ジムニーにDC12V 扇風機とタイマースイッチを取り付けてみた

こんばんは。からあげです。

車内換気用扇風機の効率良い運転方法を検討した
車内温度上昇防止対策として扇風機を導入することにしました。 それで効率よく扇風機を運転するにはどうしたらいいか考えました。 いろいろアイデアが出ましたが、無難なものに落ち着きました。

では、先ほどの続きを書いてゆこうか。
まずはAmazonで購入した扇風機とタイマースイッチを紹介しよう。

スポンサーリンク

DC12V用車載扇風機

2016-06-07-132621

Meltec [ メルテック ] カーファンDC12V用8インチ [品番] CF-102

2,106円(税込み)

入力電圧:DC12V/最大消費電流(強/弱):1.3A/1.0A
首振り角度:約60度/取付:クリップorビス固定/羽根サイズ:200mm/ガードサイズ:225mm/カープラグコード長:約3m

箱の中には扇風機本体、日本語版の説明書、壁取り付け用のビス2個が入っている。

2016-06-07-133021

扇風機を箱から出したところ。
風量が欲しかったので、羽根の大きさが20cmのものにした。

2016-06-07-133048

スイッチの様子。
弱と強の2段階の風量調節が可能。
スイッチボックスの横にはビス止め用の穴が取り付けられている。

2016-06-07-133106

シガーソケット(電源ランプ付き)
3Aのフューズが内蔵されていて交換可能。

2016-06-07-133340

扇風機の裏側

2016-06-07-133422

首振りスイッチ

2016-06-07-133452

大きなクリップ

2016-06-07-133505

口を開けたところ。
バネはかなり強い。

2016-06-07-133444

クリップには壁掛け用の穴が装備されている。

2016-06-07-133523

扇風機の首
前後左右に調節することが出来る。
クリップの付け根は固定されていて動かない。

2016-06-07-133941

ベアリングにグリスを差したかったので、羽根のカバーを開けて羽根を外そうとした。
しかし全然動かない。無理すると壊してしまう。
これ以上は危険だ。

2016-06-07-134248

裏のモーターのカバーを開けてみた。

2016-06-07-134552

首振り用の歯車にシリコングリスを塗っておいた。

2016-06-08-160421

試しに車の網棚に取り付けて運転してみた。
すると風量と運転音の大きさに驚いた。
強にすると千切れてどこかに飛んでいきそう。
首がフラフラと動いてなんとも頼りない感じがした。

2016-06-07-141625

網棚のフレームはクリップで挟むのに調度良かった。
クリップの強さは十分でがっちりと固定出来た。

DC12V用プログラムタイマースイッチ

2016-06-08-083950

箱入りでやってきたタイマースイッチ。
どれどれ早速開けてみよう。

2016-06-08-084019

中から出てきたのは小ぶりな白いスイッチと英語版説明書だ。

2016-06-08-084140

AYWS デジタルプログラムタイマー 12V 16A Programmable Timer Switch LCDデジタル顕示

1,280円(税込み 2,000円以上の注文で通常配送料無料)

電気器具のスイッチを自動で「入/切」できるタイマー。
日、時間、分のプログラムができます。
電源が切断されると、内部バッテリーがバックアップして、設定を保存します。
DC: 12V
消費電力: 4.4VA
無負荷電流: 0.015mA
切り出す(MM): Φ64
最短スイッチング時間: 1分
最短スイッチング間隔: 1分
プログラム設定数  : 17個

2016-06-08-084157

裏を見ると型式がYP109Aとなっていた。
確かCn101Aを注文したはずなのに。
まあ細かいことはいい。使えたらいいのだ。

2016-06-08-084105

端子は4つ。
電源用とスイッチ用。

2016-06-08-084221

裏側に端子の説明が表示されている。

2016-06-08-084122

スイッチの横
4つ爪でフタが取り付けられている。

2016-06-08-084257

英語版の説明書

おっさんにはちんぷんかんぷんだ。
図面を見ていたら何となく分かったような気がした。

配線方法

電源のDC12Vは、チャージコントローラーの出力端子から取ることにした。
チャージコントローラーはスイッチを押すと出力される設定にした。
電源はタイマースイッチを介して扇風機に繋げる。

2016-6-8-001

これが配線図だ。
Amazonのレビューを見たらなんとなく分かったので、ノートに配線図を書いて作業した。
タイマースイッチは表側から見た端子の配置を図面に表した。
タイマースイッチによってプラス側の電源をON-OFFして扇風機をコントロールする。
プログラムにより17回もON-OFF出来るのできめ細かい制御をすることが出来る。
シガープラグを切って扇風機の線を直付せずにプラグを残してソケットを付けたのは、扇風機とノートパソコン用のDC-DCコンバーターを使い分けるためだ。
他にもシガープラグが付いた車載用電化製品を使うことが出来て便利だと思った。

2016-06-09-102053

手書きの配線図。
おっさんは頭を絞ってノートに書きだしてみた。
図にすると分かりやすくなる。
ああでもないこうでもないと考えながら作業した。
こういうふうに試行錯誤してやってゆくのがDIYの醍醐味でもある。

配線・取り付け作業

2016-06-08-121304

棒状端子 VTUB-2

チャージコントローラーの出力端子に使用する。

2016-06-08-121915

0.5sqの細い電線を使ったので先を折り曲げて圧着端子を付けることにした。

2016-06-08-124900

棒状端子を付けたところ。
うまい具合にガッチリとくっついた。
有り合わせのものでやることが多いので、いつの間にかこういうやり方を覚えてしまった。

2016-06-08-121319

平型端子セット 端子規格250型

メスだけ欲しかったが、ホームセンターには置いていなかった。
Amazonで一緒に買っておけば良かったな。

2016-06-08-121438

平型端子のアップ

今回、絶縁用のカバーは付けなかった。(2本を束ねて付けたので、付けられなかった。)

2016-06-08-133426

自分で書いた配線図をよく見て間違えないように作業した。
途中で頭がこんがらがりそうになった。

2016-06-08-100329

スイッチの取り付け板を作っているところ。
バイスに挟んでの作業は非常にやりやすい。
山小屋にもバイスが欲しいと思った。

2016-06-08-142000

スイッチは合板にビス止めしてしてから線を繋いだ。
そして網棚の金網に結束バンドで固定した。
車検前に外すので取り敢えずの位置となる。

2016-06-08-142016

スイッチの操作は適当に弄って覚えた。
液晶画面の左端に出ている6の逆向きの文字は、キーロックが掛かっている状態。
右下のC/Rボタンを4回押すと表示が消えてキー操作が可能となる。
上のMANUALスイッチを押すと液晶画面の下の矢印が動いてON-AUTO-OFFと切り替えることが出来る。
実際に弄ってみるとよく分かる。
通電すると赤色のランプが点灯する。

2016-06-08-145724

端子のところに分かるようにマジックで印を付けておいた。

2016-06-08-145440

ソケットを付けたので、あれこれ機器を繋ぐことが出来る。
モバイルソーラーのゴールゼロのパーツが大活躍しているな。

2016-06-08-142455

扇風機とタイマースイッチの取り付け状況

2016-06-08-142518

角度を変えてもう一枚。
試しにタイマーを設定してみるとキチンとON-OFFすることが出来た。
よし、扇風機をコントロール出来るようになったぞ!

DC-DCコンバーターの改良

扇風機とスイッチの取り付けが終わったところで、ノートパソコン用のDC-DCコンバーターを改良することにした。

20151107-135655-0

これがDC-DCコンバーターだ。
以前、ノートパソコンはインバーターで出力されたAC100Vを繋いでいたが、それだと変換効率が悪くなるのでDCを直で繋ぐことにしたのだ。

DC-DCコンバーターでノートパソコン
車内でノートパソコンを効率よく使うためにDC-DCコンバーターを取り付けました。 車にソーラーパネルを付けていますが、パソコンの電気使用量が多くて発電が追いつきません。 インバーターを介さずに効率よく電気を使うようにします。

何度か使ってみたところ、問題なく使えるのだが、セレクトスイッチが何かの拍子に動きそうで不安に感じることがあった。

2016-06-08-143007

今日はテスターでキチンとした電圧が出力されているかテスターで測ってみた。

2016-06-08-143052

使用するLenovoのパソコンx250は、ACアダプターの出力電圧はDC20Vだ。
それなので20Vにセレクトスイッチ合わせて測ってみた。
すると20.5Vだった。
満充電に近い状態だったので少し高めとなったのか。
まあ、これくらいなら問題無いだろう。

2016-06-08-144755

このセレクトスイッチの動作は柔らか目で知らぬ間に動いてしまうかも知れない。
とある読者がスイッチが切り替わっているのに気が付かないでパソコンを使用していて壊してしまったそうだ。
なので、この危険なスイッチをニッパーでカットして動きにくくする。
チープな作りだが、2,000円で購入したものなので、あまり無理は言えない。
工夫を凝らして安っぽいものでも使ってゆく。

2016-06-08-144915

ニッパーでスイッチの出っ張りを切ったところ。

2016-06-08-145223

横から見たところ。
出っ張りは無くなったが、爪を当てれば操作出来る。
ちょっと操作しにくいが、Lenovoのパソコンしか使うことはないので、弄ることはないだろう。
動かしにくいくらいが丁度いい。

さあて扇風機も付けて車内温度上昇防止対策は全て行ったぞ。
これからは実際に運用して少しずつ弄ってゆくことにしよう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『ジムニーにDC12V 扇風機とタイマースイッチを取り付けてみた』へのコメント

  1. 名前:大伴細人 投稿日:2016/06/09(木) 08:38:35 ID:f91c5fe6b 返信

    電気関係は無知なんですが、隊長の記事を読んだら興味が出てきましたよ。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/09(木) 11:53:41 ID:44db68e1f 返信

      どうもありがとうございます。
      興味が出ることはよいことです。
      なんでもドンドンやりましょう。

  2. 名前:ティッシュ 投稿日:2016/06/09(木) 20:17:13 ID:e777be37d 返信

    隊長、いつも楽しいブログありがとうございます。
    熱に弱い物はクーラーBOXに入れてしまうのはどうでしょう?
    逆の発想です。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/10(金) 20:53:17 ID:72b9206c1 返信

      それはとっくの昔に考えました。
      ジムニーは狭くて嵩張る箱は積めないのです。
      ハードケースは精密機械の運搬には良いですが、スペースを取り過ぎます。