ガソリンストーブの取り扱いは慎重に~燃料が漏れてあわや大惨事に!

こんにちは。からあげです。

今日は早い時間なのに、ブログ更新をしている。
登山には行かなかったのだ。
ついうっかり油断してまたやらかしてしまった。
この件はまたあとでアップすることにする。
その前にもっと大事なこと。

2016-07-20-091755

スポンサーリンク

MSR ガソリンストーブ MSR XGK-EX

これは私が愛用するガソリンストーブ(MSR XGK-EX)だ。
将来の海外遠征に備えて四国遍路の時に購入したものだ。

このガソリンストーブ(XGK-EX)があればどこへでも行ける気がする。
MSRのガソリンストーブXGK-EXが届いて浮かれているおっさんです。 早速、使ってみました。詳しいインプレは後日行います。
MSRガソリンストーブ XGK-EX
こんにちは。探検家のからあげです。 先日購入したMSRのガソリンストーブXGK-EXのインプレを行います。 自分なりにあれこれ書いてみました。

あれから約2年が経過した。
まだ過酷な状況下では使ったことはないが、登山に車中泊にと大活躍している。
使い込むにつれて道具の特性が分かるようになってきた。
もうこのストーブは私の生活の中でなくてはならないものになりつつあった。

2016-07-20-091631

画像はイメージ
(ストーブ本体の掃除を行なってからプレヒートを行っているところ)

昨日、晩御飯の用意をしようとストーブに点火してプレヒートを行っていた。
炎が小さくなりプレヒートが終了、コントロールバルブを開けて通常運転に移ろうとした矢先に大惨事が発生した。

なんと燃料ボトルからガソリンが漏れて引火し、ボトルとストーブが火だるまとなってしまったのだ!
幸い息を吹きかけると直ぐに消火することが出来た。
長年エアマットを膨らませていたお陰で肺活量が増えていて助かった。
あのまま燃え続けていたら、ボトルのゴムパーツが燃えて燃料がダダ漏れとなり、消火不可能となっていたことだろう。

2016-07-20-091528

燃料ボトルからガソリンが漏れた箇所は、燃料ポンプ本体のポンプシールからだ。
赤い色をしたゴム製のパーツ。
購入した直後からもたまに漏れることがあった。
別に不良品ではなく、ポンピングのし過ぎでボトル内の圧が高くなり過ぎて、ポンプシールから漏れてしまうのだ。
これは使用者側の不適切な使用によるもの。
文句は言えない。

2016-07-20-103940

ポンプシールからガソリンが漏れているところ。
通常、ストーブ本体を接続する前にボトルを立てたままの状態でポンピングして内部の圧力を高める。
横に置いた状態でポンピングするよりやりやすいからだ。
その後使用中、圧が落ちて燃焼が悪くなってくると、必要に応じて追加でポンピングする。
立てた時は漏れないが、横にした途端漏れることもあって注意が必要。

2016-07-20-103626

ポンプシールのアップ

2016-07-20-103638

真横から見た様子

2016-07-20-thum

裏側のボトルとの当たり面。
ここが一番重要だ。
ゴミを噛んでいると締めても燃料が止まらず漏れてくる。

なぜ、ポンプシールから漏れてくるまでポンピングして圧を上げるのか。
それは使っているとストーブの燃料吹き出し口のジェットが目詰まりを起こしてきて燃焼状態が悪くなるためだ。
ストーブ本体にはシェイカーニードルと呼ばれるものが装備されていて、ある程度の目詰りなら何度も振って分解せずにジェットを掃除することが出来る。
しかし、そのうち目詰まりが酷くなってくると、シェイカーニードルが効かなくなってくる。

2016-07-20-105444

分解掃除の目安は燃料ボトル2本を使い切って、ジムニーのタンクからガソリンを抜いた時だ。
小さいボトルが20oz(590ml)、大きいボトルが30oz(887ml)でやや余裕を持たせて入れるので、だいたい1.2Lを使い切った時にストーブのジェットを掃除することになる。
今回は、タンクからガソリンを抜いたが、面倒だったのでジェットの掃除はしなかった。
あと2,3日はなんとかイケると考えた。

その結果、燃料ボトルのポンプシールから漏れたガソリンに引火して燃料ボトルとストーブが火だるまとなってしまったのだ。
こんなことはあってはならないことだが、私のせいでこのようなことを起こしてしまった。
もうやってしまったことは仕方ない。
燃料ポンプにほとんどダメージがなかったのは不幸中の幸いだった。
二度とこのような事故を起こさないようにするためにはどうしたらいいか。

問題の解決方法

定期的にジェットの掃除をする。

いくら燃焼状態が良くても自分で決めた量を燃焼させたあとは必ずジェットを含めたストーブ本体の掃除を行うことにする。
まだ規定量に達していなくても燃焼の状態が悪ければ、直ちに使用を止めて掃除を行う。

2016-07-20-104614

以上のように自分で決めたので、早速掃除する。
ストーブ本体の掃除を終わって燃料ポンプのメンテナンスを行っているところ。
ストーブ本体の掃除の様子は写真を撮り忘れた。
以前、掃除の時の様子をアップしたが、いい加減なタイトルを付けてアップしたので、探すことが出来ない。
今度掃除する時に、写真を撮って詳しく解説するとしよう。

2016-07-20-103753

シール類のメンテナンス

以前は付属のオイルを使っていたが、粘度が低く直ぐにオイル切れを起こしてしまうので、最近はシリコングリスを塗っていた。
今回はついうっかりして忘れてしまった。
何か良い物はないかと探しているとワセリンを見つけた。
シールやOリング、ワセリンは鉱物性の成分なので相性がいいと思った。
もし使っていて劣化してくるようであれば、ワセリンを使うのを止めて付属のオイルかシリコングリスを使ったらいい。

今回燃料ポンプはプランジャー、コントロールバルブ、チェックバルブを分解して掃除し、ワセリンを塗布して復旧した。

2016-07-20-104826

これはチェックバルブ。
ポンピングする時に、エアをボトル内に入れるが、燃料を逆流させないようにするためのもの。

2016-07-20-104848

チェックバルブに異物を噛みこむと燃料漏れの原因ともなるので、掃除して軽くワセリンを塗布した。
見た感じゴムパーツの劣化はほとんどみられない。

2016-07-20-105227

燃料ポンプを元通りに組み立てたところ。
付属の工具1つあれば分解できてしまう。
何度も繰り返し分解組み立てを行い、何も考えないでも作業出来るようにしておく。
過酷な状況下ではまともな思考能力が残っているとは限らない。
眠ったような状態でも出来るようにしておく。

今回、ヒヤッとする事故が発生してしまった。
出来れば起こしたくないことだが、この件をプラスに考えれば、今後同じようなことが起こっても慌てずに対処出来るというように思えばいい。
しかし、二度と同様の事故は起こさない。
メンテナンスの時期をキッチリと守ってガソリンストーブを使ってゆく。

ガソリンストーブは手間もかかるし、取り扱いが面倒だが、使いこなせばなからずや私のピンチを救ってくれる。
これからはメンテナンスを怠らず大事に使ってゆこう。

追記(2016.7.26)

本日、燃料ボトルに入れていたガソリンがほとんど無くなってしまったので、ジムニーの燃料タンクからガソリンを抜いた。
先日の事故が起きてからコントロールバルブを全開にして使うようになってから、ジェットの詰まりが大幅に軽減された気がする。
詳細は以下の記事のガソリンストーブについて書いたところを読んで欲しい。

2週間ぶりに行方不明だった折りたたみフォークが発見される
行方不明になっていた折りたたみフォークが2週間ぶりに発見されました。 一時はもう見つからないのではと思っていました。 愛着があるフォークが見つかって本当に良かったです。 これを機に道具はいつもの場所にしまう癖をつけようと思います。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『ガソリンストーブの取り扱いは慎重に~燃料が漏れてあわや大惨事に!』へのコメント

  1. 名前:やまめ 投稿日:2016/07/20(水) 19:27:15 ID:8219a1f83 返信

    ホワイトガソリンを使って下さい。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/07/21(木) 15:23:15 ID:082fabae6 返信

      ホワイトガソリンを使うと高くなってしまい意味がありません。

  2. 名前:QQQ 投稿日:2016/07/24(日) 23:39:00 ID:4823b5d1d 返信

    隊長!
    ワセリンは隊長が思っているほど万能ではありません
    靴の時よりヤバイことになりますよ

    • 名前:karaage 投稿日:2016/08/12(金) 13:09:04 ID:ab44c6906 返信

      それはどういう意味でしょうか。
      ワセリンの成分がゴムパーツを劣化させるということでしょうか。

      注意深く様子をみてゆこうと思います。