雨天でもリヤゲートを開けられるようにミニタープを作製した

こんばんは。からあげです。

今日は予報通り晴れとなった。
鈴鹿に行かなかったので、青空を見ると気分が悪い。
昨日行ってしまえば良かったのに、と何度思ったことか。
本当におっさんは諦めが悪い。
過ぎたことをウダウダ考えてしまう。

気分が悪かったので、物置きでゴロゴロしようと思ったが、そうすると余計に気分が悪くなって最悪になりそうだった。
そこで、出来ることを少しでもやることにした。

今日は雨天の車中泊でもリアゲートを開けられるように、ミニタープを作ることにした。
雨天時はワイドバイザー装備の運転席と助手席の窓を出来るだけ開けているが、それでもリアは熱気がこもってしまってかなり暑くなる。
車内で煮炊きするので余計に暑い。
これまでは汗を垂らしながらご飯を炊いていた。
晴れの日であれば、外か、リアゲートを少し開けて車内で煮炊きするので、それほど暑くはない。
雨天の日でもリアゲートを開けられれば、問題は解決する。

最近、車検前整備もほとんど終わり、取り立ててやることがないので、暇さえあれば考え事をしている。
ジムニーのこともあれこれ考えている。
他にやることがないのだから仕方ない。

2016-06-06-050425

昨晩は断熱と目隠しの具合をチェックするために車で寝てみた。
前と比べると若干静かになったような気がした。
銀マットによって光が遮られるので、夜が明けても中は暗いままだった。
外灯がたくさんある明るい駐車所で寝る時は、かなり快適のような気がした。

などと寝袋に入りながらあれこれ考えていたら、雨天でもリアゲートを開けられるナイスアイデアが浮かんだ。

2016-06-06-090425

まずはリアゲートを開けて物を挟む。そして閉じて細いロープで固定する。
内側から開けられるようになって凄く楽になった。
リアゲートオープン用のロープとリアクォーターフックのロープを縛った。

2016-06-06-090503

リアゲートに物を挟んですき間を作る時は、下側のリアバンパーの上に載せるといい。
挟んだ物が下に落ちて閉じてしまうことはない。
出来れば多少柔らかいものの方がいい。

2016-06-06-090924

10センチくらい開けたところ。
駐車場ではプライバシー確保のために大きく開けるようなことはしない。
通行人にむさ苦しいおっさんの姿を見せないこともある。

2016-06-06-090946

10センチ程度の僅かのすき間だが、風が吹き抜けるようになるので、リアに熱気がこもることはなくなって車内で過ごしやすくなる。

2016-06-06-091210

ボディーを伝って流れてくる雨水はゴムパッキンが防いでくれる。
あとはこの開放空間をどう塞ぐかだ。
シートで覆えばいい。
ただし、薄手のシートだと剛性がないので、内側に垂れ下がってしまって役に立たないかもしれない。
厚手で剛性のある何かがあれば。

2016-06-06-092335

これはトラックに荷台に掛けるような分厚いシートだ。
親父が何処からか手に入れてきて物置きにしまっていた。
分厚くて耐久性のあるシートは、小屋暮らしの役に立つだろうと思って、片付けをした時に捨てずにとっておいた。
このシートを上から被せて雨を防ぐ。

2016-06-06-092027

裁縫用の裁ちばさみで簡単に切れる。
サイズを測って線を引いた。

2016-06-06-092016

トラックの荷台シートは、私のイメージ通りの素材だ。
欲を言えば、光を通す素材であればさらに良かった。

2016-06-06-092548

100均の磁石。
ホワイトボードに使うような磁石だ。
こいつでシートを固定する。

2016-06-06-092923

シートを載せてみた。
うむ、なかなかいいぞ。

2016-06-06-093047

端のほうが剛性がなくて折り目が付いてしまっている。
変に凹むとそこから雨水が中に入ってくるかもしれない。
よし、改良だ。

2016-06-06-093226

端を折り返して縫って剛性を高めよう。

2016-06-06-093854

使用する針は帆布用のもの。
こいつで縫ってゆく。
普通の縫い針で縫っていたら折れてしまったので、やり直すことにした。

2016-06-06-094944

針の頭を床板で押して針を刺し込み、プライヤーで先を掴んで針を抜く。
使用する糸は丈夫な麻糸。

2016-06-06-100336

よし、こんなもんでいいだろう。
最近は本当に裁縫仕事が多いな。

2016-06-06-100655

シートを載っけて磁石で固定した。
試しに水を掛けてみよう。

2016-06-06-101041

ホースで水を掛けてみたが、全然問題なし。
シートの剛性が高いので、大雨でも凹んでしまうことはないだろう。
磁石でくっつけているし、シート自体の重さもあるので、多少の風なら飛ばされることはない。

2016-06-06-101451

天井から伝った水はゴムパッキンが受け流してくれた。
うむ、いいぞ。

2016-06-06-163843

乾かして畳んだところ。
このミニタープは長方形となっている。
リアゲートの蝶番の方は少ししか開かないので、余分なシートをカットして軽量化することが出来る。
何度か使ってみて様子が分かったらカットしてみよう。
使わない時は、ベッドの下に敷いてクッション代わりにするか。

今回は珍しくかなり使い勝手がいいものだ出来た。
購入した材料は100均の磁石のみ。
安上がりで大満足だ。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『雨天でもリヤゲートを開けられるようにミニタープを作製した』へのコメント

  1. 名前:じどり妻 投稿日:2016/06/06(月) 22:33:40 ID:099b0b74d 返信

    バッテリーについてのお尋ねします
    車中泊などでドアを開けてたら
    バッテリーがあがりませんか?

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/07(火) 18:40:58 ID:96c05db3e 返信

      ドアを開けるとルームミラーが点くということでしょうか。

      ドアの開け閉めの度にルームミラーが点くと電気が勿体無いので、スイッチを常時OFFにしています。
      エアコンはほとんど使わないので、5年経ってもメインバッテリーは元気いっぱいですよ。

  2. 名前:じどり妻 投稿日:2016/06/07(火) 21:12:10 ID:ae00d622f 返信

    ルームライトでなく、スピードメーターの横に出るお知らせ表示等の消費電力です

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/08(水) 20:38:57 ID:014ab53a3 返信

      お知らせ表示等の消費電力ですか。
      サブバッテリーは、メインバッテリーと切り離しているので大丈夫です。
      キーを刺したままにして電気を使うことはありません。
      アクセサリー電源はサブからとっています。

  3. 名前:じどり妻 投稿日:2016/06/08(水) 21:33:53 ID:7c01cddf2 返信

    ありがとう

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/09(木) 11:48:39 ID:44db68e1f 返信

      どういたしまして。