大名古屋ビルヂング機械式駐輪場の車検に行ってきた!

ピョンチャンピョンチャンと世間が騒ぎ始めた。確かに癖になりそうな語感の響きだが、私は冬期オリンピックが始まっても普段通りの生活を送る。実家でのささやかな楽しみはBSを観ることなのだが、しばらくはお預けとなってしまう。まあいい。所詮テレビで流れる情報などは他人のどうでもいいことに過ぎない。基本的に暇なおっさんだが、他人のことに構っている暇はない!

ところで、先日JPタワーの地下駐輪場を利用して気になったのは、近くにあった大名古屋ビルヂングの機械式駐輪場。ICタグを取り付けた自転車を無人の地下に取り込んで保管するセキュリティ抜群の地下駐輪場というこだったが、事前に自転車の検査を受けなければならなくて、前回名古屋に行った時は停めることができなかった。事前に必要な車検というのは、厄介なことに毎月第2木曜~土曜日までの3日間しか行われていない。そこで車検を受けられる日を待って、昨日行ってきた。

これからその時のようすを報告しよう。

スポンサーリンク

大名古屋ビルヂング機械式駐輪場の車検を受ける

車検は午後1時から午後4時までの3時間。家を11時過ぎに出発することにした。
自転車を出して各部をチェックし、サイドバッグを付ける。準備OKだ!

乗り始めは風が強くて寒かったが、次第に体が温まってくると調子が出てきた。
路側帯が広いところでは車道を走り思いっきり漕ぐ。端から見ていると引きそうなほど馬鹿みたいに漕ぐ。弱虫ペダルばりの高回転ペダリングを行う。心なしか車が大きく距離をとってくれている気がした。

途中、左折専用レーンで強制的に左折させられたりしながらも、なんとか名古屋駅前にたどり着くことができた。前回よりも楽に来れたような気がする。

さあて、大名古屋ビルヂングはどこにあるのかな?名前は聞いたことがあるが、どこにあるのか場所は分からない。自転車を停めてカバンからスマホを取り出し地図アプリを立ち上げて確認する。

これが大名古屋ビルヂング。ビルディング(Building)ではなくてビルヂング。よおく覚えておけよな!

凄い立派な建物だ。さあて、駐輪場はどこかな?

ビルの入口

中のインフォメーションセンターで場所を聞こうと思ったが、自転車をそこら辺に停めておくのは危ないので思いとどまった。時間はあるので、まずはビルを一回りしてみることにした。

するとビルの北西側に機械式駐輪場を発見した!なんか人がいるぞ。

どれどれ行ってみよう。

午後1時過ぎに到着。すでに車検が始まっていた。検査を受けながら係員から説明を聞いている人がいる。まだしばらく掛かりそうなので、そこら辺を見て回ることにした。

これが機械式駐輪場入口。

A~Dまでの4基設置されている。この機械式駐輪場はサイクルツリーと呼ばれるもので、省スペースで町の美観を損ねることなく自転車を停められる。JFEエンジニアリングという会社が受注生産を行っている。

今回採用された「サイクルツリー」は、スペースが限られた高層ビルの地下部分に円筒型4基を配置することで952台の自転車を収容します。地上に姿を見せるのは入出庫ブースのみのため、街の美観を損なうことなく路上駐輪を一掃することができます。また、わずか23秒というスピーディな入出庫で、ターミナル駅前の混雑する場所でも入出庫時に渋滞することはありません。これらの点をお客様から高く評価され、今回の受注につながりました。

JFEエンジニアリングHPより

参考リンク 

JFEエンジニアリング ニュース2013年JR名古屋駅前で「サイクルツリー」を受注
~大阪に続いて大都市圏でオフィスビル内駐輪場に採用~
Cycle Tree 大名古屋ビルヂング 地下機械式駐輪場

機械式駐輪場入口

前輪から乗り入れて溝に自転車を入れる。ボタンを押すとドアが開きクッション付きのアームが出てきて前輪を掴んで地下まで運んでゆく。ちょうど利用者がやって来て利用のようすを見ることができた。驚いたことに預け終わるまでに30秒もかかっていなかった。

操作パネルのようす

ICカードをかざしてボタンを操作するのみ。

利用できる自転車の詳しい注意書きが表示されている。

駐輪の際の注意事項

カサを自転車にさしたままの入庫
カゴに荷物を残したままの入庫
空気の抜けたタイヤでの入庫
車検合格後にパーツ付け外し等改造を行った自転車での入庫

ようやく自分の車検の番が回ってきた。係員に自転車を渡すと検査台に載せられた。
ここで駐輪場に入るかの検査が行われる。

自転車はPanasonicのランドナー OJC4だ。読者諸君、覚えていてくれ給え!コイツが私の新たな相棒だ。フロント・リアにTUBUSのキャリアとキャットアイの無線式サイクルコンピューターを取り付けてある。

こんにちは。からあげです。 ここ最近、ずっと冷凍庫に入っているような厳しい寒さが続いている。ストックシェルターがなければ、物置では寒く...

早速検査開始だ!係員がメジャーを持って各部を細かくチェックしている。

前輪のようす

黄色のラインからはみ出るとアウト。ラインの内に収まっている。
あれれ?検査の人が首を傾げているぞ?

後輪のようす

特に問題はなし。

ついに問題が見付かってしまった!問題は2点。

ペダルを回すとクランクの先が僅かに当ってしまうことと、フロントキャリアがハブから少し出っ張っていること。

ペダルを回して検査台に当たらなければOK。機械で引き入れる時に接触してしまうかもしれないのでアウトとのこと。個人的にはペダルを固定すればいいんじゃないかと思うが、ダメなものはダメ。

フロントキャリアの出っ張りがダメ。クイックリリース式のハブから少し出てしまっている。面一なら問題なし。

帰宅後に撮影したもので少し見にくい。
確かにハブと較べてキャリアが出てしまっている。

角度を変えてもう一枚。

なぜハブから出っ張っているのがダメなのかというと、前輪のハブ付近を挟む際に機械の妨げになる恐れがあるため。

車検の結果は不合格!!

大名古屋ビルヂング機械式駐輪場
Dainagoya Building Mechanical bicycle parking

場所

〒450-6490 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号
大名古屋ビルヂング北西側

営業時間

24時間(いつでも出し入れOK)

利用料金

一時利用 24時間 100円
定期利用)1ヶ月 2,000円 3ヶ月 5,500円

※初期登録費用 700円

収容台数

952台

その他

時間はとめ放題(ただし、連続1月以上停めると、電話連絡があるかもしれない。)
2018年2月現在、平日・休日とも満車になることはなし。
これまでは盗難はなし。

車検について

機械式駐輪場を利用するには、事前に自転車の車検を受けて登録を済ませる必要あり。
検査合格後に登録料金700円を支払い、身分証明証を提示して申し込み用紙に記入する。
その場でICタグを取り付けられて、ICカードが発行される。

車検は毎月第2週木・金・土曜日の13:00~16:00まで。駐輪場入口の側で行われている。代理検査は不可。本人確認があるため、利用者本人が検査を受けて手続する必要あり。
利用できる自転車は細かい決まりがあるため、事前に寸法に合うかチェックしてゆくことをおすすめする。

車検に必要なもの
自転車、身分証明証(運転免許証、パスポートなど)、お金
 
参考情報
駐車場・駐輪場に関するお問い合わせ(駐車場管理室) 052-533-1575
 
 
 
 
車検に合格する気マンマンでいたので、検査結果にガッカリした。クランクの長さのことなどはどこにも書いていなかった!機械式駐輪場は利用できる自転車の規格が非常に細かい。キャリアの件は想定内で、ダメだったら取り外そうと思っていた。クランクを短いものに付け替えてフロントキャリアを取り外せばいいが、付けたり外したりがいちいち面倒臭いのでやる気がしない。
 
機械式駐輪場は縁がなかったものと思うことにした。やっぱり昔ながらの小さな有人式駐輪場がいい。とおい昔、木造のこ汚い駐輪場が駅前にあったな。
 
 
すぐに帰るのはしんどいので、例のJPタワーの地下駐輪場に停めてしばらく休んでゆくことにした。まだあれこれ質問することがあったのだが、検査が不合格だと分かると急に興味がなくなってしまった。もういい。いいんだ!
 
 
JPタワー地下駐輪場に停めたところ。
 
あちこち監視カメラがあってセキュリティは悪くないのだが、自転車をキチンと地球ロック出来ないのがイマイチ。駐輪設備にロックを掛けておいてもボルト留めであるため、金具ごと簡単に外せてしまう。それでもまあたぶん大丈夫だろう。
こんばんは。からあげです。 今日はご機嫌なおっさんだ。名古屋まで献血やりに自転車で行ってきた。 いいことしたし、自転車に乗れたし非...

家に帰る途中、自転車専用の区画を発見!とても走りやすかったのだが、すぐに途切れてしまった。

市街地の車道を走ると路駐の車に阻まれて、結局歩道を大人しく走ることになる。できるだけ車道を走るようにはしているが、路側帯が狭くて歩道の縁石ギリギリにラインが引いてあるようなところだと、車に悪いような気がして歩道を走ることもある。せっかくの片側2車線なのに、私が走行妨害をしてしまっている形になっている。

車道を走ると車からもっと酷い扱いを受けると思っていたが、意外や意外みなジェントルな車ばかりで驚いた。スレスレをビューンと通ってゆく壊れた人間はほとんどいない。

私は急ぐわけではないので、のんびり歩道を走ることにする。これで解決!

自転車に乗るとやたらお腹が空く。カレーライスを2杯食べても満足しなかったため、カレーパンにして食べた。タダ飯喰らいだとすぐに苦情が出る。

自転車に乗れば乗るほど、体が自転車に馴染んできている気がするし、自転車が体に馴染んできている気もする。もう乗り始めのようなぎこちなさはなくなった。乗った初日体がガタガタになったのは遠い記憶だ。

この調子で慣れてゆけば、荷物満載状態でも1日100kmは乗ることができるだろう。さあて、中国行の準備を進めてゆこうか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク

コメント

  1. さとう より:

    やっぱ自由な男は、車より自転車ですよね。車を運転するときは、ルールにしばられてる、って気がします。
    ”自転車に乗れば乗るほど、体が自転車に馴染んできている気がする”っていう一文もグっときました。私も家にずっと保管してある自転車に乗ってあげたいという気持ちになりました

    • karaage より:

      はい、車より自転車の方が圧倒的に自由を感じます。
      ペダルを漕いているだけで幸せになれます。