サブ回線に格安SIMのワイヤレスゲートを導入する

こんにちは。からあげです。

予定では早起きして登山に行く予定だったが、どうにも気が乗らないので中止した。
こんなに天気が良いのに勿体無いが、山は逃げないので無理して行くことはない。
それよりも北海道出発前にやるべき事を片付けておきたい。

昨日の夕方、ネット注文したドコモ系MVNOのワイヤレスゲートのSIMカードが届いた。
それで設定をしたりスピードテストをしていたらいつの間にか時間が無くなった。
今日は登山を中止したので心ゆくまでパソコンやスマホを弄ることが出来る。

WIRELESS GATE データ通信専用SIM(SMS機能付き)を購入した。

20150519-161047-0

購入したSIMは480円プランのSMS機能付き

月額 630円(税込み) (税別445円+139円)+税

ヨドバシ.comで初期費用込みの3,240円で購入した。

SMS機能付きとしたのはセルスタンバイ問題を回避するため。
プラス150円のアップとなるが、圏外や回線不安定に悩まされるなら安いものだ。
購入前にレビューを見てみると、セルスタンバイ問題を知らずにデータ通信専用SIM(SMSなし)を選んで文句を言っている人がいて可哀想に思った。
(私も読者に教えて頂いて初めて知った。それまでは圏外や頻繁に途切れる回線と格闘していた。)

スポンサーリンク

セルスタンバイ問題ついて

以前、B-mobileのデータ通信専用SIMをドコモデータ通信カード(L-02C)に挿してネット接続していたが、ドコモのドコモXiからB-mobileのSIMに変えた途端に感度が悪くなって常時圏外になったり、回線が不安定になって途中で通信が途切れることが頻発するようになった。
暫くしてこの症状はセルスタンバイ問題が原因と分かったのだが、それでもスマホを新規に購入するまで騙し騙し使っていた。
なんと1年半もセルスタンバイ問題を抱えたまま根性で使用していた。(当時は馬鹿なことをしていたなと思う。)

今はIIJmioの音声通話SIMに変更したから快適に使用できるようになった。
データ通信専用SIMではセルスタンバイ問題が発生して使い物にならないが、SMS機能付きSIMにすれば解消される。
(セルスタンバイ問題は、MVNOのデータ通信専用SIMのみで起こる現象。)

IIJmioのHPでの説明

セルスタンバイ問題を解決して、バッテリーの消費が抑えられる
SMS機能がないと「電波がちゃんときていない」と認識されて、ひたすら電波サーチを続けて、余計なバッテリーを消費してしまうことがあります。SMS機能を付加すれば音声回線が認識され、無駄なバッテリー消費がなくなることがあります。

※SMS機能がなくても問題が生じない機種もあります。

簡単な記述だが、これだとバッテリーの無駄な消費だけに思われてしまう。
少し説明不足だ。もう少し分かりやすく、さらに通信が不安定になることについても言及して欲しい。

ワイヤレスゲートHPでの説明

SMSサービスについて ※対応プランのみ利用可能

[SMSとは・・・]
SMS(ショートメッセージサービス)とは、電話番号を宛先に指定し、短いテキストメッセージを送受信できるサービスです。全角最大70文字(半角英数字のみの場合は160文字)までの文字メッセージを送受信できます。

また、ご利用の端末機種により生じております、アンテナピクトが表示されない問題やバッテリーの消耗が早くなる問題が解消される場合がございます。

知っている人ならこれがセルスタンバイ問題についての記述だと分かるが、知らなければそのまま読み飛ばしてしまう。もっと詳しい説明が必要だろう。これはMVNOの使命だと思う。

ワイヤレスゲートを新たに導入した理由

寝太郎さんがドコモからワイヤレスゲートに変えた記事

格安simワイヤレスゲートで通信費630円に

を読んで、通信規制がなく実質無制限で通信速度も申し分ないようなので、サブ回線としてワイヤレスゲートSIMを導入することにした。

これまでIIJmio音声通話付きSIMミニマムスタートプラン(月額1,728円税込み)で頑張って来たが、サイトのメンテナンスを行うと通信量が増えて通信規制の対象となる「3日で366MB」を軽くオーバーしてしまい、プラン変更するか別の回線を契約するかで悩んでいた。
今年の4月にバンドルクーポンが1GB増量されたが、それでは間に合わなかった。

通信量を気にせず思う存分ネットしたかった!(おっさん心の叫び)

通信制限(帯域制限)について

決められた通信量を超えて通信すると、通信速度が大幅に遅くなってメール送受信程度しか出来なくなる。
これまでIIJmioで何度か通信制限を食らって不便な目に遭ってきた。その時の速度は50kbpsまで落ちた。

IIJmioのHPには通信制限についてきちんと説明がなされている。
よくあるお問い合わせ 通信規制はありますか?

ところが、ワイヤレスゲートでは

サービス内容についてのよくあるご質問

Q. 速度制限(帯域制限)をしていますか?
お客様間の公平性を確保するため、以下が確認できた場合には250Kbps以下に速度を制限するか、使用制限をさせていただく場合があります。

■動画再生やファイル交換(P2P)アプリケーション等、帯域を継続的かつ大量に占有する通信手段を用いて行われるデータ通信

■他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間かつ大容量のダウンロード

と以上の説明しかなされていない。つまり通信は実質無制限となっている。
ネットで検索しても通信制限されたという情報が出てこなかったので、いくら通信しても大丈夫だと思われる。

20150519-161132-0

ワイヤレスゲートのSIMカード

ドコモ系MVNOなので、ドコモのSIMカードが入っている。
スマホ(Xperia Z Ultra C6833)がマイクロSIMなので、スマホに合わせてマイクロSIMにした。

ドコモ データ通信カード(L-02C)に挿して通信テストする

20150520-090853-0

マイクロSIMから標準SIMに変換するアダプタに入れてみた。
若干SIMカードが浮き上がる。

20150520-090936-0

そこでアダプタの裏側にメンディングテープを貼った。
付属していたアルミテープのようなものを貼るとSIMカードを認識しなくなったので、メンディングテープにやり替えた。
IIJmioのSIMカードと見分けが付かなくなるので、マジックで名前を書いておいた。

取り外されました。

ノートPCにインストール済みのL-02C接続ソフトを立ち上げると

「L-02Cが取り外されました。」

とエラー表示されてデータ通信カードが認識されない。

L-02C 認識しない.

あれこれ調べていると、なんとCDドライブとして認識されているではないか。
アイコンをダブルクリックするとアイコンが消えて認識してくれるようになった。

20150520-091311-0

ドコモ純正 データ通信カード(L-02C)で運用中

一時はどうなるかと思ったがどうにか無事にL-02Cでも通信出来るようになった。
以前、同じようにIIJmioの音声通話付きSIMを挿した時は問題なく自動認識してくれたのだが、スマホのプラスエリア化でパソコンを弄っているうちに設定が変わってしまったのだろうか。
今ではIIJmioのSIMでも認識してくれないので、CDドライブとして認識されたアイコンをダブルクリックする必要がある。
自動認識するように設定を変更出来るのだろうが、こんど時間がある時に調べてみようと思う。
SIMカードを変えると新たにプロファイルを設定し直さないといけないので、データ通信カードはSIMカード固定による使用がメインとなるだろう。

回線スピードテスト

スマホ(Xperia Z Ultra C6833)単体による接続

ついでなのでIIJmio音声通話付きSIM(みおふぉん)も合わせてワイヤレスゲートSIMのスピードテストを行うことにした。
まずはスマホ(Xperia Z Ultra C6833 ルート、プラスエリア化済み)にSIMカードを挿して通信してみる。

Screenshot_2015-05-20-09-29-47

上から3つ目まで ワイヤレスゲート(低速回線のみ)
上から4つ目   みおふぉん(クーポンON)
上から5つ目   みおふぉん(クーポンOFF)
の通信結果だ。

Screenshot_2015-05-20-09-29-01

スマホの場合、APNの設定はいくつも保存出来るので、SIMカードを使い分ける時でも簡単だ。

スマホ(Xperia Z Ultra C6833)テザリング接続

続いてスマホテザリングによりノートPCをネット接続による回線速度のテストを行う。
テストは「BNRスピードテスト」のサイトを利用した。

ワイヤレスゲート

受信 1回目/2回目/3回目
69.33/112.69/183.22kbps

送信 1回目/2回目/3回目
385.72/333.68/330.71kbps

みおふぉん

受信 1回目/2回目/3回目
326.29/397.13/433.10kbps

送信 1回目/2回目/3回目
274.34/282.88/279.86kbps

ドコモ データ通信カード(L-02C)による接続

最後はL-02CにSIMカードを挿して通信してテストする。同じくBNRスピードテストを利用した。

ワイヤレスゲート

受信 1回目/2回目/3回目
263.83/503.82/406.18kbps

送信 1回目/2回目/3回目
404.65/408.89/412.16kbps

みおふぉん

受信 1回目/2回目/3回目
304.44/416.65/358.03kbps

送信 1回目/2回目/3回目
292.39/282.73/280.90kbps

以上のテスト結果となった。
実際にテストして分かったことは、みおふぉんの方が通信スピードは遅いが、バースト転送機能が付いているので、体感的には早く感じる。
ワイヤレスゲートは、公称スピード250kbpsよりも速いスピードが出ているが、理由は分からないがテザリング接続時に遅くなる。回線が多少不安定なのか、スピードにバラつきが感じられる。試しにWindowsの更新ファイルをダウンロードしてみたが、ワイヤレスゲートではあまりに遅すぎて途中で中止した。

バースト転送機能について

低速回線でも始めの数秒は高速通信となるので、テキストメインのWEBページなら直ぐに読み込んで表示される。

ワイヤレスゲート なし

IIJmio あり

IIJmioスタートガイド 「低速状態でも快適に」使える!

IIJにはあるがワイヤレスゲートにはない。ワイヤレスのサイト内を検索してみたがどこにも見当たらなかった。

とまあ以上のように通信テストの結果をまとめてみた。

スマホの他にデータ通信カードも持っているので、スマホが壊れた時でも大丈夫だが、これまでのようにSIMカード1枚の運用だとスマホを紛失した時に通信出来なくなってしまうので非常に危険だ。
サブ回線を構築していれば、普段通りに通信出来るし、スマホを紛失してもGPS機能を使って現在位置を特定出来る。
交番に届けられたとしても、見つかるまでに時間がかかってしまう。

20150520-092341-0

今後のSIMの運用方法は、パソコン使用時はワイヤレスゲートSIMを挿したデータ通信カードでネット接続し、スマホは今まで通りIIJmioで行くことにする。
ワイヤレスゲートが遅ければスマホのwifiテザリングでIIJmioに切り替えることが出来る。
2回線となったので、3日で366MBの通信規制にかかることは無くなった。
地域や時間帯によっては混んで遅くなるかもしれないが、状況によって2つのSIMを使い分ければ快適にネットライフを送ることが出来るだろう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!