WordPressブログのドメイン変更は難しいようで意外と簡単。だけど落とし穴がいっぱいだった~七転八倒編

こんにちは。からあげです。

当ブログはワードプレスで運営を始めて約2年が経とうとしている。
これまで書き溜めた記事は、全部で1,100を越えたところ。
せっかくアクセス数が増えきてこれからさらに増やそうというところなのになぜドメインの変更を行ったのか。

ワードプレスでブログを始めて約2年~今更ドメインを変更する気になった理由
今回、ドメインの変更に挑戦してみました。 ワードプレスでブログを始めてもうすぐ2年が経とうとする頃になぜドメインの変更をする気になったのか。

理由は昨日の記事を読んで欲しい。

一昨日からブログのドメイン変更の作業を行っていた。
ほんの軽い気持ちで作業を始めたのだが、やっぱりワードプレスだ。
一見簡単なようで意外と難しかった。
終わって落ち着いて考えてみるとわりと簡単に思えてくるが、実際に作業をしている最中は頭が混乱してわけが分からない状態だった。
それでもなんとか無事作業を終えることが出来た。

それでは二日間かけて行ったドメイン変更の作業をこれから2回に分けて詳しく説明してゆくことにしよう。
今回は、ワードプレスで作成したサイトのドメイン変更だけの作業となる。
サーバーはXサーバーで移転はなし。
簡単なところや他のサイトに載っているところはざっと流して、私がつまずいたところを重点にして書こうと思う。

ドメインの変更

http://diary.karaagetankentai.com/ → http://karaage.info/

初日は結局、作業を終えることが出来なかった。
作業の流れが分かっておらず、作業の一つ一つの意味を理解できなかったためだ。
参考になるサイトを見ながら作業を進めて、ほとんど終わったかに見えたが、細かな設定で重大な不具合が見つかった。
結局分からずに時間切れとなり2日目に持ち越すことになった。
これは私の環境では失敗した方法だが、何かの参考になるのでは思うので、失敗例をアップしておく。

参考サイト

デザイン五輪の書(超簡単!WordPressのドメイン変更をスムーズに行うには?)
Sotook! ブログ(WordPressドメイン変更の手順~設定まで!エックスサーバー内での移転方法
フリーランサー(WordPress ドメイン変更|Google Search Consoleの設定でSEOも安心♪)

スポンサーリンク

ドメイン変更作業1日目~2日目(失敗編)

バックアップデータをFTPソフトにてそのままアップロードしてみた

流れをよく分からないまま、とりあえず作業をやってみた。

サイトのバックアップ

まずは、旧ドメインのサイトのバックアップ。
Webファイルとデータベースの2種類。
BackWPupというバックアップ用のプラグインを使って行った。
サーバーからデータをダウンロードし圧縮形式のファイルを解凍して使えるようにした。

ドメインの追加設定

サーバーパネルドメインドメイン設定ドメインの追加設定から新たにドメインを追加した。
使用するドメインは、Xサーバーのキャンペーンでタダで貰ったもの。

WordPressをインストール

2016-6-13-9

サーバーパネルホームページ自動インストールドメイン選択してプログラムのインストールWordPress 日本語版を選んでインストール設定ボタンをクリックする。
すると設定画面が現れる。
インストールURLブログ名ユーザ名パスワードメールアドレスを入力し、データベースは自動でデータベースを生成するを選択してインストールを行った。

ファイルデータをアップロード

新ドメインのpublic_htmlフォルダ内のデータを削除してFTPソフト(ファイルジラ)にてWebファイルデータをアップロードした。
このファイルデータのアップロードに1時間と少しかかった。
新ドメインの管理画面に入ろうとすると旧ドメインの管理画面に飛ばされる。
セキュリティーのプラグイン「 SiteGuard WP Plugin」のログインページ変更機能を使っているので、飛ばされたと思った。
そこでwp-content/plugins/siteguardのフォルダを削除。
.htaccess内のサイトガードの記述を削除した。

しかし、新ドメインの管理画面に入ることは出来なかった。
wp-config.php内のデータベース情報を修正していなかったためと思われる。
この方法は駄目だと思ってほかを当たることにした。

WordPressのアンインストールとデータベースの削除

自動インストールしたWordPressとデータベースを削除しておく。
ファイルデータは、自動インストールからインストール済みプログラムの一覧から削除出来る。

データベースは、サーバーパネルデータベースMySQL設定MySQL一覧の中から選択して削除する。
ついでにMySQLユーザも削除しておいた。

WordPressのxmlファイルをエクスポート・インポートによる方法を試してみた

よく分からないまま別の方法で作業を始める。
今度はWordPressに付いているエクスポート・インポート機能を使う。
旧ドメインのバックアップやドメインの設定作業は済んでいるので、次の作業に移る。

ファイルのエクスポート

旧ドメインの管理画面のツールエクスポート全てのコンテンツを選択して実行する。
すると圧縮されたxmlファイル(約40MB)がダウンロードされた。
これを解凍して使えるようにしておく。

WordPressのインストール・初期設定

自動インストール(データベースを自動で生成)して新ドメインの管理画面に入る。
まずはダッシュボードで設定を行う。

ユーザーからプロフィールの設定を行う。
初期では、ユーザー名とブログの表示名が同一となっているので、別なものにする。
ニックネーム(必須)に書き加えると、ブログの表示名をニックネームに変えることが出来る。
管理画面にログインする時、ユーザー名とパスワードが必要だが、そのうちのユーザー名が知られてしまうとあとはパスワードのみとなる。
ブルートフォースアタックを受ければ、簡単にパスワードが解読されてしまう。
だから、ユーザー名とブログの表示名は、類推出来ない別のものに変えておく。

投稿設定は、更新情報サービスを旧ドメインからコピペする。
ディスカッションは、コメントの手動承認を必須とする。
メディア設定は、余計なサムネイル画像を作らないように全て0
パーマリンク設定は、旧ドメインと同じカスタム設定とした。
私は記事作成日時をそのままパーマリンクとなるように設定している。

ファイルのインポート

ツールインポートWordPressを選択する。
するとインポート用のプラグイン(WordPress Importer)をインストールするように促されるので、素直に従ってインストールする。

2016-6-13-3

インストールが終わるとこの画面が現れるので、ファイルをアップロードしてインポートをクリックする。
しかし、この時の最大サイズはデフォルトの30MBとなっている。
始めはこれに気が付かずにクリックして先に進んでしまった。

2016-6-13-2

しばらく経つ(5分程度)と上のインポート画面が現れる。
ここで添付ファイルをダウンロードしてインポートするに必ずチェックを入れて実行する。

2016-6-13-7

インポートの途中で500 Internal Server Errorが出た。

2016-6-13-6

500エラーの画面からブラウザの戻るボタンで戻るとエラー内容が表示された。

エラーが発生しました。
ファイルが空のようです。中身のあるファイルをアップロードしてください。このエラーは、php.iniファイルでアップロードができない設定になっているか、post_max_sizeがupload_max_filesizeよりも小さく設定されているために発生している可能性もあります。

まるで自分のブログの中身が空っぽだと言われている気がした。
このエラー表示を見てphp.ini設定をいじることにした。

Xサーバーのホームページにログイン、サーバーパネルホームページphp.ini設定ドメイン選択画面php.ini設定変更 を行う。

2016-6-13-10

その他の設定のpost_max_sizeupload_max_filesizeをそれぞれ30MBから10000MBへ変更した。
後から確認するとpost_max_sizeだけの変更で良かったみたいだが、この時は分からなかったので、取り敢えず2つとも変更した。
全ての作業終了後、忘れずに元のデフォルトの値30MBに戻しておいた。

再度インポート

気を取り直して再びインポート作業を行った。

2016-6-13-7

すると上の500 Internal Server Errorがまた出た。

2016-6-13-5

2回目のインポートの時には文字化けも起こった。
この画面をみた時、嫌な予感がした。

ファイルのインポートは一度では出来ない。
(ファイルのサイズによって決まるのかもしれない。)
ファイルをアップロードしてインポートをクリックする。
添付ファイルをダウンロードしてインポートするに必ずチェックを入れて実行する。
インポートの途中で500 Internal Server Error が出る。
それなので、ファイルをアップロードしてインポートをクリックする。からやり直す。
xmlファイルインポートによる方法は2回試してみたが、あとの方では3回目でインポートが完了した。

2016-6-13-4

一度では終わらないので、何度も上書きを行っている。
何度もめげずに繰り返しているとすべて完了しました。という表示が出た。
よく見るとコンタクトフォーム1をインポート出来ませんでしたという表示も出た。
XMLファイルのインストールに要した時間は約30分。
インポート自体の時間は短かったが、あれこれ迷ってやっていたためにかなり手間取った。

テーマとプラグインのインストール

FTPソフトでテーマとプラグインを削除しておいてバックアップしたWebファイルのインストールを行った。

テーマやプラグインの各種設定をやり直す

xmlファイルをインポートすると旧ドメインの記述が自動で新ドメインに置き換わっていて、画像なども問題なく表示されていた。
しかし、よく見ると設定が狂っていた。

なんとテーマとプラグインの設定がリセットされていた。
プラグインはインストールされていたが、停止状態で中のデータは初期に戻っていた。
そのため、旧ドメインのブログと見比べながら作業した。
テーマも同じ状態だった。
当ブログはブロガー達から絶大な人気を誇るsimplicity2を使用している。
子テーマを使って保存した最低限の設定が残っただけ。
あとのウィジェットや設定が初期に戻っていた。
そのため、プラグインの時と同じく旧ドメインの設定の状態を見比べて元に戻した。

xmlファイルのエクスポート・インポートの方法による致命的な欠陥

やれやれとようやく終わったわいと満足気に自分のサイトを眺めつつ、細部の設定を始めた。
初期設定に戻ってしまっているのは仕方ないと思ってコツコツと作業を始めた。
するとタグクラウドのウィジェットが表示されていないことに気がつく。
外観ウィジェットでタグクラドのウィジェット設置をしたはずなのに、表示されない。

2016-6-13-8

どうしてだろうとあちこち見ていると、投稿記事の一覧にはタグが表示されているが、投稿の編集ページにはタグは表示されていないことに気が付いた。
ここでタグを追加するとタグクラウドのウィジェットが表示されるようになった。
そこで全てのタグを追加すると元通りに表示されるようになった。
テーマの設定が大詰めを迎える頃、他にも重大な欠陥に気が付いた。
なんと更新日とコメント数の表示、ブログカードの表示、WordPress Popular Postsの人気記事のログが消えていた。
ブログカードは設定し直し、WordPress Popular Postsのログは諦めるとしても、更新日とコメント数が表示されないのには参った。
新たに更新すれば、更新日は反映されるが、以前の更新記録が残らない。
ネットで調べてみても解決方法は見つからなかった。
インポートの途中で出た500 Internal Server Error、しかも文字化けしていたのが原因であるように思えた。
せっかく内部リンクも修正されていて、新ドメインで公開する一歩手前までこぎ着けたが、この先に進むことはどうしても出来なかった。
日を改めてもう一度やってみたが、原因不明の不具合の修正は出来なかった。

そこでもう一度検索して参考になるサイトを調べてみた。
一晩寝たので随分と冷静さを取り戻している。
それにやり方が何となく分かってきた。
すると一つだけもの凄くシンプルに書かれたサイトが見つかった。
これで駄目ならドメインの変更は諦めようと思って、そのサイト通りにやってみることにした。

つづく

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!