兼業主夫の1日

こんばんは。からあげです。

寒くて寒くて仕方がない。今年の寒さは特別だ。春が非常に待ち遠しい。今日はおかんが日帰り旅行に行くので家事をすることになった。まだおっさんの気分は回復していなくて、図書館にゆく気がなかったのでちょうど良かった。

まずは皿洗いをする。おかんや兄貴は汚れた皿をそのまま放り込むので手間がかかるが、もう洗ってあった。自分のものだけなら、簡単に洗うことができる。伊達に独身を長年やっていない。掃除洗濯料理裁縫はなんでもできる。(ところどころ自分仕様に一部簡略化している。)

洗濯物を干す。洗濯機だけは早く回してしまった。私の衣類を一緒に洗いたくないためだ。たいして汚くないのに、お前の服を洗うと汚れが移るなどと酷いことを言われている。

自分の洗濯物はないので適当に干しておく。

普段、風呂は滅多に入らないのだが、残り湯があったので、追い焚きしてお風呂に入った。いつも湯船の中で石鹸シャンプーを使って体をゴシゴシ洗っている。湯船の外に出て体を洗っても全然キレイにならない。どうせ入るなら効率よく風呂に入りたい。

ちょっと休憩。朝からお茶を飲みすぎて気がつくと出がらしになっている。

昨日、今日と冷え込みが相当厳しかった。バケツの隣は昨日の氷。

なんと1cm以上の分厚い氷だった。

昼間、テントのメンテナンスで、ポールのショックコードを交換したり、シームコートを塗っていたりしていた。ちょうどいい時間になったので、昼飯を作ることにした。

先日購入したMSRウィスパーライトインターナショナルをテストするちょうどいい機会だ。いつもストーブの呼び名が長くてどう呼んでいいか非常に迷う。

コッヘルは、この組み合わせがいいんじゃないかと思っている。エバニューのチタンクッカーの本体をヤフオクで処分しそうになったが、すんでのところで踏みとどまった。ちょいと待てよ。トレック900とセットで使うと良さそう!だと。予感は的中した。自転車では最軽量を目指すことはせずに、そこそこの快適さに重きをおく。なにも精神修行するわけじゃない。

プレヒートの感覚がだいたい分かってきた。インターナショナルはなかなか使いやすいな。XGK-EXほど癖はない。

お昼は残り物のシチューとラーメン。冬は温かいものがいい。外で食べるとさらに温かく感じる。

日本でもマルチャン。アメリカでもマルチャン。中国では?

燃焼音が静かでガスストーブを使っている気がしてくる。ガソリンストーブは危険なので、常に緊張感を持って使わないとな!

昨日、登山用品店でSOTOのMUKAストーブを見てきたが、自分の選択が正しかったことが分かった。見ただけだけど、MUKAストーブは繊細過ぎるように思えた。私の旅に精密機械は要らない。やっぱりラフに扱っても壊れないMSRがいい。さすがアメリカ製。

インターナショナルは吹きこぼしても火が消えないのがいい。同じストーブしか使っていないと、長所に気づきにくい。日本の良さもアメリカに行ってようやく分かった。

ラーメンの完成!

やっぱりマルチャンはいつ食べても美味い!!

作業に夢中になって凄いことになっている。物置の中は私の作業場だ。片付かなくて当然。ここはモデルルームではない。そう、いつもおかんに言っているのだが、理解できないようす。

本来の物置として使えるようにしたのは誰だ?と恩着せがましく言っている。

洗濯物が乾いたので、座敷に放り込んでおく。以前、私の畳み方にケチを付けたので、絶対に畳むことはしない。だいたい洗濯物なんて洗い替えがあるから畳む必要が出てくる。いつも同じものを着続けていれば、畳まなくて良い。

3時過ぎ頃から晩御飯の準備を始める。冷蔵庫から賞味期限切れの肉が出てきた。

豚ミンチ

まあこれくらいならいいだろう。肉は腐る手前が美味しいと言うし。実際、私もそう感じる。

砂肝は少しヤバメ。しかし、捨てたら鶏さんに申し訳ない。当たったらアンラッキー、当たらなかったらラッキー。自分で書いていてもよく分からなくなってきた。

砂肝のようす

腐敗臭はしない。

包丁で細かく切った。肉が硬いため細かく切るのは手間がかかる。飽きたのでこれでおしまい。

塩コショウをふって混ぜ合わせて冷蔵庫にしばらく寝かせる。

使いかけの魚肉ソーセージが出てきた。まあ、これくらいなら大丈夫だろう。

薄切りにして炒めて醤油で下味を付ける。これはポテトサラダに入れる。

ゆで卵を細かくしたところ。白身は敢えて大雑把に切っている。細かくし過ぎは良くない。

キャベツの千切り。これはいつもの私の仕事。おかんは面倒臭がって切ろうとしない。いつも言い訳ばかり言って、絶対に面倒だとは言わない。ハッキリ言って性悪。私の嫌いな人間だ。

ポテトサラダの完成。

しかし、すぐに食べてはダメ。冷ましてしばらく寝かしておく必要がある。おかんはいつも出来たてを出す。味を馴染ませるには寝かしが必要。

ハンバーグの素を混ぜてハンバーグを作った。表面が焦げないようにパン粉を付けた。
一応まとまってくれてホッと一安心。

冷蔵庫のポケットには中途半端な調味料がたくさんある。これはほんの一部。こういうのを見ていると処分したくなってくる。どうして使い切ってから他のを出さないのかと言いたくなる。味なんかいつも同じでいいだろ。こんなことしているから、封を切ってから何年も冷蔵庫に置いておくことになる。

ハンバーグ定食の完成!

砂肝のハンバーグ、歯ごたえがあって意外に美味い。なかなかの出来栄えだった。

ハンバーグの量が少ないため、冷蔵庫にあったハムやかまぼこを焼いて特製ソースも付けた。やっぱり自分で作った料理は美味い!!

おかんは6時過ぎに帰ってきた。道路が空いていて早く帰ってこれたそうな。こんなクソ寒いのに京都まで行ったと感心する。

おみやげにお菓子の詰め合わせをもらう。バスの中で出たが食べなかったらしい。こういうのは嬉しい。小袋でちょっとずつ入っているとあれこれ食べられる。アメリカに行ってから糖質制限は止めることにした。砂糖を嫌っていたら食べるものがなかった。しばらく好きに飲み食いしよう。もちろん酒は飲まない。

さあて、3日間ゆっくりして随分リフレッシュできたな。明日は図書館にゆこう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク
       
スポンサーリンク