ここは山小屋。アルコールストーブ研究所。

こんばんは。アルコールストーブ研究所所長のからあげです。

寝ても冷めてもアルコールストーブのことを考え、工作し続けている。
やりだしたら止まらない。
本当に苦しい二日間だったが、ようやくPCT仕様のストーブの目処が付いた。
形になったストーブを眺めておっさんはニンマリとしている。

それではおっさんの激闘の二日間のようすをアップするとしよう。

昨日の朝はいつもの感じで緩やかにスタート。
朝日を浴びながらパソコンいじりをしているところ。

煙突掃除をしたので、薪ストーブが非常に快調。
勢い良く燃える炎を見ていると、こちらまで元気になってくる。
むむむ。何だか体がモゾモゾしてきたぞ。
(悪い虫が騒ぎ始めたところ。)

この前、スーパーで買い物した時、目に止まったそば茶。
美味そうだったので買ってきた。
いつも白湯ばかり飲んでいるので飽きてきた。

そばの実のようす。
香ばしい匂いが漂ってくる。

そば茶を飲みながらホッと一息。
パソコンいじりも飽きてきたところだな。
ヨシ!いっちょアルコールストーブでも作るとしようか。
こんな感じでアルコールストーブ作りは始まった。
これはいつものおっさんの癖だ。

スポンサーリンク

アルコールストーブ作り1日目~350ml缶で作る

さあ、おっさんの工作の時間の始まり始まり~。
パソコンを片付けて一気に工作モードに切り替わった。
ここで説明しよう。

工作モードはおっさんは、童心に返って工作に熱中してしまうモードなのだ!
このモードに切り替わると、満足するか、飽きるか、力尽きるまで決して止めない。
いつも言うことを聞かずに保育園のお姉さんを困らせていた恐ろしい隠れモードだ。

この日のためにストーブの材料を用意しておいた。
普通の350mlのビールの空き缶。
もちろん私が飲んだものではなく、そこら辺のゴミ箱から調達してきたもの。
炭酸水のアルミ缶はないので困っていた。
まさか飲まずに中身を捨てるわけにはいかない。

まずはセンターホールを空ける。
そこら辺にあったジュースのキャップで印を付けた。
凹みが深いのでマークしにくい。

かなり歪んでしまったが、こんなものでいいだろう。

コンパスカッターを使ってカットすることにした。
しかし、回せど回せど切れる気配はない。
100均のため切れ味が悪いのか。

かなり切れ目は入ったはずなのだが。。。
どうしたものか。
このまま作業を強行するとカッターの刃が駄目になってしまいそう。

よし、方針変更だ!
ドリルでくり抜くことにする。
愛用のインパクトドライバーに適当な太さのドリルを装着した。

ちまちまとした作業はおっさんに任せろ!
丁寧に1つずつ穴を空けていった。

あとはニッパーでカットして穴を空けたところ。

カッターで掘った溝に沿って、はみ出た部分をニッパーでカットしてゆく。
カッターのお陰で丸く切りやすかった。

だいたい丸くカットしたところ。

バリがあるので、ヤスリとサンドペーパーを使って滑らかにする。

指で触っても引っかかりがないようにした。
よし、これくらいでいいだろう。

穴あけ用の型紙を当てて穴の位置をマークする。
コンパスカッターはあるが、コンパスは持っていない。
分度器は持っていたので、型紙を作成することができた。

穴の位置をマークした。
数は全部で16個。

穴あけ用に100均でハンドドリルを買ってきた。
細いドリルの刃先もあるが、手動の方がやりやすいと思った。
穴は細めで1.5mmにすることにした。

作業していると、早くもドリルの刃が取れてしまった!
100均でもあんまりだろう。
接着剤でくっつけたが、いまいちしっくりと来ない。
止めだ止めだ!
結局電動でやることにした。

缶をカットするため、このような治具を作った。
2×4材の端材にカッターの刃をビス止めしただけ。
刃の端に穴があるのでちょうど良かった。
端材の下に厚さ4mmの合板を敷いた。

カッターの刃の方は固定して、空き缶の方を軽く押し付けながら回転させて切ってゆく。
焦らずにじんわりと力をかけて何周もさせる。

するとカッターの刃が貫通するので、あとは指で押してゆくと簡単に切れる。

よし。上の筒が切れたところ。

続いて下の筒をカットする。
下敷きの合板を外したので、高さは38mmとなる。

切る時はズレないようにカッターの刃を軽く押さえおいた。
工作をしていれば、おっさんは静か。
いつもは落ち着きなくウロウロしている。

小学校の通知表には毎回落ち着きがないと書かれていた。
いつになったら落ち着くんだと、代わり映えのしない通知表を見た親父が呆れていた。

内筒をカットして仮置きしてみた。
高さは上側より6mm長い48mmとした。

ホッチキスで止める前に、ドリルで穴を空けておく。
針の幅の9mm間隔とした。

穴を空ける時は、内側から木を当てておいた。

先に穴を空けておくと、すんなり止めることができる。
ほら、一回でできた!

裏側からみたようす。
綺麗にホチキスで止めることができた。

内筒下側にアルコールの出入口の穴を空けておく。
簡単に三角形にした。

3つのパーツができたところ。
これを組み合わせる。

その前に下側をラジオペンテで捻って狭めておく。
径が同じアルミ缶なので、こうしないと内側に入っていかないのだ。
だんだん工作の精度が上がってゆくのが密かな楽しみ。
いくつになっても成長できる!
おっさんはまだまだこれからだ!!

パコッと嵌めたところ。
なかなかいい出来栄えではないか。
自画自賛して1人で満足する。

ピッタリとした合せ目。
このタイプのストーブはまだ2個めというのに、これだけのものを作るとは!
末恐ろしいものよ!

一応つなぎ目にアルミテープを貼った。
あとで気がついたのだが、キッチリ嵌っていれば不要だと思った。

完成したアルコールストーブ。
高さは約50mm、直径66mm、重さ14g。
径1.5mmの穴が16個。

上から見たようす。

早速テストしてみる。
室内が明るいので、適当な板で陰を作って撮影した。
これはびっくりするほどの火力だ。

一応満足したのだが、これでは高すぎる。
よし、もう一つ背の低いやつを作るとしようか。

2つ目を作成することにした。
のどごし生のロング缶だ。
これはたまたまあぜ道に落ちていたやつを拾ったもの。
ゴミ拾いと材料調達ができて一石二鳥だな。

ここで100均アイテムを惜しみなく投入する。
千枚通しだ。
たこ焼き返しに使うやつらしい。
コイツを使ってトップホールを空けようとしたが、かなり力を入れなければ穴が空かず、缶が変型するおそれがあったので、止めにした。

結局ドリルで穴を空けた。
確実に穴を空けられるのだが、時間がかかる。
随分と集中力が落ちてきたのが実感できる。
早くしなければ!

今度はカッターの刃を本に挟んで切ることにした。
しかし、軽く力を加えただけでカッターの刃が滑ってしまいなかなか切れない。
紙質が良くて滑りやすかったかもしれない。
上から押し付けてみたが、それでもダメだった。

上の筒カット失敗!
なんと歪んで切れてしまった。
くぅ~失敗だ。

失敗したので、ゴクリの缶で作り直し。

今度はカッターではなしに、ハサミでカットする。
マジックでマークするのは簡単だった。
おっさん的には、ハサミの方がやりやすいと思った。

作業をちょっと早回し。
3つのパーツを作ったところ。

下の筒をラジオペンチで捻って縮めてから、内筒をおいた。
ちょっと作業が雑になってきた。
これはいかん!

パーツを組み合わせたところ。
上のゴクリの底面の形状が少し違っているため、内筒が引っかかてしまった。
それを無理やり押し込んで合わせた。
ちょっと不満足なできだった。

ストーブのサイズ

直径66mm、高さ38mm、重さ13g。
穴16個(径1.5mm)

上側の筒 高さ30mm、下側の筒 高さ27mm、内筒 高さ37mm

つなぎ目にアルミテープを貼ってボロ隠し。

上からみたようす。

試しに点火してみたところ。
なかなか火力が凄い。よし、これも使えるな。

腹が減ったのでラーメを作る。
ゴトクがなかったので、エスビットの奴を使ったが、ストーブとコッヘルの隙間が狭くて燃えが悪かった。

プレヒート中にコッヘルを置くと火が弱火になって全然火力アップしてくれない。
やはり専用のゴトクが必要のようだ。

コッヘルを退けると火力がアップする。

それでもなんとかラーメンは作った。

いっただきま~す!

遅い昼飯を食べ終わるとしばしの休憩タイム。
よくもこんなに散らかしたものだ。
小屋だと邪魔が入らないので作業に集中できる。
(疲れて集中力が途切れてきたが)

休憩したところで作業再開。
今度の100均アイテムはワイヤーネット用のカゴ。
この前100均に行った時に買ってきたやつ。
ゴトクに使えそうだと思った。

上から見たようす。
底がメシュになっている。

このように上にフックが付いている。
ステンレス製のため、強度はあるが若干重め。

まずは底のワイヤーメッシュを万能バサミでカットする。
さすがに文具用のハサミだと傷めてしまう。

底を抜いたところ。
うわあ、トゲトゲがいっぱい出ているな。

ヤスリを使って丁寧に落としてゆく。
休憩をとったお陰でおっさんは復活した!

綺麗に磨いたところで、金ノコでカットする。
フックを落とすだけだと高くなる。

そこで少し短くカットした。
端材の方も何かに使えそう。

ゴトクをセットしてテストしてみる。
周囲が薄暗くなってきたため、炎がよく見えるようになった。

うむ、悪くないな。
ゴトクが真っ赤に焼けている。
しかし一点だけ困ったことがあった。
それは消火用のフタをできないこと。
ゴトクの径がストーブとぴったりのため、消火用フタが入れられない!

またまた100均アイテムを投入する。
アルミ製みそこし。
これもゴトク用に買ってきた。
しかし、いまいちのような気がした。

日没を迎えたところで、おっさんはついに力尽きてしまった!
それに空き缶も使い切ってしまったので、新たに作ることもできない。
急に疲れが出てきたので、ロフトに上がって眠った。

アルコールストーブ作り2日目~リアルゴールド190ml缶で作る

今朝猛烈に早起きして材料の調達をしてきた。
冬は空き缶の数がどうも少ない。それもそうだ。クソ寒いのにジュースを飲むやつは少ない。
スチール製のコーヒー缶が多かった。

一旦寝てから朝ごはんを済ませて、9時過ぎから作業開始!
ついうっかりしていて写真を撮り忘れてしまった。
これはリアルゴールドの190mlの缶。
径は53mm、高さは104mm。
350mlの缶だと炎がチタントレック900の底からはみ出てしまい熱効率が悪そうだった。
そこで今日は細い缶で作ってみることにした。

型紙を当てて穴の位置をマークしたところ。

今日は外で作業する。
玄関の木製パレットの上だ。ここなら思いっきり作業できる。
マークしたところを1.5mmのドリルで穴を空けた。
昨日は小屋の中で作業をしたため、アルミ粉末が散らかってしまった。

ドリルでトップホールの穴を空けたところ。
ドリルの刃を少し太めに変えた。
集中力も復活して作業が丁寧になった。

ニッパーでカットしてざっとバリを取ったところ。

途中の作業は割愛。
内筒をホチキスで止めているところ。

3つのパーツができあがったところ。
上の筒の高さ30mm、下の筒の高さ27mm、内筒の高さ37mmとした。

ホチキスで止めるとアルコールの量の目印になって良いと分かった。
穴を空けて一手間かけたので、今日も綺麗に止めることができた。

内筒の下側3箇所に3角の切れ込みを入れた。

内筒を仮置きしたところ。
こんなものだな。

これで下側の筒をラジオペンチで捻って縮めたところ。
綺麗な星型にすることができた。

パーツを組み合わせたところ。
今回は綺麗にすっぽりと嵌った。
細い缶は貴重なため、少し緊張気味に作業を行った。

上から見たようす。

トップホールの周囲の穴の数は16個で径は1.5mm。

下から見たようす。

つなぎ目のようす。
嬉しいくらいにピタリと嵌っている。
これならアルミテープは必要ない。

中のようす

うむ、満足な出来栄えだ!

アルコールストーブ研究所屋外スペース。
なかなか良い作業場だ。

さっそくテストしてみる。
火力は350ml缶に負けていないくらい強い。
昨日作ったゴトクがいまいちしっくり来ないのが残念だ。

ヨシ、ゴトクを作り直そう!

100均のアイテムボックスを漁って取り出したものは魚串3本。
ステンレス製で丈夫な棒。
アルスト定番のゴトクの材料となっている。
これを使おうとしたが、どうも安定感に欠けるような気がするし、加工が面倒な気がする。

さらにアイテムボックスを漁ってスチールバケツを出してきた。
底を抜かずにストーブを入れて使えば、万が一倒した時でもアルコールが外に出ないで安全なように思えた。

正式名称 持ち手付きブリキミニバケツ
サイズ  高さ84mm、直径80mm
インド製

ドリルで穴を空けたところ。
手持ちのドリル最大の6.5mmを使用した。

あちこちバリが凄いことに。
このバリ取りが大変だった。

ここで新兵器投入!
もういつ購入したか覚えていない工具。
おっとそうだった!
バイクのリアキャリアにコンテナを付ける時に購入したものだった。
もう20年近くになる。

穴を広げつつ、バリを取る。
チマチマとした作業はおっさんの得意分野。

ようやくバリ取りが終わったところ。

この滑らかさを見たまえ!
おっさんにしては上出来ではないか。

そこにアルコールストーブをセットしてテストしてみたが、底があると熱いストーブを持って出せないし、ゴトクが倒れるとストーブも倒れてしまうことに気がついた。
安全のためにもストーブとゴトクはお互いが独立していたほうがいい。

そこで缶のフタを抜くことにした。
普通の缶切りで切って、ヤスリで磨いてバリを取った。
テストした結果、このゴトクはなかなか良さそうだった。

続いて風防の作成に移る。
MSRガソリンストーブに付属するアルミ風防の厚みと同じ0.2mm厚のアルミ薄板を購入しておいた。
サイズは400×600mmで値段は600円ほどだった。
厚すぎず薄すぎずちょうど加工しやすくて耐久性がある。
チタン薄板は高すぎて買う気がおきなかった。

チタントレック900の高さに合わせてアルミ板をカットした。
普通の文房具用のハサミで切った。

角は丸く切っておく。
この~やることが細かいね!

工作に夢中になって散らかし放題の小屋。
小屋だからできること。
実家では物置でもおかんの邪魔が入るので、いまいち作業に集中できない。
孤独な空間こそが、集中力を限界まで高めてくれる。

アルミの削りカスはほうきで掃いて掃除するだけでいい。
そのうち土に還るだろう。

今日は天気が良くて風がなく、屋外での作業日よりだった。
漆喰の白壁が浮き出ていい感じだ。

アルミ風防とゴトクをセットして点火したところ。
風防に穴を空けたいが、文房具用のニ穴パンチでは作業しにくかったので、ネット注文している一穴パンチの到着を待つことにした。
取り敢えず底を浮かせて空気を入れる。
熱が中に篭って火力が凄いことに!

風防はダブルクリップで止めておいた。
強力な洗濯バサミにもなるので、ダブルクリップでいいだろう。

PCT用に決定したチタントレック900でラーメンを作っているところ。
容量が大きいので具をたくさん入れることができた。
やはりこうでなくちゃ!

アルミ風防の耐熱性も十分で燃えることはない。
アルコールの量が足らずに沸騰する前に火が消えてしまったので、アルコールを入れて再度点火させた。
口のところまで入れないと900mlのコッヘルでは沸騰させるのが難しいみたいだ。

コッヘルを退けると火傷しそうになるほどの熱風が吹き上げてくる。
これなら問題ないだろう。

満足気にラーメンを食べるおっさん。
酒粕入りで体がポカポカと温まる。

さて、残ったアルコール燃料をどうするか。
このまま引っくり返すとこぼれてしまう。

これがうわさの100均アイテムがいっぱい入っている秘密のアイテムボックス。
これまでコツコツと買い集めた品だ。
時価総額2000円はありそうな高価な箱だ。

じゃじゃーん。
化粧品用のシリンジを使うことにした。

袋から出したところ。
細いソフトホースと金属製のハードなホースが付属している。

金属ホースを付けてアルコールを吸い出したところ。
4ml回収した。

コッヘルの中に収納したところ。
うむ、このシリンジはイマイチだな。場所をとりすぎる。
それにゴトクの取っ手も邪魔だな。
ストーブ燃焼中は赤熱してしまうので消火後もしばらく触れられない。
こんなもの取ってしまおう。

取っ手の付け根をアップ。

内側からもアップで撮影する。
2点で止まっているだけなので、ドリルで穴を空ければ簡単に外れるだろう。

取っ手を外したところ。
実に簡単に外すことができた。

ようやくPCT仕様のアルコールストーブ、からあげスペシャルがほぼ完成した!
なんかほか弁のような名前だが、全然違う。
こいつはPCTの約5ヶ月間にわたっておっさんに温かい食事を提供してくれるシステムだ。
これなら使える。そう確信した。
燃料ボトル以外はすべてコッヘルの中に入る。

からあげスペシャル重量

アルミ風防(ダブルクリップ2個付き) 33g
バケツ缶ゴトク 39g
アルコールストーブ(190ml缶) 8g
消火用フタ 18g
ナベ(スノーピーク チタントレック900) 110g
フタ(エバニュー チタンウルトラライトクッカー1) 24g
折りたたみフォーク(ユニフレーム 先端 チタン、柄 ステンレス) 16g
ライター(ガス残量約半分) 16g
総重量 264g

【注】燃料ボトルは含まず。  

コッヘルの中にすべて収納したところ。
うむ、なかなかいい感じだ。
ゴトクが少し嵩張るような気がするが、熱を逃しにくくなって燃焼効率を向上するアイテムだ。
ステンの棒で作るゴトクより良いだろう。
長期だと火力の他に燃費も重要となってくる。

350ml缶とリアルゴールド(190ml缶)のストーブを較べてみる。
リアルゴールドの方はかなりコンパクトなのに火力はそれほど弱くない。

上からみると大きさの違いは歴然だ。
これだと深型コッヘルのチタントレック900でも炎がはみ出しにくい。

ワイヤーネットのゴトクとバケツ缶のゴトクを較べてみる。
重さはワイヤーネットが47g、バケツ缶が39gだ。
バケツ缶は表面にメッキがしてあったが、ヤスリで磨いたのでほとんど取れてしまった。
錆が気になるところだが、頻繁に使えば問題ないだろう。

この元のフタ
重さはなんと55g。エバニューチタンウルトラライトクッカー1のフタ(24g)よりも21gも重い。しかも取っ手でせいで重量バランスが悪く、吹きこぼれると決まって取っ手の付け根方向にフタが外れる。
チタンで熱伝導が悪く焦げやすいうえに小さくてこのフライパンは使えない。
普通のフタで良かったのに、と思ってしまう。

エバニューのフタは鍋敷き代わりのもなる。

ご覧のとおり、コッヘルにピッタリのサイズ。
ふぅ~やれやれ。
ストーブはだいたい決まりだな。

カタコト。
作業を終えて後片付けをしている頃、郵便屋さんがやって来た。
給食バケツのポストを開け閉めする時に音がするので、我が家に郵便物が届いたことが分かる。
先日、提出した確定申告の控えが届いた。
ちょっとフライングして郵送で提出しておいたのだった。
こういうものは忘れないうちに処理してしまうに限る。

今はPCTのことで頭がいっぱいで他のことを考えている余裕がない。

よし、やっと本日分の更新が終わったぞ。
はあ、長かった~。

参考リンク 
アルコールストーブを創ろう // 展開図(治具)&説明

T’s stoveというハイクオリティーなアルコールストーブを販売もしている。
内容も出し惜しみせずに常に詳しく記載されているのが非常に嬉しい。
他の記事も全部読めば、アルコールストーブを簡単に自作できてしまう。
ここは非常にお勧めのサイト。

どうもありがとうございます!

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『ここは山小屋。アルコールストーブ研究所。』へのコメント

  1. 名前:白山室堂御前荘 投稿日:2017/02/04(土) 21:52:38 ID:65e3392f0 返信

    隊長のアルストへの情熱は、情熱大陸を越えていますよ。
    それと蕎麦茶うまいそうですね。

    隊長、アルストをからあげブランドで販売されたらどうでしょうか?

    PCTの暖は、心配ないですね。

    • 名前:karaage 投稿日:2017/02/05(日) 14:21:40 ID:b00793af4 返信

      アルコールストーブの自作は物理的な作業が必要となりますので、1人での量産は厳しいと思います。
      数を作って薄利を目指すのではなく、ハイクオリティーなものを手作業で販売ですかね。
      でも先人がいるので参入は厳しいですね。
      ちゃちゃっと作ってヤフオクで安価で販売がいいかもしれません。