退職5周年~ほんとうの自分の人生を生きる

こんにちは。からあげです。

今でも忘れもしない2013年4月12日。私が会社を辞めて自由を手に入れた日だ。記念すべき私のIndependence Day(独立記念日)。

もうあれから5年の月日が流れてしまったのか。いや、まだ5年しか経っていないのか。自分の感覚ではすでに10年以上前のような気がする。

山林探しの旅に出てから、土地を購入して山小屋を建てるまでは、毎日が新鮮で生きているのが楽しくて仕方なかった。

それがどうだ!小屋を建てて設備が充実しだすと、新鮮味は次第に失われて単調な日々に飽きるようになっていった。人間は飽きっぽい。私の場合は特に。

こんばんは。からあげです。今朝の冷え込みは凄かった。夜寒くて何度も目が覚めた。星空は抜群に綺麗だった。朝、目覚めてから車に置いてある温度計を...

私は小屋暮らしがしたくて小屋暮らしをし始めたのではなく、ローコストで維持できる生活基盤を構築するために小屋暮らしを選択した。そこそこ快適で金が掛からなければ、激安賃貸暮らしでも、ワイルド感たっぷりのテント暮らしでも、ようは何でも良かった。私の根底にあるのは寝太郎さんが提唱するBライフだ。今さら、読者には説明をする必要はないだろう。

テント暮らしは実際に10ヶ月ほどやってみたが、自然環境の影響をダイレクトに受けるため、悪天候をやり過ごすのは大変で快適とはいえなかった。その点、小屋は耐候性が高く非常に快適だった。薪スト-ブに当ってゴロゴロするのは至福のひと時だった。

しかし、小屋暮らしはいくらローコストで生活できるとはいえ、それなりに月々の生活費はかかる。外食はせずに1日3食玄米ご飯に味噌汁を食べていても食費は1月1万円は越える。生活用品や通信費に加えて、一番金食い虫の車、そして活動に必要な装備品にお金がかかる。去年は初めて海外で活動したが、およそ100万円も掛かってしまった。

こんばんは。からあげです。 毎月の生活費がいくらなのか把握するために、私は10年前から家計簿を付けている。節約するうえで、毎月の支出を...

多大な活動費を捻出するため、ハイキング中もブログに精を出して更新していたが、それも限界を迎えてしまった。とうの昔に破綻していたのだが、我慢強い私は根性で電波が入る限りはブログ更新し続けた。PV数とともに広告収入は増えていった。

収入が増えると同時に私は虚しさも増えていった。Bライフをしているならば、十分やっていけるまでになっていたが、私の心はますます冷めていった。こんなはずではなかったと。

ブログと同時進行で、キャンプ場やスキー場でアルバイトをやったこともあった。現金収入を得るためには、バイトが最も手っ取り早い。しかし、それには代償が伴う。雇われの身となった途端、決別したはずの社会システムや常識に縛られるようになった。そのほか、発達障害の傾向のある私には、人と一緒に働くのは難しかった。自分は一人きりで働きたい。

毎日、雇われ仕事をするのが当たり前になっていると、会社都合による転勤や残業が当たり前のように思われてくる。本来会社が負担すべきものなのに、もっともらしい理由を付けて、半ば強制しお金は出し渋る。

会社は君の能力を伸ばすために、あえて転勤させるんだ。分かって欲しい。
この仕事は絶対に今日中に終えなければならない。残業してでもやってくれ。

などなど

会社の戯言は聞き飽きた。もう騙されない。

一昨年の年末年始にバイトしたのが最後だった。毎日、寒さの厳しい日の出前に起きて車を運転し職場に向かうのだった。全てでないにせよ、だいたいは自分の思い通りだった生活に、急に他者が割り込んできた。早くもおっさんがダダを捏ね始めたが、意思の力でねじ伏せて遅刻しないように早めの出勤を心がけた。その結果、かつての愛車、Jimnyのサイドを切り株にぶつけて凹ませてしまう。切り株を交わす前に小回りしてしまうなんて、それまでの自分には考えられないことだった。

最悪だったことは給料計算が間違っていたこと。確定申告するために、給与所得の計算をしていたところ間違いに気がついた。早速担当者に連絡して対処してもらったが、最後まで一言も詫びの言葉はなかった。

バイトなんて所詮、消耗品。田舎で金を稼げるだけで有り難いと思え。金はくれてやるからさっさと消えろ。

そう思えてならなかった。使い捨てのアルバイトはこの傾向が顕著だった。私の数少ないバイト経験でもヒシヒシと感じた。正社員だともう少しマシな扱いにはなるが、基本は変わることはない。会社の歯車、いち部品でしかない。壊れたら即交換、ポイ捨てされる。ただし、正社員の場合は露骨にやると、他の正社員の士気に影響するため、穏やかに密かに、だが確実にことは実行される。

もう雇われ仕事はいい。

そう思ってブログにますますのめり込んでいったのだった。

ブログ収入に限界を感じ、雇われ仕事のアルバイトもやる気が全く起きない今、私に残されている道は「ほんとうの自分の人生を生きる。」ことだった。金がなくなることを恐れず自分の人生を楽しむ。そうすると、結果的にあとからお金が付いてくるような気がする。お金を欲して追いかけようとすると向こうから逃げてゆく。あれ?似たようなものがあるな。自分のやりたいこと、すべきことに専念する。

すでに気づいている読者もいるかもしれない。そう、最近になって「プロブロガー」の肩書を改め、単なる「ブロガー」とした。プロが付くと急に胡散臭くなるし、更新するのが義務のようになってしまう。アマチュアとプロの違い関係なく、自分が伝えたいことを読者に伝えてゆく。ただそれだけだ。

私は根っからのブログ好きだ。これは疑いようもない。今回、ブログを離れてみて、改めて気が付いた。私はブログが大好きだし、ブログによって自分の人生をより良く変えたい。

今年手に入れたPanasonicランドナーOJC4。ツーリングを重ねるうち、早くもJimnyよりも愛着を感じるようになってきた。コイツとならどこへでも行けるような気がする。ハンドルを握って一心に漕いでいると、そう思わせてくれる。

命名、隊長号。(たいちょうごう)

マニュアルのJimnyでも一体感は感じられたが、OJC4は段違いだった。風に吹かれて遠出すれば、あら不思議、雑念は消え去り本来の自分に戻れるような気がする。移動に体力が必要な自転車だからこそ、そう思えるに違いない。

徒歩は日常の移動手段にはなりえない。1km以内の近場ならいいが、遠いと時間がかかり過ぎる。徒歩よりも荷物が運べて移動が速い、しかしバイク・クルマより圧倒的に劣る。それが自転車だ。自転車に乗っていると、おっさんでも気持ちだけは少年になれる。それがいい。ただ漕いでいるだけで楽しい。

今後は自転車を中心に自分の人生を切り拓いてゆく。もう小屋はいい。

未知なる場所に自転車と共にゆく。必要最低限の荷物を持って。アメリカのロングトレイル、PCTが私の人生観を確固たるものにしてくれた。人生に余計なものはいらない。

社会常識、しがらみ、人間関係、いろいろな物

不要なものを捨てて身軽になることで、より自分の人生を楽しめる。雇われ仕事やブログ、不要な荷物に振り回されている場合じゃない。

私はこの先何年生きられるか分からないが、死ぬ間際、この世に感謝して死んで行きたい。みな孤独死を恐れるが、本来死は自分一人で受け入れるもの。他者の介入はいらない。

これから死ぬまで「自分の人生を生きたい。」それが私のたった一つの願いだ。金、名誉、権力なんていらない。自分の望む人生を生きることができれば、それでいい。

このテーマについて書くのは、次回5年後、退職後10年目の節目にする。50歳になった自分がどのようになっているのか、楽しみにしながら生きてゆこう。

おわり

スポンサーリンク







スポンサーリンク

コメント

  1. 白山室堂御前荘 より:

    出社前に読んでいます。

    2013年4月12日。私が会社を辞めて自由を手に入れた日だ。記念すべき私のIndependence Day(独立記念日)。

    < 4月12日、Independence Day!

    すごいですよ隊長わ!
    これからも全人類にブログを通して、隊長号からニューワールドを見せてください!

  2. 一式陸攻 より:

    今日のコメントは一言です。

    応援しています。

  3. かりあげ君 より:

    悟りを開いた感じで、カッコいいですね!
    一読者として、これからも隊長を応援していきます。

  4. NS より:

    「隊長号」と「ストックシェルター」の旅日記、楽しみにしております。

    • karaage より:

      どうもありがとうございます!
      気長にお待ちくださいね。そのうち気が向いたら順次アップしてゆきますから。

  5. tarabatara より:

    5年かあ・・・はやいもんだに 
    ゴーイングマイウエーだに

    • karaage より:

      お久しぶりです。tarabataraさんお元気ですか?
      思わずニヤリとしてしまいました。

       
スポンサーリンク