楽に通すことができる。穴の直径は約6mm。

ペグの穴にロープを通して張ったところ。

ペグの穴のアップ。

ロープを張ってテンションをかけたまま、ロープの先を張ったロープの下を通す。

そしてロープの端を折り返して上側に持ってきて引っ張る。

ロープを軽く引っ張りながらペグに巻きつける。

そして再び、張ったロープの下をロープの先を通す。

引張りながらロープを折り返す。

そして三度張ったロープの下を通して折り返す。

最後にロープの下を通し、輪っかを作る。

輪っかの中にロープの端を入れて引っ張る。
輪っかを作って締める結び方をハーフヒッチという。ロープ末端処理の基本のロープワーク。
ハーフヒッチを2回するとさらに丈夫な結び目となる。これをツーハーフヒッチという。

締めるとこのようになる。

3回折り返して最後にロープが解けないように輪っかに通しておく。これで完成!

ポイントはテンションをかけながら下から上に。

これは船のビットなどにも結ぶ方法で、何トンという大きな力がかかっても外れることがない。ロープが切れるかビットの付け根からもげるかのどちらか。
滑りやすいロープの場合は折返しの回数を増やせば、より丈夫となる。

ロープを張った方向からペグを見たようす。

ロープの中心がペグの中心となるように調整しておくとより丈夫となる。

横から見たようす。

決して緩むことのないこのロープワーク。穴に通しているため、ペグから外れることもない。大きな力が加わった場合、ペグが抜けてしまうが、ペグが飛ばされるおそれはない。

テントやツエルトの張り綱をこの方法で立木に結べば万全だが、絶対に緩まないため、風が強すぎると生地が破けてしまうおそれがある。風が強まった場合は撤収も考えないといけない。

続いてチタンのピンペグ

これはEco Lake付近のトレイル上に落ちていた。頭が目立つようにオレンジ色に塗装されていたので気がついた。地金むき出しだったら、気付かずに通り過ぎていたことだろう。

放っておいてもゴミになるだけだったので、拾っていってハイカーボックスに入れようと思った。ものは試しにと使ってみると、オレンジ頭が目立ってペグを見失いにくくていい感じだった。天からの授けものだと思って貰うことにした。

このピンペグは非常に繊細で、頭を石で叩いたら直ぐに曲がってしまいそうな代物。

地面に打つ時は、手のひらに頭を押し付けてしっかり握って押し込む。

このピンペグ、見かけによらずかなりペグ効きがいい。土中に石があっても何度かやり直しているうちに石のすき間に入れることができる。

何本目に死ぬのかな?なんていう一人北斗の拳ごっこをして楽しむこともできるスグレモノだ。一度使うと病みつきになるピンペグ。軽いのでペグ袋に2,3本入れておいても苦にならない。私はピンペグ抜きではダメな人間になってしまった。しかし、高いチタンにこだわる必要はない。

ピンペグの頭はロープが外れやすいため、ロープを一周巻いておく。そして先ほどのペグのように折り返してゆく。

ロープワークに厳格な決まりはない。臨機応変に柔軟に行う。たくさんの種類を知っていればいいってもんじゃない。素早く確実に用途にあった結びを行う。

3回折り返して最後に解けないように輪っかにして締める。これで完成!

結び目は重ならないようにきれいに整える。

そして最後にトイレ用スコップともなるチタンペグのモグ

穴が一個空いているのみ。ペグを当てて地面に押し込む。ペグ効きが良いせいか、多少重たい。

穴のアップ

直径は約5mm。重さは実測で23g。重たいがペグ効きが良く、スコップにもなる。催してきた時に小さなペグでチマチマ掘っていたら間に合わない。

これもオススメ。1本持っておいて損はない。ただし、チタンピンペグ同様、そこら辺に放ると見失いやすいので、気をつける必要がある。

頭をペイントマーカーの目立つ色で塗っておいた方が良いかもしれない。

まずは穴に通してテンションをかける。

そして同じように3回折り返して、最後に輪っかに通して締めた。

結び目のアップ。

うむ~。これでも悪くはないのだが、風が強いと外れるおそれがある。

そこで違う結び方をする。

ロープを穴に2回通して一周させる。

一周させたところ。キチンと引っ張ってテンションをかける。

そして輪っかを作って中に入れる。

引いて締めると完成!

結び目のアップ。

これで十分良いのだが、少し心もとない気がする。

そこでもう一度輪っかを作り締める。

二度締めることにより、さらに解けにくくなる。それほど時間がかからないので、なんでもツーハーフヒッチで〆ておくと良い。

風が強い時はロープを穴に3回通して2週させ、さらに2度輪っかを作り締めておく。

これなら多少風で煽られても緩むことはない。万全の態勢だ!

まとめ

張り綱の自在を外してペグに直接縛ってみると、面倒くさいようで意外に楽なことに気がつく。度々張り綱の調整をしなければならないのなら、キッチリと締めておいたほうがいい。

穴にロープを通すのでペグからロープが外れることはなく、ペグが抜けてもどこかに飛ばされるおそれもない。ロープを扱う時に自在が引っかかることもなくて、快適にロープワークを行うことができる。私は自在を使わないようになって随分と経つが、自在が欲しいと思うことは全くない。

テンションの調整もしやすく、折り返しの数を調整することで結びの強さを調整することもできる。

一度試しにやってみて欲しい。おっさんのオススメのロープワークだ。

名前は知らんけど。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク